« 演舞場9月夜の部①:「時今也桔梗旗揚」 | トップページ | 染五郎さん退院 »

2012年9月19日 (水)

演舞場9月夜の部②:「京鹿子娘道成寺」

917日 秀山祭九月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
「京鹿子娘道成寺」
道行がなくて、鐘供養から入る。所化たちが一通り「聞いたか聞いたか」、般若湯とてんがいのくだりがあって、すぐに花子(福助)の舞になる。
乱拍子は謡をうたいながら東西南北四方で行う。傳左衛門さんの吼え声はやっぱり好きだ。急の舞から三味線が入り鐘の舞になる。烏帽子は成駒屋型で鐘の紐にかける。烏帽子をぬいだことで、白拍子から娘になる。
赤地から浅葱地の着物への引き抜きは、後見の芝喜松さん大忙しで大奮闘だった。娘姿の福助さんは可愛くて色っぽくて明るい(と、私には感じられた)。この明るさは花子としてはどうなのかなあという気はするものの、踊りそのものは少しも眠くならずに見られた。ダイナミックでスピーディーで若い娘らしさがある。すご~く上品ってわけではなかったのが私にはよかったのかもしれない。ただ、遠くからはなかなか見えない表情が時々変化する、そこにこれまでの福助さんの欠点ともいうべき面が出ていたような気がして、ちょっと残念であった。
鱗四天の「とお」尽くしで、梅秋さんが「私ごとではありますが、赤ちゃんができた。嬉しいできごとぉ~」。おめでとう!! 勉強会などでもおなじみの東志二郎さん、いい声だなあとあらためて認識。みどりさんはヒゲはやしてた? 立師は尾上松太郎さんだそう。
押戻しの松緑さんは意外と小粒に見えたが、声がしっかり出ていて、力強かった。「神谷町の忍ぶ草」、「福助のにいさんによく似た」、「市川家の~」「紀尾井町が押戻し」などのセリフは楽しい。
福助さんの青隈はあんまりきれいに見えなかった。押戻しそのものは楽しめたが、きれいなまま終わってもよかったような気もする。
いずれ花子を踊るようになるであろう後見の児太郎クンが熱心に見つめていたのが印象的だった。
<上演時間>「時今也桔梗旗揚」105分(16001745)、幕間40分、「道成寺」70分(18251935

踊りは何度見ても全然わからないのでイヤホンを聞くようにしている。そこから得た知識。
花笠踊り:花子の持つ笠は花笠ではない。この後に所化が持つ傘が花傘である。花子の笠は赤地に金の線を放射状に入れたもの。笠の縁取りの金は(放射状の線もかな?)は古い金屏風から取ったもの。そうでないと赤地に金がきれいに映えない。ちなみに、所化の踊りでは種ちゃん(種之助)の小柄ながらしっかりした体つきで軽妙に踊る姿に目が集中した。
鈴太鼓:銀箔を貼ってある。
所化の祈りの踊り:能の合狂言にあたる滑稽な踊り。
娘道成寺の長唄はそれぞれ独立していて、内容としてつながっていない。

|

« 演舞場9月夜の部①:「時今也桔梗旗揚」 | トップページ | 染五郎さん退院 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。演舞場の夜の部、私は先々週みました。「馬盥」、吉右衛門がいつも通り充実していますが、おっしゃるとおり、この芝居、あまり面白い芝居ではないですね。義太夫がはいらないので、芝居としてのコクがないのでしょう。やはり、南北は世話物が本領ですから。芝雀、魁春の女形陣がそれぞれ役柄にあい大歌舞伎らしく結構でした。
「娘道成寺」昨年の福助の出来よりはいいとは思いましたが、やはり表情過多(顔の演技)です。特に「ただ頼め」で客席にはっきり、拗ねたような表情をしたのは正直、びっくりです。ひょっとして、芝かんも同様な表現だったのかもしれませんが(記憶にありません)、もっと内輪に表現するのが芝かん風だと思います。歌右衛門のそれと同様に名品と言われた、「年増」なんかも、いろいろな表情をしましたが、格式はきっちり守っていました。それが六代目の薫陶をうけたという自負心でしょう。福助は今からでも、お父さんの流儀をしっかり受け継いでほしいと思います。
「踊りは何度みても全然わからない」は謙遜しすぎですよ。私なんかは今でも単調な風俗舞踊など、どこがいいのかなとか、わからないなあ、と思いますが、それでも三津五郎のような上手な人が踊ると技巧的な説明はできませんが、感覚的かつ単純に「おっ、いいな」と思うことがあり、それでいいんだと思っています。
ところで40分の休憩、外で食事をしています。ビールを飲んでリラックスして私はそれなりに楽しんでいます。

投稿: レオン・パパ | 2012年9月22日 (土) 13時04分

レオン・パパ様
こんにちは。コメントありがとうございます。
「馬盥」は、ああそうか、義太夫が入らないのでしたね。南北の作品としては異色な感じがします。
女形のお2人、よかったですね。

何の時だったか、福助さんの表情が一度激しく崩れて(そう、拗ねた感じでした)えっと私も思ったのですが、きっと「ただ頼め」の時だったのですね。そうおっしゃられると、芝翫さんもそんな表情をしていたかもしれません。でも、確かに芝翫さんはもっと品よくおとなしく可愛らしく表現していたように思います。福助さんは顔のつくりがはっきりしているので、よけい目立つのかもしれません。せっかく最近よくなってきているのに、残念なことでした。

踊りはどう見たらいいのか未だにわからない…。でも、私も上手な人の踊りを見ると「おっ、いいね」と目を引かれます。背伸びせずにそれでいいのですね。

休憩時間にビール!! 私も時々のどが渇いて、今飲んだらおいしいだろうなあということがありますが、いやいや私にはムリですわ、だってその後絶対寝てしまいますものcoldsweats01

投稿: SwingingFujisan | 2012年9月22日 (土) 15時19分

今月は夜の部、見ないまま終わりそうです。いや、先月も結局見に行ってないんで、ほんとダメダメですわ。
実はM大「貸切」の日のチケットは手に入れてたんですが、お世話になってる方に差し上げたので。この日限定の「とお尽くし」もあったとか(←たぶん「3年連続志願者数日本一、おめでとう!」と思われます)。
私も(も、と言っていいのかな)踊りはほんとわからないんですが、それでも、昔は見ないで帰ったり眠ってたりしてたことを思うと、少しは「前向き」になってる気がする昨今です。これ以上は成長できないと思いますが、まぁ楽しめればヨシ、ですよねbleah

投稿: きびだんご | 2012年9月23日 (日) 16時44分

きびだんご様
こちらにもありがとうございます。
M大貸切の日なんてあったんですね。限定「とお尽くし」はウケたでしょうね。ちょっと残念でしたね。でも今月は何と言っても昼の部がよかったので、まあ夜の部は仕方ないかも。
踊りはわからないですねえ(動きがゆっくりだったり変化がすくないと寝てしまいますし)。私もきびだんご様同様、少しは「前向き」になって、しかもこれ以上成長できそうにありません。そのくせ、菊ちゃんの踊りを見ようなんておこがましいこと。でも、そうなの、きっと楽しめるって期待していたのです。だからパスしちゃったのがとても残念で。

投稿: SwingingFujisan | 2012年9月23日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 演舞場9月夜の部①:「時今也桔梗旗揚」 | トップページ | 染五郎さん退院 »