« 国立劇場、10月・11月演目 | トップページ | ひとまず、まずまず安心 »

2013年6月 2日 (日)

日帰り秋田旅行は…

秋田の叔父がもう幾許もないとの連絡を受け、今日最後の別れを告げに行ってきた。
31日に予定していたのが、1日に脳ドックを受けることになったため一時は断念したのだが、昨日の段階では脳に異常は見つからなかったし、いつも私を可愛がってくれた叔父が生きているうちにどうしても顔を見ておきたい、でも病人に負担になるかなと心配したら叔母がぜひと言ってくれたので、今朝、急遽日帰りでの秋田行きを決めた。
大宮から大曲まで3時間。十分日帰り可能な距離になったのだ、秋田も。
自宅最寄駅で新幹線の切符を買う時、「秋田こまちの切符」と言ってしまい、駅員さんと2人で吹き出した。

叔父は、父の
最後の日々と同じように酸素マスクを当てられ、同じようにそれを鬱陶しがって、同じように細い体に父以上に管がいっぱい繋がれ、同じように苦しそうだった。でも、叔父は多臓器癌だから、その上さらに痛みで苦しんでいた。それでも私が行ったことはわかってくれたと思う。
あんなにやさしくていい叔父が、あんなに苦しんで最期を迎えなくてはいけないなんて、帰りの新幹線でも悲しくて切なくて…。

大宮駅で帰りの新幹線を下りたら、空気があまりにひやっとしてびっくりした。秋田は暑かったのだ。

|
|

« 国立劇場、10月・11月演目 | トップページ | ひとまず、まずまず安心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立劇場、10月・11月演目 | トップページ | ひとまず、まずまず安心 »