« 「出会い」:東北へルーヴルからのメッセージ | トップページ | 思い出はビートルズとともに »

2012年7月27日 (金)

夕顔転じて、あんまりな名前

12072701hekusokazura
いつの頃からか、庭のサツキにツルが巻きつくようになった。
植木屋さんに聞いたら「夕顔」だというから、へ~と思ってそこそこ大事にしていたら、この夏初めて花を咲かせた。
白い小さなかわいい花。
でも、これ、どう見たって夕顔じゃないんじゃない? ということでネットで調べたら、なんと「ヘクソカズラ」
あんまりな名前じゃないshock
葉や茎に悪臭があるところからこの名がついたらしいが、私はこれまでそんなくさいにおいを感じたことがない。
ちょっとショックな名前だけど、この花は古くからあったようで、「かわらふじに延ひおほとれる屎葛(くそかづら)絶ゆることなく宮仕えせむ」という高宮王(残念ながら奈良時代の歌人としか)の歌が万葉集に収載されている。カワラフジ(=サイカチ)にまとわりついて茂るヘクソカズラのようにいつまでも宮仕えしよう、という意味でしょうか。
また「屁糞葛も花盛り」という諺もあるんですって。イヤなにおいがあってあまり好かれないヘクソカズラでも愛らしい花をつける時期があるように、不器量な娘でも年頃になればそれなりに魅力がある、という意味だそうだ。やっぱり、あんまりな…bearing
ちなみに実は乾燥させてしもやけやあかぎれなどの民間外用薬として用いられたりするらしい。うちのも花が終わったら実をつけるのかな。ためしに乾燥させてみようかな(ナマの実はすっごくくさいらしい)。

|
|

« 「出会い」:東北へルーヴルからのメッセージ | トップページ | 思い出はビートルズとともに »

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/46482179

この記事へのトラックバック一覧です: 夕顔転じて、あんまりな名前:

« 「出会い」:東北へルーヴルからのメッセージ | トップページ | 思い出はビートルズとともに »