« 心底楽しめた澤瀉屋の巡業③:「川連法眼館」 | トップページ | 2人のプリンスの魅力に酔う:「二都物語」 »

2013年7月24日 (水)

顔面激突

今朝、ふと目が覚め、外が明るかったので時間も確かめず起きようとベッドから下り12歩あるいたら、床に置いてあったバッグの持ち手に足がひっかかり、たたらを踏んでそのまま飛んでった先が柱の角。左顔面激突。
事態のショックと痛みのためベッドに倒れ込み、しばらくして時計を見るとまだ5時過ぎ。無理して起きることなかった…。
左頬がじんじんしている。鏡を見たら腫れてきている。そうだ、と保冷剤をタオルに包んで頬に当てた。うとうとしながら二度寝。頬の痛みは薄らいだし、腫れも大したことなくなったような気がする。
ところが、顔を洗おうと左頬に手を当てたら痛くて飛び上がった。マスクをかけたらちょうど上端にあたるところに内出血もしている。さほど目立たなかった涙袋の下の腫れは、時間が経つにつれ青くふくらんできた。頭はぶつけてないけど、脳みそが激しく揺さぶられた気がするから大丈夫かなあ。
7
8年前、自宅の廊下ですべって激しく転倒し、やっぱり顔面を床に激突させ、右頬が激しく腫れて右目の下が骨折していたということがあった(今回も又骨折していたらシャレにならないね)。あの時はなぜすべったか理由が未だにわからない。今回は動線に物を置かないように、ということを忘れていた自分に原因がある(去年の9月に右足小指を骨折した時の教訓が生きていない)。
なんか、ガックリしているうちに4年前の父を思い出した。早朝、夢うつつに唸り声とともに「弱ったな、困ったな」という細い声が聞こえる。しばらく放置しておいたがいつまでも声がやまないので仕方なく隣の父の寝室を見に行くと、畳の上に腰を落した父がいて、その周囲は血の海。事の重大さにいっぺんに目が覚めた。高齢の父はトイレに行こうとしてバランスを崩し、ひっくり返ってその際に手の甲を大きく切ったのだった(皮膚が薄くなっていて、怪我しやすい)。日曜日だったので当番医を探して傷を縫ってもらい、無事に回復もしたのだけど、あの時父は眠っている私を起こすのを遠慮して大声で呼ばなかったのだ。そんな思い出に私は又後悔の海に放り出されるのだ。時間を戻したいよ。

|
|

« 心底楽しめた澤瀉屋の巡業③:「川連法眼館」 | トップページ | 2人のプリンスの魅力に酔う:「二都物語」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ〜sweat01お大事になさって下さい〜weep
先週、母が洗濯物を干していて、物干し竿が鼻のつけねに激突…wobbly
かなり鼻血が出たみたいで心配しましたbearing
毎日の日課の水泳もお休みして、ゆっくりしていたら
だいぶよくなり、今週はエアロビも再開してますけどbleah
Swingさまには失礼ですが、母と私はドジで
よく父から、「どうやったらぶつかるのか理解できない」と言われるのですが
Swingさまのことは、なんか、他人とは思えません…happy02
きっと今週末は歌舞伎座にいらっしゃるかと存じますので
それまでに腫れがひきますように〜
早くよくなられますよう、お祈りしております。。。

新しい歌舞伎座は気軽にリピできる金額ではないので
私は毎月各部一回ずつしか観劇できませんが
今週末の夜の部が楽しみです!
そしてもう翌週は納涼歌舞伎ですわ〜happy01
Swingさまの分も、納涼も堪能してきますね!


投稿: 七子 | 2013年7月25日 (木) 00時16分

七子様
おはようございます。ご心配いただきありがとうございます。今日は薄青色に腫れています。だんだん青黒くなるのかなあ。
お母様も大変でしたのね。お父様にはご理解できないこと、私にはわかりますわ~。物干し竿が鼻のつけねにあたるって、考えただけで恐ろしいですけれど、私もやりかねない、って。
お母様、大事に至らなくてよかったですね。もうお体を動かしていらっしゃるなら大丈夫でしょうが、脳に近いところでもありますし、くれぐれもご無理なさいませんよう(水泳を日課としていらっしゃるとは素晴らしい!!)。
私の足元悪さは子供の頃からで、しょっちゅう転んでは母に叱られていました。それに加えて年をとってからはバランスが悪くなりますからよほど気をつけないと、と自戒しております。

歌舞伎座、高いですよねえ。私もリピは考えてしまいます。と言いながら今月は昼夜ともリピなんですけれど。その分、納涼歌舞伎がまんです(七之助さんの「鏡獅子」、拝見できそうにありません)。
七子様、しっかりご覧になって楽しんでいらしてくださいね。託しますwink

投稿: SwingingFujisan | 2013年7月25日 (木) 09時19分

おはようございます。
お父さまの「弱ったな、困ったな」のこと、私もとてもよく覚えています。でも、ほんとにギリギリまでご自宅で、家族でおすごしになれたこと、うらやましいですよ! そんな風にしっかりされてたわけだし。
でも、きっといつまでもいろいろ思い出し、後悔したりするんですよね。私も夕暮れ時に、デイサービスの送迎車で帰って来た方に遭遇すると、「お帰りなさい」と父を迎えた日のことを思い出します(持ち帰る「ぬり絵」などの作品には複雑な思いもありました)。
お互いいい年して(笑)ファザコンだったかも、ですが、それはとっても幸せだったと思うことにしましょう! 今ちょうどNHKの「深読み」で、介護(介護離職、ケアメンなど)をやってるので、さらにいろいろ考えてしまいます。

投稿: きびだんご | 2013年7月27日 (土) 09時28分

きびだんご様
おはようございます。
父のこと覚えていてくださってありがとうございます(涙)。
ほんと、お互いファザコンだったんでしょうねえ(私は未だにファザコンなんだと、父が亡くなってから気が付きました)。
きびだんご様のお父様の思い出、よくわかって胸にぐっときます(涙)。
でも同じような経験、思いを分かち合えるきびだんご様から色々おっしゃっていただくと、心が慰められ、ちょっと立ち直ることができます。ありがとうございます!

投稿: SwingingFujisan | 2013年7月28日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心底楽しめた澤瀉屋の巡業③:「川連法眼館」 | トップページ | 2人のプリンスの魅力に酔う:「二都物語」 »