« 国立劇場、アフタートーク | トップページ | 5月南座演目と配役 »

2013年3月21日 (木)

隅田川花御所染

319日 「隅田川花御所染」(国立劇場大劇場)
あと何日でもないけれど、なるべく遅刻しないでください。最初の約15分間、客席はかなり暗いです。とくに幕開きから5分はほとんど真っ暗と言ってもいい。その中でうろうろ席を探すのは危ないし、声を出して確かめたり呼び合ったりされるのはちょっと困ります。
とまあ、私が見た日はそんな光景があちこちで見られたので。

アフタートークで司会の方が言っていたとおり、若手に頑張ってもらっている芝居ではあるけれど、こちらとしてはどう見ていいのかかなり戸惑った。
そもそも配役のバランスが悪い。吉田松若役の隼人クンは確かに二枚目だし華もあると思うし、頑張ってもいたし、1人あるいは児太郎クンと一緒の時には2人とも初々しいし…。しかし福助さんの花子が狂うほどの思いを寄せる相手ではない。これもアフタートークで自身が言っていたように「2人の女性の運命を狂わせるような経験はない」19歳にそれを求めるのは酷というものだろう。本来ならば、バランス的にも錦之助さんの役なのだろうが…。
隼人クンも児太郎クンも、言われたこと、やらなくてはならないことをその通りにやるので精いっぱい。これは仕方ないだろうが、芝居としてはもどかしさが先立つ。それでも、華のある2人、隼人クンには二枚目として大成してほしいし、児太郎クンは子役時代に見た三吉(「重の井子別れ」)の巧さが記憶に残っているし、この大きな役をやったことで、「2人の飛躍のきっかけとなった芝居見たのよ」と将来自慢できるように今後も精進してほしい。
そういう中で、では福助さんという存在が抜きん出ていたかというと、意外と存在感が薄いような気がした。もちろん巧さは抜群だし、何と言ってもきれい、寂しげで切なげでとてもよかった。そして激しい感情をもっても以前のようなオーバーな表情は見せず、全体に品よく演じていた。ところが、狂うほどの恋心のアツさが空回りしてしまい、あまり伝わってこないのだ。芝居は1人じゃできないということなのだろう。
錦之助さんと翫雀さんも、福助さん同様、期待したほどの存在感ではなかった。錦之助さんは、決めの形がいつもながらとてもきれい。
一番印象に残ったのは松也クンの悪党だろうか。女形をやっているからどことなく色気が出る、とアフタートークで言われていたが、確かにその通りだ。お客の間で話題だという太ももは立派で素敵だったし(太ももだけでなく、おみ脚全体が)。悪党でも憎めないところがある、というのは歌舞伎の特徴だけれど、その点もよかった。もうちょっと毒があってもよかったのかもしれないが、これからの松也クンの役柄に幅が出たことは間違いないだろう。
アフタートークに出ていた宗之助さん、誰だかわからなかった。暗くて筋書きが見えなかったので配役がわからないまま進んで、後になって、あれ宗之助さんだったんだぁ、と驚いた。イメージがだいぶ違ったから。もっとちゃんと見ておけばよかった。実は、序幕、ストーリーが途中でよくわからなくなって、場面転換で目をつむったらそのまま眠くなって…。だから途中が抜けちゃって…。

綱女(実ハ入間家腰元・関屋)の新悟クンがよかった。若手の中では巧さが光る。立居振舞い、セリフ、すべてが自然で楚々とした風情があって、私は好きだ。でも、嫉妬顔はかなり怖かったな。
芝のぶちゃんが大友頼国と新造・采女(実ハ綱女の妹)を好演。とくに采女は可憐で芝のぶちゃんの本役だと思った。後に桜姫と衣裳を替えた赤姫姿がすっごくきれいだった。
この2人の姉妹の名乗りには客席から笑いが起きた。また、姉妹とわかるまでの間に錦之助さんを新悟クンと芝のぶちゃんが取り合う形になるのだが、事情があって廓通いをしていた錦之助さん、調子の良さと真面目さが相俟って可笑しさが倍増した。
歌江さん、寿治郎さんの登場が嬉しい。
妙亀庵の場で、花子を訪ねてきた剽軽な桜ン坊の翫雀さんが、小比丘尼の寿治郎さんに「すぐそばの芝居小屋、国立座の桜の枝じゃ」と言って見舞がわりに差し出すと、客席は当然ウケる。
隅田川の渡しでは、はじめ舟は動かさず、背景を動かし、床の浪布を引いて川の流れを表しているのが上から見るときれいだった。やっぱり川の風情はいい。
場面としては戻るが、第一場は萬屋親子の暗い悪巧み、第二場は浅葱幕が振り落されると、成駒屋親子があでやかに並んでいて、ミーハー的には面白かった。
拍手の大きさで客の入りと満足度を計ると、まずまずというところだろうか。二階席はほとんど空席だったが、三階はけっこう入っていた(序幕だけでいなくなったお客さんは帰ったのか、席を移ったのか…)。一階も見える範囲ではそこそこ入っていたと思う。
<上演時間>
序幕80分(12001320)、幕間30分、二幕目40分(13501430)、幕間15分、三幕目40分(14451525)、幕間20分、大詰40分(15451625

 




|
|

« 国立劇場、アフタートーク | トップページ | 5月南座演目と配役 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立劇場、アフタートーク | トップページ | 5月南座演目と配役 »