« 勘三郎さん、早い完治を!! | トップページ | 現代に通じる「シレンとラギ」 »

2012年6月19日 (火)

台風のせい?

今日は激しく頭痛がして、寝込むほどではないけれど、時々気持ち悪くなる。
気圧のせいかしら。でも最近時々悩まされる頭痛が必ず低気圧の時に起こってるかどうかは覚えていないので何ともいえない。
そんなわけで、今日は早めにやすみます。
台風の被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。
台風の進路に当たる地方の方、お気をつけて。石巻では避難勧告が出たとか。心配しています。

|
|

« 勘三郎さん、早い完治を!! | トップページ | 現代に通じる「シレンとラギ」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様
お久しぶりです!体調はいかがでしょうか?
こちらへはよくお邪魔しているのですが、私は観ていないものですから、拝読して満足していました(^◇^;)
こうしてblogで知り合えたのですから、お便りを書き込まなくてはいけませんね(*^^*)
台風はどうだったのでしょう?
今は晴れています。
避難勧告が出たのは同じ町内ですが、私の家は含まれませんでした。
2階に住んでいますので、自宅待機が家族の方針です。
怖い時は寝てしまおう!で、昨夜も寝ているうちに暴風雨はおさまったようです(~_~;)
SwingingFujisan様のお体が心配ですね(>_<)
どうかご自愛下さい!
いつか劇場でお目にかかれる日を楽しみにしています♪
(6,7月はチケット取れませんでした~)
私の次の観劇は、巡業の仙台公演です☆

投稿: オレンジスイート | 2012年6月20日 (水) 12時32分

オレンジスイート様
こんばんは。
お便りありがとうございます!!
ご無事なご様子、ほっといたしました。ご自宅で待機されたそうですが、夜など避難が却って危ない可能性がある時は2階なら自宅待機したほうがいいとラジオでも言っていました。それでも、あの暴風雨ではどんなにか怖かったことでしょうね。こちらは、0時過ぎには雨はやんだようで、あとは風だけが強かったと息子が言っておりました(私も昨夜は早寝しましたのでcoldsweats01)。
体調のことでご心配いただいてありがとうございます。ちょっと風邪気味のようです。今日も午後は休養しておりましたので、だいぶよくなってきました。
6、7月のチケットはあっという間に売れてしまいましたものね。私は何とかチケットを取りましたが、NHKで放送してくれればいいのになあと期待しております。
仙台の巡業、私も参ります。昼の部を見た後、仙台に一泊して、翌日は宮城県美術館で開催中の「ルーヴル美術館からのメッセージ」も見てから石巻に伺おうかなと計画しております。お目にかかる日は案外早く来るかもしれませんねhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2012年6月20日 (水) 20時08分

SwingingFujisan様
仙台にいらっしゃるのですね!
本当に、早くお目にかかれそうです♪
私も仕事を休んで昼の部に伺います。
(母が一緒の予定なので)
仙台石巻散策もご一緒したいのですが、次の日は仕事でした(T ^ T)
SwingingFujisan様の行動力には、いつも感心させられます!
気遣って下さるお優しいところも(*^^*)
見習わなくてはいけませんね☆

6月の演舞場へ行った知人に、
本当に良かったよ~と聞きました。
満員の劇場にも感激してました。
劇場の感動には及びませんが、ぜひテレビで見たいです!

それでは来月劇場で!

投稿: オレンジスイート | 2012年6月22日 (金) 13時39分

オレンジスイート様
再びのコメントありがとうございます。
仙台では同じ昼の部ですのね。
お母様もいらっしゃるとのこと、お気持ちが引き立ちますよう、願っております。
仙台、石巻の散策はもちろんご一緒できれば嬉しいのですが、どうぞお気遣いくださいませぬよう(私の行動力などまだまだ序の口ですのよcoldsweats01)。
演舞場は本当に素敵でした。近くにいて6月も7月も見られる自分が申し訳ないような気持ちです。
では、仙台でお目にかかれますことを。


投稿: SwingingFujisan | 2012年6月22日 (金) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/45717993

この記事へのトラックバック一覧です: 台風のせい?:

« 勘三郎さん、早い完治を!! | トップページ | 現代に通じる「シレンとラギ」 »