« テレビで見た感動の口上 | トップページ | じっくり見たい「菅原伝授手習鑑の世界」@伝統芸能情報館 »

2012年6月 6日 (水)

今日は何の日?から歴史のお勉強

梅の日なんですって。
三越オンラインショッピングから来たメールにそう書いてあったからへ~と思って調べたら。
467年前(天文14年)、晴天続きで作物も育たず、田植えもできず日本中が困り果てていた。そんな折、神のお告げにより4月17日(今の6月6日)に後奈良天皇が梅を賀茂神社に奉納して祈ったら、雷鳴とともに大雨が降ってきて五穀豊穣をもたらした、というのがいわれだそう。人々はこの雨を「梅雨」と呼び、梅を梅法師と呼んで贈り物をするようになったのだとか。このことが宮中の日記(「御湯殿 上の日記」)に書かれていたので、紀州梅の会がこの日を梅の日と定めたのだということです。以上の謂れは和歌山県みなべ町のHP(→ココ)と下の日本記念日協会のHPから。
平成18年6月6日にスタートした、まだまだ新しい「梅の日」ですが、日本記念日協会に登録されているというので(そういう協会があるのを知らなかった)、HP(→ココ)を見たら、今日はほかに「らっきょうの日」だの何だの、業界絡みの記念日が色々載っていた。
で、ついでに天文14年(1545年)はどういう年かというと、浅井長政・山中鹿之介・山内一豊なんかが生まれた年で、2年前には鉄砲が伝来しているという時代でありました。
またWikipediaによれば、後奈良天皇(
第105代天皇)の践祚された当時、朝廷の財政は逼迫していて、天皇は直筆の書を売って収入の足しにされていたそうです。清廉で慈悲深いお人柄、天皇としての責任感の強さ、学問への造詣の深さなど--。亡くなったのは1557年。3回目の川中島の戦い(上野原の戦い)があった年で、3年後の1560年には桶狭間の戦いが起きています。まさに戦国時代の真っただ中にあった天皇で、お名前は何となく知っていたけれど、人物像はまったく知りませんでした。
もう一つ興味深かったのは、1557年に日本初の西洋式外科手術が豊後・府内でポルトガル人医師アルメイダと日本人医師2人によって行われたということ(時の豊後の大名は大伴宗麟)。大分県庁にはその記念碑があるそうです。

梅の日メールから、中学の時に使っていた日本史年表まで引っ張り出して、ヒマっちゃヒマだけどなんか面白かったな。

|
|

« テレビで見た感動の口上 | トップページ | じっくり見たい「菅原伝授手習鑑の世界」@伝統芸能情報館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ひじきです。

へぇ〜、今日は梅の日なんですね。
美しい日で嬉しいなぁ。
と申しますのも、実は今日は私のお誕生日なんです。
6月6日というと、そうオーメン!!
私は悪魔じゃないのよぉ〜
身体に666の数字は刻まれていないのよぉ〜
今度からオーメンと言われたら、
小梅ちゃんと呼んで!と言うことにします♪

投稿: ひじき | 2012年6月 6日 (水) 23時20分

こんばんは。

大分にアルメイダ病院っちゅうのがありますが、そうか、そういうことだったのかぁ。勉強になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

さ、明日は演舞場だぁ\(^o^)/のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2012年6月 6日 (水) 23時26分

ひじき様
お誕生日おめでとうございますbirthday
おお、そういえば6月6日はオーメンでしたっけ。怖いの苦手なもので、忘れておりました。
小梅ちゃん--可愛いい悪魔? いえいえ冗談ですcoldsweats01
6月6日は覚えやすいし、またお稽古事を始めるといいと言われている日でもあり、いい日にお生まれになりましたね。

投稿: SwingingFujisan | 2012年6月 6日 (水) 23時43分

からつぎ様
こんばんは。
アルメイダ病院は知りませんでしたが、そういうことだったんですね。お役に立てて何より(*^_^)
大分にはまだ行ったことがなくて、前から行きたかったし、せっかく今回知ったこともあり、ぜひ行ってみたい気持ちが又高まりました。

からつぎ様が演舞場へいらっしゃる明日、私は地味に国立へ参ります(襲名襲名で、国立を取っていたことをすっかり忘れており、先ほど手帳を見て慌てたところです。よかったぁ、思い出して)。

投稿: SwingingFujisan | 2012年6月 6日 (水) 23時50分

おはようございます。「梅の日」も「オーメンの日」(?)も知らず・・・私は「notes棒が一本あったとさ 葉っぱかな」と絵描き歌を歌ってましたわ~。
SwingingFujisanさまのお勉強をふむふむと読みながら、「中学の時に使っていた日本史年表」が妙にツボ。なんて物持ちがいいんだ! と感心すると同時に、お近くなら我が家で一人一冊状態の「日本史総合年表」をお届したい気持にもなりました(爆)。仕事で年表が必要になる時もあるんですが、コンパクトな岩波の日本史年表が使いやすいんですよねー。余計な話で失礼しましたwink

投稿: きびだんご | 2012年6月 7日 (木) 10時32分

きびだんご様
こんにちは。
おお絵描き歌notes 子供心をすっかり失っておりましたわbearing しかも「棒が一本あったとさ」は完全に忘れておりました。私が6月6日の絵描き歌ですぐに頭に浮かんだのはドラえもん。
でもきびだんご様のおかげで「6月6日に雨がざあざあ」という歌詞が甦ってきましたhappy01

スゴイ、日本史総合年表、お1人1冊ですか!! さすがきびだんご様ご一家という感じですわ。
私は仕事で使うため山川のコンパクトじゃない年表を日本史も世界史も買ったのですが、今はお蔵入り。やっぱり年表はコンパクトじゃないとねえ(私のは岩波じゃないけど)。
日本史年表だけでなく世界史年表も日本史地図・世界史地図も結局昔使ったもののほうが馴染んでいるのか、使いやすいので捨てられないんです。ま、最近はネットで調べたほうが早かったりもするのですが…。

投稿: SwingingFujisan | 2012年6月 7日 (木) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/45554209

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は何の日?から歴史のお勉強:

« テレビで見た感動の口上 | トップページ | じっくり見たい「菅原伝授手習鑑の世界」@伝統芸能情報館 »