« 強い! 面白い! イタリアサッカー | トップページ | 海老化 »

2012年6月30日 (土)

六月歌舞伎千穐楽昼の部

629日 六月大歌舞伎昼の部千穐楽(新橋演舞場)
前夜というか当日早朝というか、ウトウトしながらとはいえユーロ準決勝を見てしまったので体調的にちょっと不安であったうえ、座席からは舞台下手半分と花道が全く見えず(モニターさえ頭上にあって見えない)、かなり興が削がれるのではないかと心配したが、意外と大丈夫であった。
「小栗栖の長兵衛」
2
度目でもとても面白かった。長兵衛の暴れぶりが何とも痛快で、人物像にも前回より魅力が増したような気がした。ただ、中車さんの声が「ヤマトタケル」の帝でもそうであったように、しばらくの間とはいえ濁っているように聞こえたのが気になった(歌舞伎の発声にはまだ至っていなくても、意識はしているだろうから、声帯を傷めたりしているんじゃないかしら、と心配)
村人たちが長兵衛を嫌いながらも手柄を知ってころっと態度を変えるのも、諷刺的ではありながらこの村の人たちがそれなりに長兵衛のことを気にかけていたような空気が感じられ、何か微笑ましいような気になった。
中車さんの個性、澤瀉屋一門のチームワーク、そういうものが余すところなくみられて、あらためて中車さんはいい芝居で歌舞伎デビューを果たしたなと思った。
「口上」
先日来段四郎さんの休演情報が気になっていたので、幕が開くとまずは段四郎さんが列座しているかどうかを確認した。おお、ちゃんといらっしゃるではないか。でも千穐楽だしもしかしたら口上だけなんじゃないかとまだ心配が残る。すると、藤十郎さんに続いて口上を述べた段四郎さんはお元気そうでしっかりした口調であったので、これなら川連法眼も大丈夫だろうと安心したのであった。
以下、筆記具を忘れてしまったので覚えている範囲で補足的なことだけ。
彌十郎さんは新猿翁さんのもとにいるとき、歌舞伎だけでなく色々なことを教わったとは前回も述べられたが、とくに「おいしいものも教わった」というところで客席が和んだ。
竹三郎さんは、亀治郎最後の舞台で「おばあさん(六段目のおかや)に出てね」と言われて感激した。
秀太郎さんも色々興味深いことをおっしゃっていたようだが、あまりよく聞き取れず残念。
新猿之助さんは今回はニーチェのことは話さなかった。色々な役を教わった藤十郎さんだが亀治郎最後の舞台の勘平を教わった。秀太郎さんにも色々教わった。今回このお2人が出演してくださってありがたい。そして、前回私が見た時は月乃助さんのことは言っていなかったように記憶しているのだが、今回は月乃助さんのことも紹介していた。今思えば何とか正座しなくてすむ方法を考えて月乃助さんも列座できなかったものかと、非常に残念である。
「四の切」
猿之助さんの狐には全身に親に対する思いが表れているのになぜかそこでは泣けない(前回もそうだった)。むしろ狐の身の上を聞いて涙する静御前の情感のほうに心を動かされた。狐詞では亀ちゃんの高い声がやや聞きづらかった(こちらの耳も相当劣化しているようだ)。相変わらず笑いも起きる。
しかし鼓を賜った時の狐の喜びは何とも微笑ましく、客席からも自然と拍手が湧いてくるような感動があった。
僧兵との立ち回りは楽しかったが、意外とおとなしいような気がしたのは、こちらの中に「澤瀉屋の立ち回り」というものが刷り込まれていたからか。でも一糸乱れぬ激しい動き、ユーモラスな義太夫に合わせたユーモラスな歩行にいっぱい拍手を送った(椅子を上げてその上に腰かけたら、舞台の端のほうも見えた)。
宙乗りはやっぱり盛り上がるよねえ。客のほぼ全員が空中の猿之助に惹きつけられているであろう間、私は時々舞台に目をやっていたら、正面を向いている藤十郎さんは穏やかな表情のまま目だけで狐を追い、やがてやや顔を俯けて上手側を向いている秀太郎さんを促して、2人で狐に別れを告げていた。
桜が舞い散り(私の席からは、桜を飛ばす機械が見えた)、狐が姿を消し、義経と静が幕の内に納まっても拍手は鳴りやまず。これに応えて下手の定式幕から亀ちゃんが姿を現し、花道七三あたりで深々とお辞儀をした。これまでの亀ちゃん特有のお辞儀とはちょっと違っていたような、謙虚な感じを受けた(これまでが謙虚じゃない、ってわけじゃないよ)。
この後、夜の部にアクティブな「ヤマトタケル」があって、それは来月も続くわけで、亀ちゃんの体力が心配になる。また中車さんも歌舞伎のような上演形式は初めてだから、精神的なもののほかにかなり体力を使って疲労しているんじゃないかと心配。休む間もなく7月の稽古にも入るだろうし、体を労わりつつ長兵衛のようないい芝居を見せてほしい。

|

« 強い! 面白い! イタリアサッカー | トップページ | 海老化 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様
お早うございます。私は先週昼の部観てきました。時間的には、短かったですが、口上も含め充実していました。新中車の長兵衛、心配した咽喉の調子もまずまずで、熱演でした。チーム澤だか屋の強力なバックアップもよかったと思います。普段、何気なくみている立ち回りですが、こうした段取りを自然にみせるのは、日本舞踊の素養がいるのでしょうね。
口上で、新猿翁、やはり顔をゆがめるのと、セリフが不自由なのは痛々しく感じました。今月の久吉、何とか無事に勤められるといいのですが・・・。
「四の切」秀太郎、いままで見たことのない静御前でした。この優のこの類の赤姫系の役柄は「道明寺」の苅屋姫で見ていますが、愛妾とお姫様とをきちっと演じ分けているのはさすがです。ともかく義太夫狂言でのぼってりした感覚は貴重なものです。
ところで「黒塚」の強力、配役でていました?段四郎の超当り役なのですが・・。

投稿: レオン・パパ | 2012年7月 1日 (日) 09時15分

レオン・パパ様
おはようございます。コメントありがとうございます。
昼の部は時間が短いという声もあったようですが、内容は充実していたし、私としてはちょうどいい時間だと思いました(最近、4時間超えは疲れて…)。
中車さんの奮闘、澤瀉屋のチームワークで大変楽しい舞台になっていましたね。歌舞伎の立ち回りに日本舞踊の素養が必要だというのは、まったくその通りだと思います。
猿翁さんの口上は確かに痛々しいものがあるのですが、毎日出ているうちに少しずつよくなっていっているような気がしました。「ずい~と」以下はしっかり声も張り上げていましたし、客席に向けた顔にも意欲を感じました。久吉がどうなるかは何ともまだ…。

静が愛妾であることをこんなに意識したのは初めてかもしれません。秀太郎さんのブログによれば、この役を依頼された時は体力が低下していてずいぶん迷ったそうなのですが、引き受けてくださって観客としてもありがたいと思いました。

黒塚の強力、そういえばまだ発表になっていなかったんでしたね。先日どこかから噂が聞こえてきましたが、うっかりしていて耳から抜けていってしまいました。段四郎さんでないとすれば、猿弥さん、寿猿さんあたりでしょうか。もう発表になってもいいのにね。

投稿: SwingingFujisan | 2012年7月 1日 (日) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/46024370

この記事へのトラックバック一覧です: 六月歌舞伎千穐楽昼の部:

« 強い! 面白い! イタリアサッカー | トップページ | 海老化 »