« 10月御園座夜の部① | トップページ | 来年浅草は海老ちゃんが »

2012年10月23日 (火)

10月御園座夜の部②

1017日 六代目中村勘九郎襲名披露・顔見世夜の部(御園座)
12102301misonoza 「義経千本桜 道行初音旅、川連法眼館」

どっちも音羽屋の巡業で見たばかりだし、「川連法眼館」は澤瀉屋の襲名公演でも見たし、だいたい演じられない年はないばかりか、1年に複数回上演されている年が多い。しかし中村屋の狐忠信を見るのは初めてである。
まず「道行」は、七之助さんも白の衣裳で登場する(巡業の時さまがそうだった)。屋島の件りで片袖脱いで赤の衣裳が出る。勘九郎さんの屋島は若さたっぷり、実に勢いがあって勇ましく気持ちのいい動きであった。
逸見藤太は出てこず、花道の引っこみもない。忠信はちょっとだけ狐の本性を現し、静と2人、板付きで幕となる。
「川連法眼館」もこれまでに見たことのない形式だった。法眼夫婦は出てこない。腰元の渡り台詞から始まり、すぐに忠信到着の申し次があり、腰元が義経にそれを伝える。
本物の忠信がいかにも武士らしい力強い硬さと、病み上がりらしい青白さがあって私は一度にこの忠信に惹きつけられた。静を伴っていないことを義経に不審がられ機嫌を損ねてしまったところへ2度目の申し次があり、もう1人の忠信が到着したという。すかさず、本物が「我が名を騙りし」といきり立ったが、これはちょっとタイミングが早すぎるような気がした。この2人目の忠信が到着したというセリフ、そしてその後の「忠信これにあるに、またもや忠信」という義経のセリフにもなぜか客席から笑いが起こっていた。
前後するが、亀井六郎、駿河次郎の登場に内心「待ってました!」の声をかけた私。だって、亀井は萬太郎クン、駿河は亀三郎さんなんだもの。声も姿もよい2人が本物の忠信を引き立てていく様は絵になっていたなあ。
静(七之助)を見た義経(菊之助)の安堵と嬉しさが、伏見稲荷での冷たい別れが実は義経にもつらい別れであったことを思わせる。
静は本物の忠信を見て、まさか忠信違いだとは思ってもいないから、一緒に旅をしてきた親しさを見せていた。
う~む、この千本桜、菊之助、勘九郎、七之助、亀三郎、萬太郎と、なんと若い舞台であろうか。次世代あるいは次々世代を担う若手の真面目でフレッシュな演技が胸を打つ。
勘九郎狐は、欄干を跳び越えるとき、ちょっとドタっという感じがしたが、それ以外はとてもよかった。「その鼓は私の親、私はその鼓の子でございます」と静に真実を告げたときは、その哀れさに思わず胸が締めつけられ涙が出た。勘九郎狐の述懐を聞いていると、この子狐がこれまでどういうつらい生き方をしてきたかが切々と胸に響いてくる。狐ことばは自然な感じがした。
一度姿を消してからの再登場はスッポンからぽ~んと勢いよく出てくる。
義経から鼓を賜った喜びはちょっとコロコロ転がした程度の表現で終わり、すぐに階段の手すりに鼓を掛け、荒法師たちがやってくることを義経に告げる。もうこの時には三味線が例のユーモラスなメロディとリズムになっている。そして荒法師は出てこずに、「真っ向立て割り」から狐忠信が1人で戦いを演じる。化かされの荒法師たちが出てくるとここはコミカルな楽しい場面になるが、狐忠信1人だと激しい動きですごい迫力、実に見応えがあった。
最後は花道を狐六方で引っこむ。
素晴らしい狐忠信で、また新しい狐役者が出たなあと、いつになるかの再演がもう楽しみになったのであった。
<上演時間>「菊畑」70分(16001710)、幕間25分、「口上」30分(17351805)、幕間30分、「道行」30分(18351905)、幕間15分、「四の切」65分(19202025
実際の終演は2015くらいだったので2030の新幹線東京行に乗れちゃった。

|
|

« 10月御園座夜の部① | トップページ | 来年浅草は海老ちゃんが »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月御園座夜の部① | トップページ | 来年浅草は海老ちゃんが »