« ボクの四谷怪談 | トップページ | 演舞場10月千穐楽夜の部 »

2012年10月26日 (金)

稽古は1日増やして

新歌舞伎座の杮落し公演に向けて、日本俳優協会(坂田藤十郎会長)が舞台稽古の日程を3日間から4日間に1日増やしてほしいという要望書を尾上菊五郎理事長名で松竹に提出したそうだ。
「すべてが一新された新劇場の舞台機構や楽屋、演技の段取りに慣れるには3日間はきつい。舞台が開けば失敗は俳優の責任。あと1日いただきたい」と菊五郎理事長。松竹は対応を検討中とのこと。
以上、東京新聞より。

じつにもっともなことで、いや、今でも3日の稽古ですごいと思っているのに、すべてが一新された劇場でたった1日増やしただけでいいのか、と感心したり心配したり。
それに「舞台が開けば失敗は俳優の責任」という菊五郎さんの言葉に大きな感銘を受けた。

|
|

« ボクの四谷怪談 | トップページ | 演舞場10月千穐楽夜の部 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボクの四谷怪談 | トップページ | 演舞場10月千穐楽夜の部 »