« 昨日は染五郎デー? | トップページ | 見たいぞ見たいぞ②:澤瀉屋 »

2013年6月28日 (金)

見たいぞ見たいぞ①:「閻魔と政頼」

またまた東京新聞ネタで恐縮ですが、月に一度「暮らすメイト」という情報紙が配達される。
その中に「あの役この役」というコーナーがあり、恐らく2008年11月から始まったと思われる歌舞伎編が現在も続いていて、これを読むのもまた私の楽しみのひとつ(残念ながら第1回第2回のほか、2~3回抜けちゃってる)。

7月号(第57回)は吉右衛門さんの新作舞踊劇「閻魔と政頼」に関する話である。
能楽・狂言の「政頼」をもとにした芝居だそうだが、これがとても面白そう(粗筋はここで言っちゃうとつまらないから黙っているけど、2011年第9回亀治郎の会でかかった「博奕十王」と同類かしら)。
2007年6月歌舞伎座で、閻魔=富十郎さん、鷹匠の政頼=吉右衛門さんで上演され、翌年4月には閻魔=左團さんで御園座でも上演されている。以後、5年上演がないのだから、そろそろ浮かび上がってきてもいい頃ではないだろうか。
ぜひぜひ、見たいぞ見たいぞ。

って、ここまで書いてきて、ふと気づいた。2007(平成19)年6月なら見ているはずだ!!
自分のブログを検索してみた。
あったぁ
coldsweats01
な~んとなく思い出してきた。筋書きの舞台写真を見て、ああそうだった、と記憶が甦ってきた(この演目が始まって間もなく、地震があったらしい。観劇中の地震は何度か経験しているので、この時を特定する記憶はない)
そこであらためて、もう一度、見たいぞ見たいぞ。

ちなみに、2007年6月は染五郎さんの長男・齋クン(金太郎)、初お目見えの月でもあった。(染五郎ネタ、引きずってるsmile

|
|

« 昨日は染五郎デー? | トップページ | 見たいぞ見たいぞ②:澤瀉屋 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日は染五郎デー? | トップページ | 見たいぞ見たいぞ②:澤瀉屋 »