« 大人の芝居に歌舞伎熱が再び湧く:演舞場9月昼の部①「寺子屋」 | トップページ | 伝統芸能の今 2012:①コラボ新作狂言の面白さ »

2012年9月 8日 (土)

演舞場9月昼の部②:「河内山」

96日 秀山祭九月大歌舞伎昼の部(新橋演舞場)
昨夜感想を入力したのに消えている!!! 間違って消しちゃったんだろうか。で、かなり挫けた。思い出しながら…。
「河内山」
人間、食後はなぜ眠くなるのだろう。かなり眠くなりそうな気分の中で見た「寺子屋」はまったく気分が低下することなく引き込まれて集中したからその疲れもあったのかしら。「ひじきと油揚げ」のセリフを聞いた後、気がついたら松江候の屋敷になっていた。ってことは歌六さんをまったく見なかったことになる。なんてこった(ひじきと和泉屋さんとどちらが先だったっけ? どっちにしもて、なんてこった、なんだわ)。
上州屋では魁春さんがいい空気を出しているとは思ったけれど、目のまわり少し赤く塗り過ぎじゃないの?
梅玉さんの松江出雲守は癇性で我儘で、かつ殿様らしさがあってさすが。最後まで不機嫌で面白くない様子がこちらには面白い。
又五郎さんの高木小左衛門は忠義の重みを感じさせたけれど、どことなくちょっと違う感(違和感とも違うんだけど、うまく言えない)があったのは、若さのせいかなあ。真っ直ぐ過ぎたのかもしれない。高木小左衛門というと私にとっては何となく左團次さんの印象が強いからなあ。
一方の北村大膳は意外と「この人」という固定観念がない。今回の吉之助さんは堂々たる悪役ぶりで憎々しく、声が腹から出ていてとてもよかった。ずっと気になっていた役者さんだったから嬉しい。吉右衛門さんのお弟子さんといえば、稚魚の会で山蔭右京が素敵だった吉六さんが家来役で出ていたんじゃないかしら。遠くてオペラグラスの視野の中に入れるのはなかなか難しかったけど、多分あれ吉六さんじゃないかな、という人がいて、レンズで追った。
浪路の米吉クンが可憐でかわいくて。まだまだなところはたくさんあるけれど、可憐さというのは娘役では大事な要素だと思うから、そういう良さを保ちつつ、芸も精進してほしい。
河内山の中で一番好きなのは仁左様。でも今回の吉右衛門さん、セリフのねばっこい感じも全然気にならなかったし、とっても素敵だった。人を小バカにしたような態度も、愛敬も、使僧としての品位とか堂々とした大きさとか、ぜ~んぶ好もしくて、何度も見ている「河内山」が面白かった。
使僧を迎える近習に、歌昇、種之助、廣松(廣松クンは女形っていうアタマがあったから、又廣太郎クンと間違えたよ。素顔ならもう間違えないんだけどね)、隼人と、若手次々世代の坊ちゃんたちが揃っていて、ああ彼らも徐々に歌舞伎を支える力になってきているのね、と感慨深い思いがした。
<上演時間>「寺子屋」100分(11001240)、幕間40分、「河内山」94分(13201454

|
|

« 大人の芝居に歌舞伎熱が再び湧く:演舞場9月昼の部①「寺子屋」 | トップページ | 伝統芸能の今 2012:①コラボ新作狂言の面白さ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人の芝居に歌舞伎熱が再び湧く:演舞場9月昼の部①「寺子屋」 | トップページ | 伝統芸能の今 2012:①コラボ新作狂言の面白さ »