« 見たいぞ見たいぞ②:澤瀉屋 | トップページ | 六月歌舞伎千穐楽第三部 »

2013年6月29日 (土)

坂道止まれ

6月1日に受けた人間ドックの結果が送られてきた。
ほとんど、当日の診察で言われた通りで、それが具体的な数字となって出てきただけではあるけれど、あらためて自分の健康について考えさせられた。
皆様にもご心配いただいた脳は特に異常なし(あれ以来、強い頭痛はこない。なんだったんだろう)。問題は「椎間板ヘルニアを伴う変形性頸椎症」と「変形性腰椎症」で、レントゲン写真を自分で見ても明らかな変形を認める。まあ、すでに症状が出て長年経つわけだから、わかってはいたものの、じゃあこれから先どうしたらいいのだろう、というのがわからない。
ちょっと、いや、かなりショックだったのは、加齢に伴うリスク(つまり老化現象)がいくつかみられたこと。自分の年齢を思えば何の不思議もないのだろうけれど、その事実を目の前に突き付けられるとやっぱりショック。
そういえば、最近、感性がすっかり枯れてしまっているもの。昔の自分のブログをたまに見ると、内容は当時から稚拙ながら、感性は今よりはあったんじゃないかと思う。最近ちっともときめかないし(歌舞伎観劇記にheart04lovelyが全然つかなくなってしまった)。
身体の老化はスピードはともかく今後も坂道を転がりおちるばかりだけれど、
止めようと思えば止められる心の老化は何とかしなくちゃね。

|
|

« 見たいぞ見たいぞ②:澤瀉屋 | トップページ | 六月歌舞伎千穐楽第三部 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見たいぞ見たいぞ②:澤瀉屋 | トップページ | 六月歌舞伎千穐楽第三部 »