« 積雪16cm | トップページ | 1月演舞場昼の部 »

2013年1月15日 (火)

雪道を歩く

駅まで車で行くのはさすがにはばかられ、ではバスにするか歩きにするか。息子は危ないからとバスを勧める。で、ほとんどそういう気持ちになっていたら、今朝のテレビで都内のバスがいつ来るかわからないほどダイヤ乱れだと知り、それはある程度織り込み済みではあったけれど、アテにならないバスよりやっぱり自分の足が確実よねということになった。
さて、その雪道を歩いて最初に思ったことは、サングラスを持ってくるべきだったということ。遙かむか~し、宿からスキー場へ向かうまでのまぶしい銀世界の記憶が鮮やかに蘇ってきた。
次は、太陽は偉大だということ。日照の有無で雪の融け具合が全然違う。ぐちゃぐちゃ道とつるつる道、でっこぼこ道を気を緩めることなく歩いた。
途中、滑った車に突っ込まれるんじゃないかなんて、ちょっとびびりもした。
意外と怖かったのは、足首を超える深さの雪が残っている道(つまり雪かきなど人の手が入っていない道)で、既についている足跡。そこを狙って足を動かせばいい
ようなものだけど、カッチカチの道路に大きなでこぼこがいくつも続いているというのは実に歩きづらくて、何度も躓きそうにった。
また、やや凸凹のついたスケートリンクみたいな道も気が抜けない。 二度滑りかけた。それでもどうにか無事に駅に着き、電車の遅れはあったけれど、めでたく今年初の演舞場最初の演目に間に合った。
同じ道の帰り、歩道のない道は相変わらずスケートリンク状態、行く人来る人のすれ違い
も怖い。そのほかは、カッチカチだったところはサクサクしていたし、くるぶしの上まであった雪の高さもずいぶん低くなっていた。でも、昨日の雪かきの後遺症で腰が痛くて痛くて、なかなか足が進まず、とにかく疲れました。
皆さんもお疲れ様でした。

|
|

« 積雪16cm | トップページ | 1月演舞場昼の部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 積雪16cm | トップページ | 1月演舞場昼の部 »