« 亀治郎の会ファイナル初日 | トップページ | 八月歌舞伎昼の部「桜姫」 »

2012年8月18日 (土)

猿之助初司会「思い出のメロディー」

カメちゃんが司会やるっていうからNHKの「思い出のメロディー」を録画しながら見ているんだけど、懐かしくて嬉しくて。嬉しいのは自分の思いでのメロディーが聞けるだけでなく、カメちゃんも歌謡曲好きだって言ってるから(カメちゃんのにこにこ顔見てたらかわいくて、ますますカメちゃん好きになっちゃった)。
長谷川きよしがすっごいおじいさんになってびっくりしたけど、声は昔のまんまきれいだった。昔、銀巴里に長谷川きよし聞きに行ったことあったなあ、なんて思い出の一片が心に舞い降りてきたりして。
しかし長谷川さんに限らず、当時の歌手はみんなびっくりするほどおじいさん、おばあさんになっている(やっぱり心の中では若いままのイメージだから)。自分も若いつもりでいるけど、それだけおばあさんになっているんだよねえ
bearing あらためて自覚自覚coldsweats01
生まれる前の歌も、子供時代の歌も、青春真っただ中の歌も、歌ってまさに思い出だなあと、こういう番組を見るたびに思う。

|
|

« 亀治郎の会ファイナル初日 | トップページ | 八月歌舞伎昼の部「桜姫」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も頭の方は見逃してしまったけど堀北真希さんが出ているところあたりから、結局最後まで見ちゃいました
生放送だったのですね
公演最中に、受ける方も凄いが要請する方も思い切ったことをします
私も長谷川きよしと聞いて思わずひっくり返った口です
深夜放送(パックインミュージックだったか)で聴いた懐かしい思い出があります
よく永六輔さんがラジオで「きよしきよし」と言っていたことを思い出します
尾藤イサオさんも良かったし、坂本冬美さんの「岸壁の母」も良かった
弘田三枝子さんもちょっと苦しそうでしたが「人形の家」聞けて良かったです
カラオケの持ち歌が昭和40年代以前の私としては嬉しい番組であります(昭和60年代の荻野目洋子さんあたりが登場すると逆にあれれという感じですが、確かにこの時代でも30年近い前になるのですね 光陰矢の如しであります)
番組終わったら、今度は猿之助襲名のドキュメント番組の宣伝してましたね
そう言えば、幸四郎さんの特番もNHKであるようです

投稿: うかれ坊主 | 2012年8月18日 (土) 22時37分

うかれ坊主様
同じ時代の歌についてお話できるのは大変うれしいです(つい何年か前まではナツメロというと1世代上の感がありましたが、今や自分の時代ですわcoldsweats01)。
長谷川さん、ビックリでしたねえ。でも透明感のある声は間違いなく長谷川さんでした。
尾藤さんの「また逢う日まで」、よかったですね!! お歳を感じさせない若々しさ、かっこよさ、歌のうまさ--昔はそんなに好きじゃなかったのですが、今の尾藤さんはいい年の取り方をしているなと思いました。
弘田さんは、私としてはちょっと痛々しかったです。
「岸壁の母」は、若い時にはあまりピンとこなかったのですが、今聞くと胸がしめつけられるような気がするのは年をとった証拠でしょうか。
おぎのめチャンはあんまり変わっていなかったな。私も昭和40年代くらいの歌が好きなんですが、SHOW MEはよく歌ったし、フラッシュダンスでは映画の様々な場面が思い出されました。

猿之助襲名番組の宣伝、最後にもう一興奮してしまいましたわ。

ところで、生放送ではなかったようですよ。11日に収録したそうですが、番組で言っていましたかしら(私も録画している安心感から全部をちゃんと見ていたわけではないので)。カメちゃんが歌番組の司会を受けたのは紅白を視野に入れているのかと思いきや、年末年始くらいは休ませてくれとのことらしいです。

投稿: SwingingFujisan | 2012年8月19日 (日) 00時00分

そうですか、途中のニュースの入れ方など臨場感があってすっかり騙されました
女性歌手の場合は難しいですね
(確かにおっしゃる通りで何年か前のいしだあゆみさんを思い出しました)
その意味では由紀さんは鍛錬しているのでしょうが歌唱力も保ってお若いのは流石でした
尾藤さんの尾崎さんへの言葉が良かったです
小林旭の歌で「ニッサン」「クラウン」「ルノー」など歌詞とは言え、昔なら絶対NGでしたよね
(百恵さんの歌詞を「真っ赤なポルシェ」から「真っ赤な車」に変えた公共放送局ですから・・・)

こうなったら、いっそ紅白の白組は中車さんにお願いしたいですね

投稿: うかれ坊主 | 2012年8月19日 (日) 06時36分

うかれ坊主様
おはようございます。
途中ニュースが入ったのは紅白みたいで確かに生放送感がありましたね。

昔の歌謡曲を聞くと、日本語の美しさを改めて認識すると同時に、無理なくメロディーが進行するので耳に心地よいのだと思います(由紀さんも、日本語のイントネーションに合ったメロディーだとおっしゃっていましたね)。
安藤まり子さんという歌手は存じませんでした。「花の素顔」も初めて聞きました。82歳でもあんなにきれいな声がきちんと出ていて、感銘を受けました。
由紀さんの歌唱力もさすがですね。
小林旭は、やっぱりスターだと思いました。今はああいうスターがなかなかいませんね(そういえばポルシェを車に変えさせた時代もありましたね)。
中車さんの紅白司会はどうでしょう。ゲスト審査員はあるかもしれませんが…。

投稿: SwingingFujisan | 2012年8月19日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 亀治郎の会ファイナル初日 | トップページ | 八月歌舞伎昼の部「桜姫」 »