« 染五郎復帰公演@日生劇場① | トップページ | 染五郎復帰公演@日生劇場② »

2013年2月19日 (火)

玉三郎さんにコマンドゥール

今月5日から16日までパリのシャトレで公演を行っていた玉三郎さんにフランス政府から芸術文化勲章コマンドゥールが贈られるそう。
コマンドゥールは芸術文化勲章の中でも最高位のもので、歌舞伎役者としては2007年の團十郎さんに続く受章である(多分)。
授章式は19日パリで。

おめでとうございます。

|
|

« 染五郎復帰公演@日生劇場① | トップページ | 染五郎復帰公演@日生劇場② »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

「玉三郎さんネタ」
2/24に文楽の第一部のあと、日本橋高島屋で日本画家「室井東志生展」を観てきました
玉三郎さんをモチーフにした作品がずらりと
遺作になってしまった「阿古屋」は制作の過程がうかがえて興味深いものでした
2/22に玉三郎さんご自身もお見えになったようです
昨年10月の急逝が惜しまれます
東京の開催は2/26まで
5月には横浜高島屋でも開催されるようです(5/1~5/7)

「フランスネタ」
シルヴィ・バルタンさんが来日していて、その公演評が2/20に毎日新聞夕刊に載っていました
ゲストにバルタン星人が登場し、花束を贈呈
これが実は初顔合わせとか
「なかなかにいい人じゃない」とはシルヴィー・バルタンさんのコメント
思わず笑ってしまいました

投稿: うかれ坊主 | 2013年2月24日 (日) 20時36分

うかれ坊主様
こんばんは。ネタ2つ、ありがとうございます。
この展覧会のことは存じませんでした。今、ネットで検索したら2点の展示作品の写真に当たりました(あまりはっきりとは見えないのですが)。26日までですか…ちょっとむずかしいかなあ。
玉三郎さんは帰国後すぐにいらしたんですね。

シルヴィ・バルタンとバルタン星人対面の記事も今ネットで見ました。初めての対面なんですね。意外です。コンサートも聞きに行きたかったなあ。しかも、こんなおまけつきなんですものね。今夜はシルヴィのCDをかけて仕事しようかしら。

投稿: SwingingFujisan | 2013年2月24日 (日) 21時48分

素人の私が言うのも変ですが「本格的(写実的)」な日本画でした

楽屋で顔を拵えている場面(2作品ありました)
竹林をバックに着物姿で佇む素顔のもの
古いところでは
「玄宗と楊貴妃」の時と思われる楊貴妃
ナスターシャ
鏡獅子の後シテ
天守物語の富姫
など大きな絵が多かったです

玉三郎丈とは永いお付き合いだったようで
手紙も展示されていました
達筆で読めませんでした

阿古屋の帯も室井さんがデザインされたようです

遺族(未亡人と娘さんのようでした)と思われる方が来場された関係者にごあいさつされていました

投稿: うかれ坊主 | 2013年2月25日 (月) 07時53分

うかれ坊主様
おはようございます。再びのコメントありがとうございます。
どんな作品が出展されていたか拝見するだけで、魅力的ですね!!
「鏡」という作品、高島屋のサイトで見ました(おっしゃる通り写実的)。本物を見るべきですよねえ。

投稿: SwingingFujisan | 2013年2月25日 (月) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 染五郎復帰公演@日生劇場① | トップページ | 染五郎復帰公演@日生劇場② »