« 10月演舞場は勧進帳ダブルキャスト | トップページ | 澤瀉屋襲名公演千秋楽夜の部②:口上、黒塚、楼門五三桐 »

2012年7月30日 (月)

澤瀉屋襲名公演千秋楽夜の部①:興奮のカーテンコールと考えさせられた最後の将軍

729日 七月大歌舞伎千穐楽夜の部(新橋演舞場)
昼夜通しで千穐楽を楽しむ予定はやはり無謀であり、体力・体調を考慮して夜の部だけに。初日と千穐楽、芝居の善し悪し(自分が感じた善し悪し)は様々だったが、両方とも夜の部に行けてよかった!!
先に熱狂、興奮のカーテンコールを。
1回目はふつうのカーテンコール(初日から連日続いていたのかな)。
千穐楽だもの、もちろん1回で客が許すわけがない。
2
回目。3回目。4回目。何度幕が開いただろう。これで終わりかと客席の外へ出たら、また中が騒がしくなってきたのが聞こえた。すぐに戻ると又幕が開くところであった。全部で7回くらい? もう途中から回数なんてわかんなくなっちゃったのよhappy02
2
度目だった? 澤瀉屋全員が呼ばれて。3度目だった? 亀ちゃん、いえ猿之助さんが花道から羽織袴姿で登場しheart04客席さらにヒートアップ。初日のカテコで猿之助は出ないのかぁ、と思っていたからこれは嬉しい登場であった。
そして4度目? 上手の女形3人から1人ずつ前に出てご挨拶。笑也さんが投げキッスをして場内、大興奮。この時、團子ちゃんは丁寧にお辞儀をした後、猿翁さんのように両手を広げて御挨拶。おじいさまに「ボクもやっていい?」と直前にお伺いを立てていたようにも見えたけど、なかなか大した子だと、これを見ても思った。
猿翁さんも中車さんに支えられて
23歩と前に出て、投げキッスの大盤振舞い。場内はすでに総立ち。私は1階最後列だったから背伸びしながらコーフンしていた。
亀ちゃんが持ってきたcameraで團子ちゃんが猿翁さんを写す(中車さんとの2ショットなんかも写していたと思う)。平成中村座状態だ、なんてsmile
最後に定式幕が閉まる時、彌十郎さんだったかな(遠いのとコーフンでお顔よくわからず。位置的に彌十郎さんだったかなと)、前に出ていた猿翁さんが幕にぶつからないよう、腰を屈め手を添えてかばっていたのが印象的だった。
2
カ月間、みなさん本当にお疲れ様でした!! そしてありがとう!! 

「将軍江戸を去る」
山岡鉄太郎を通さざるを得なかった彰義隊の悔しさの中で、月乃助さん(吉崎角之助)の無念が一番強く伝わってきた。
海老蔵さんの高橋伊勢守は前回もよかったと思ったが、今回も役どころをうまくつかみ抑えた演技で存在感を示していた。先月松竹座の団七九郎兵衛があまりよく思えなかったし、今月の五右衛門もいまひとつな感じがあってなかなか海老蔵熱の戻らない私であるが、この伊勢守のような繊細さを要する役のほうが海老ちゃんには合ってきたのかしら…。
團十郎さんは初日のほうがよかったな。それでも最後の将軍としての苦悩は成田屋御曹司としてかつてもっていたであろう苦悩を重なり、上に立つ者も1人の人間であることよなあと思わされた。
中車さんの鉄太郎は初日に比べ、猛進する部分が抑えられ、噛んで含めるようなセリフで説得力もあり、感動したが、胸がアツくなる興奮を覚えたのは畳みかける初日のセリフのほうであった。「戦争ほど残酷なものはない」。この一言が将軍の気持ちを決めたのかもしれない。人々の涙に見送られ「江戸の地の限り」を踏み出す慶喜に、長く内戦状態にあった、あるいは今もある世界各地を思うと、色々考えさせられる芝居であった。

|
|

« 10月演舞場は勧進帳ダブルキャスト | トップページ | 澤瀉屋襲名公演千秋楽夜の部②:口上、黒塚、楼門五三桐 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

昨日はお会いできて(?)うれしかったです。
すごかったですねえ。
私もあれは彌十郎さんだと思いました。中村座でも周りに気を配っていた彌十郎さんらしいなあって思いました。^^
團子ちゃん、手足が結構長いんだなあ!って思いました。背がたかくなるかも。

投稿: urasimaru | 2012年7月30日 (月) 12時20分

urasimaru様
こんにちは。花道の向こう側をふと見たらurasimaru様発見! 私も嬉しかったです(o^-^o)
やっぱり彌十郎さんでしたか、あれは。
中村座の試演会で、芝居には出られなかったけど後輩のために裏方を一生懸命務めた先輩たちにも拍手を、とあいさつされた気持ちが重なって、胸がきゅんとしました。
團子ちゃん、今でもけっこう身長ありそうですよね。手足が長い子は大きくなるというから、その通り大きくなってほしいです。芸もそれに伴って大きくなってほしい。
昨夜はあの場にいられて本当によかった!!

投稿: SwingingFujisan | 2012年7月30日 (月) 13時53分

こんにちは、ひじきです。

お久しぶりです。
千龝楽の様子をありがとうございます。
わぁ〜なんかいいですねぇ、
盛り上がるんだろうなぁとは思っていたのですが、
そんなにアンコールがありましたか!
だけど、今回の襲名で、
團子ちゃんのこれからの成長を見守る楽しみ♪
というのが出来て、歌舞伎のお楽しみが一つ増えました。
彼の次の舞台が楽しみです。

まだまだ暑い日々が続きますが
お身体ご自愛下さいませ。

投稿: ひじき | 2012年7月30日 (月) 22時32分

ひじき様
こんばんは。コメントありがとうございます。
カーテンコールの回数はほんと、よく覚えていないので、もっと少なかったかもしれないのですが、自分の感覚の中ではそれくらいあったのではないかと(^-^;

團子ちゃんの次の舞台、私も楽しみです。まずは地方の襲名公演でしょうか。それともその前に何かに出るのでしょうか。役者は舞台で成長していくもの、團子ちゃんも一定の年齢になるまでにたくさんの舞台に登場してほしいものです。

本当に暑いですね。お心遣いありがとうございます。
ひじき様もどうぞお体をお大切になさってくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2012年7月31日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/46514172

この記事へのトラックバック一覧です: 澤瀉屋襲名公演千秋楽夜の部①:興奮のカーテンコールと考えさせられた最後の将軍:

« 10月演舞場は勧進帳ダブルキャスト | トップページ | 澤瀉屋襲名公演千秋楽夜の部②:口上、黒塚、楼門五三桐 »