« パリの桜 | トップページ | 海老ちゃんブログ »

2013年4月10日 (水)

Swingのユーウツ

あんまり歩くところがなくなってきたから、部屋の整理をした。
と言っても、雑然と山のように積み上げておいた演劇のチラシ、歌舞伎の筋書き等を、不要なものは処分し、必要なものはジャンル部別・月別に分けて、押し入れやボックスにしまっただけなんだけど。
チラシはおんなじものが何枚も何枚も出てきてさすがにウンザリした。
おまけにやっとすべての山をなくしたのに、全然片付いた感がない。
そうしたら、今整理したものたちに何の価値があるんだろう、という思いが胸に広がり始め、どんどんユーウツになっていった。歌舞伎のチラシは、歌舞伎愛のあまり以前は同じものをそのまま保存していたのを、今ではキリがないので1種類1枚ずつにしている。それでも私が生きている限り際限なく増えていく。そんなチラシたちは私にとって大事でも、私の死後、子どもたちにとってはただの紙でしかないに違いない。子どもたちはそれを処分しようとして、でも母親が大事にしていたからと手をつけかねるかもしれない。筋書きやプログラムにしたって同じかもしれない。
父の死で経験した「捨てられない」(未だにガラクタみたいなものだって、すべてに父の人生が感じられて、ほんと捨てられないのだ)を子どもたちには経験させたくない。そんなことを考えていたら、歌舞伎を見ること自体に意味が見出せなくなりそうになったから、もう考えるのや~めた。
だんみつ、
じゃなかった、だんしゃり(おやじギャグだね)に目覚めるときはこの世とおさらばの時なのかも。まだまだ目覚めないから大丈夫だよ~。

|
|

« パリの桜 | トップページ | 海老ちゃんブログ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
お気持ちはよくわかります・・・というあたりが、同世代(ざっくりbleah)よね。この時期は特にdownなことが多いです。デリケートなお年頃。
そんな、ともすれば下降気味になる気分を、あれやこれやの手段(主に観劇かな)で、無理矢理upさせてるなー、と自覚することもよくあります。
ところで、苦節○年、やっと長い休みが取れそうな今、円安とは!と、ガックリ来てます。夏にパリ周辺に行きたいな、と。タイミングを逃すとまた行けなくなって、そのうち体力がなくなりそうだから、逃しちゃいけないですよね。
さ~て、これから仕事(の前のランチ)に行って来ますpaper

投稿: きびだんご | 2013年4月11日 (木) 10時03分

きびだんご様
こんにちは。色々ありがとうございます。
同世代と言っていただいて、ちょっとくすぐったいかな(^-^; でも、そういうことにしておこうっと。
最近、だんだん先が見えてくる年ごろになってきなあと思うのです。だからってdownなわけではなくて、逆に「生きる」っていうことの意味を考えてしまいます。今日は4K歌舞伎を見て、やっぱり歌舞伎がupの源かもね、と思いました。
でもエネルギッシュなきびだんご様でも、そういうことがあるのですか…。

おお、夏休みにフランスへ!! ぜひぜひいらしてください。そうそう、おっしゃる通りです。行かれる時に行かなくっちゃぁ。貪欲に色々楽しんでいらしてくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2013年4月11日 (木) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリの桜 | トップページ | 海老ちゃんブログ »