« 1月演舞場昼の部 | トップページ | 御園座図書館の危機 »

2013年1月17日 (木)

18年

あれからもう18年。
3・11の巨大地震はその規模と津波の恐ろしさ、またこれまでにない揺れを実際に経験したことで自分の心の中に大きな恐怖と衝撃を残したが、1・17は大都市を襲った大地震ということでこちらもまた大きな恐怖を植え付けた。
阪神にしても東北にしても、日々どこかの時間で(一瞬だとしても)思わないことはない。そしてその日になると、記憶と恐怖が鮮明に蘇る。地震から逃れられない国に住んでいるのだ、と強く思う。
神戸市ではこの18年で震災を知らない市民が40%を超えたのだという。
そういう市民が前向きに新しい都市を作っていくことは必要だろうし、その過程のなかにも大震災の記憶は残っていくだろう、いや残していかなければいけないと思う。
あらためて合掌。

|
|

« 1月演舞場昼の部 | トップページ | 御園座図書館の危機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月演舞場昼の部 | トップページ | 御園座図書館の危機 »