« 猿之助主演で「助太刀屋助六 外伝」 | トップページ | 歌舞伎ダイアリー »

2012年9月 5日 (水)

染五郎さん、ゆっくり早く元気になってね

染五郎さんが10月11月も休演で、10月の代役は甘輝が梅玉さん、義経が藤十郎さん(昼夜とも義経だ)だっていうことは昨日(9/3)だったか今朝(9/4)だったか知ったけれど、1日オニのように仕事をして今やっと一息ついたら11月国立の代役も既に発表になっていた(今朝、「塩原多助」のチケットを取ったときはまだ決まってなかった)。
御所五郎蔵は梅玉さん
名古屋山三は錦之助さん
白井権八は高麗蔵さん

梅玉さんの五郎蔵というのがキョーミ津々。

しかし疲れたぁ~。急な涼しさでちょっと風邪気味、頭の中に雲がかかっていたのをガマンして、ネットをウロウロするのも封印して、いったい今日は何時間仕事したんだろ。明日も1日、今日とおんなじくらい仕事だぁ
dash(そんなわけで、「芭蕉」も「トロイラス」も宙に浮いたままだぁ)
ま、たまにはこのくらい仕事しないと、10月からの歌舞伎チケット買えないからねbearing

いやいや自分のことはどうでもいいのだ、染五郎さんの状態がやっぱり心配。ICUから一般病棟に移ったというし、年末復帰という情報も聞こえてきたからほっとしてはいるんだけど。ゆっくり早く元気になってね。

自分のことはどうでもいいと言いながら、自分のことに戻る。
夜7時くらいからかなぁ、なんかごろごろごろごろいってるなあと思っていたら、だんだんごろぴかが激しくなってきて、8時過ぎ、ビシャッとどこかに落雷thunder 10秒ほど停電になった。幸いパソコンは作業中でなかったので消えても大事ない。しかし録画中の「ぶらぶら美術館」がshock 
落雷で停電なんてずいぶん久しぶり。

|
|

« 猿之助主演で「助太刀屋助六 外伝」 | トップページ | 歌舞伎ダイアリー »

公演情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事を見て10月の国立の前売日を思い出しました
有難うございます!!
金曜日に仕事の合間に電話予約して、今日土曜日に三茶でのお芝居の前に国立劇場に行ってきます

「塩原多助」には「雪にすべってどっさりと、落ちた数丈の下は、流れも早え吾妻川」という当時人口に膾炙された台詞があって、忠臣蔵の討入の場で小林平八郎の「雪にすべってどっさりと、落ちた浪士はぬれ鼠」はここからきているらしい・・・とは、戸板康二さんの著作「すばらしいセリフ」にあります
とすると、討入の場は比較的最近の改作とは知っていましたが、少なくとも「塩原多助」のあとということになりますね

投稿: うかれ坊主 | 2012年9月 8日 (土) 08時47分

うかれ坊主様
こんにちは。コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです。私は今朝Web松竹にしっかりスタンバイ。なのに10時になっても画面切り替わらず。2度3度…焦る焦る。そこでよ~く考えたら今日はまだ8日でした。すっかり勘違いしてしまいました。相変わらずそそっかしいことでcoldsweats01

「塩原多助」はこのたび初めて見るにしても、そののセリフは存じませんでした。それに小林平八郎のセリフも聞いたことはあるのでしょうが耳からすり抜けておりました。そのセリフが書かれたのはおっしゃるように「塩原多助」のあとなんでしょうね。興味深い分析ですね。
いつも、歌舞伎の名セリフに関する本を読もうと思いながらのばしのばしになっています。コメントをいただいて、そろそろ買うなり図書館に行くなりしよう、と思いました。

投稿: SwingingFujisan | 2012年9月 8日 (土) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猿之助主演で「助太刀屋助六 外伝」 | トップページ | 歌舞伎ダイアリー »