« 動物がいいのだ:竹内栖鳳展 | トップページ | 知らなかった、筋書き割引券の利用法 »

2013年10月 4日 (金)

仁左様休演

11月歌舞伎座と12月南座休演。
母の施設で夕食の介助をしていたら、このニュースが!!
思わず騒いで、介護士のおにいさんに引かれてしまった…。
配役が決まってからの休演はご本人にとっては不本意だろうし、こちらもちょっとがっかりだけど、内臓疾患ではないようだし(昨年痛めた肩の悪化で、早期手術と長期療養が必要、ということらしい)、仁左様の健康状態についてはかねがね心配していたので、この際しっかり治して休養してください。
なお、10月歌舞伎座は休演しないそうだが、くれぐれも無理はしてほしくない。
歌舞伎役者さんの病気が続くと、吉右衛門さんは大丈夫なのかな、ってとっても心配になる。

なお、配役変更は
11月が
大序・三段目 師直:吉右衛門→左團次
四段目 由良之助:仁左衛門→吉右衛門
七段目 寺岡平右衛門:仁左衛門→梅玉

12月が
二人椀久の椀屋久兵衛→愛之助
御浜御殿の綱豊卿→梅玉

ラブリンも10年もお休みがないと言っていたが、若いとはいえ、健康には十分気をつけてほしい。  

|
|

« 動物がいいのだ:竹内栖鳳展 | トップページ | 知らなかった、筋書き割引券の利用法 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

題名をみてぎょええ!とか叫んでしまいましたが、内容をみてちょっと安心したり…
ほんとになにもかもおっしゃる通りです。
今度歌舞伎座行ったら、お稲荷さんに「三津五郎さんの踊りがまた見られますように!できればはやく…」って祈ろうと思っていましたが、やっぱり「みなさんがお元気で…&寝ませんように」ですね。

投稿: urasimaru | 2013年10月 4日 (金) 21時09分

urasimaru様
私も「休演」と聞いて思わず叫んでしまったのでした。
肩腱板の断裂だとかで、今すぐ休んだ方がいいんじゃないか、なんて心配になってしまいます。ご本人は「歌舞伎界にとって大事な時期に非常に残念で、心の痛みもひとかたではありません」とコメントされているそうです。お気持ちは重々わかりますが、心の痛みが体に現れてはいけないので、先々のために今休むのだと気持ちを切り替えて療養していただきたいですね。
私もお稲荷さんにお祈りしてきます。

投稿: SwingingFujisan | 2013年10月 4日 (金) 21時51分

Fujisan様
お早うございます。昨日、歌舞伎座夜の部見てきました。今月は開演が4時15分という妙な時間で、用心してでかけたせいか、早く着きすぎました。入らずにぶらぶらしていたら、入口の幕見の列に改めてびっくり。毎月、こうなのでしょうか。
松嶋屋の権太、何回も見ていますが、自分の型として完成品の域に達しています。音羽屋の東京型とはかなり違って面白いですね。とはいえ、二枚目の風姿で、昔、見た延若のこてこて大阪型(いわゆるごろつき)とも大きく違います。来月から休演とのことですが、明らかに右肩をかばう演技がやはり気になりました。無事に復帰してほしものです。
あと秀太郎が良いですね。本当に、情があり、いろいろ細かい演技の工夫があり目が離せませんでした。

投稿: レオン・パパ | 2013年10月 6日 (日) 09時11分

レオン・パパ様
おはようございます。コメントありがとうございます。
昨日の夜、私も見ておりましたよ~(感想は後ほど)。
幕見はいつ見ても列ができている印象を受けます。今月夜の部はそうでもない、と歌舞伎座の方が言っておられましたが、「木の実・小金吾討死」は完売だったみたいですよ。幕見で通すと3階B席と同じ料金になるんですね。
いがみの権太は久しぶりに見たような気がしました。ぼろぼろ泣きました。ばらんの水で涙に見せたり、本当の松明を遣ったり、ほぉ~と思いました。
右肩、やっぱりレオン・パパ様も気になられましたか。私も1カ月無理して大丈夫なのかなぁと心配になりました。
秀太郎さん、同感です!!

投稿: SwingingFujisan | 2013年10月 6日 (日) 11時34分

私も10/5を昼夜通しで拝見して
今、北京空港です

当日の朝の新聞発表は知らなかったのですが
教えて頂く方がいて、観ておりました
但し、左右どちらの方かその方もご存知なく
木の実を見て、花道で左手で石を投げるかたちでしたので、右の方がご不自由なのがすぐわかりました
それでも、それだからこそというべきか、不自由な点を差し引いても、いい権太でした
(でもやっぱり万全で観たかったですけど)
秀太郎さん、我當さんのご兄弟そろっての、「3段目」竹三郎さんも含め、「よき上方風」を見せて頂き、感謝感謝です

東京の歌舞伎座で戦後、上方式の権太を演じたのは延若さんが1回のみで、松嶋屋さんがこれで3回目。松嶋屋さんの人気と実力もあってでしょうが藤十郎さんも2代目鴈治郎さんも父13世もできなかったことを3回できることに感慨を覚えます

投稿: うかれ坊主 | 2013年10月 8日 (火) 16時49分

うかれ坊主様
おお、昼夜ご観劇でしたか。お疲れ様でしたが、十分楽しまれたようでよかったです。
私も5日に見ておりましたが、本当にいい権太で、今リピートしたくてたまりません。
松嶋屋3兄弟が揃うお芝居は何回か見ていると思いますが、やっぱりいいですね。ふっと胸にくるものがあります。竹三郎さんが出ていらしたのがとても嬉しかったです。
東京新聞の歌舞伎欄で仁左様が語っています→http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2013091602000181.html
右肩、ちゃんと治って、又権太をやっていただきたいですね。

投稿: SwingingFujisan | 2013年10月 8日 (火) 21時03分

実は翌日(10/6)は「イーハトーボ」の初日を観るつもりで新宿紀伊國屋サザンシアター前まで行ったのですが、開演が3時からだったので、翌日の中国移動準備や家族との夕食もあって断念しました
初日だけ日曜日は開演時間遅かったのですね
当日券狙いで並ぶつもりでしたんですが・・・
代わりに「太鼓たたいて笛ふいて」の戯曲を買って帰路の機内で読んでました・・・
結局、国立劇場(川崎音頭でない鏡獅子のようですね)もNODAMAPも無念ながらpassです
日本に帰るのが「787」の整備不備で飛行できず1日遅れたのが痛かったです(北京でよぶんに1泊する羽目になってしまったのが誤算でした)
レポを愉しみにしています

そうですねしっかり治して頂いて、できれば松竹さんには2月に「菅原」の通しを企画して頂き、仁左衛門丈に菅丞相を演じて頂きたいと思っています
(2月なら「春節」があり、日本に戻ってこられるので個人的にも有難く、秘かにこの企画実現を願っています)

投稿: うかれ坊主 | 2013年10月 8日 (火) 21時53分

うかれ坊主様
「イーハトーボ」、そうでしたか。それは大変残念でしたね。
787はまだまだトラブルがあるんですねえ。3年前ANAの工場見学に行ったとき、787を世界で初めて注文したのはANAで、それがきっかけで開発されたと自慢していたんですが…。狂った予定はどうしてくれるんだ、って言いたいですよね。
「太鼓たたいて」は来年1~2月に上演されるようです。3月には「化粧」も。渡辺さんのは見られませんでしたが、今度は見ようと思っています。

「菅原」の通しは、仁左様の回復次第でしょうねえ。期待のお気持ちはよくわかります。無理はせずに早く回復していただきたいですね。

投稿: SwingingFujisan | 2013年10月 8日 (火) 23時55分

飛行機内に5時間以上待機でした
挙句の果てに飛べなくて・・・
翌日は中華航空に変わりましたがビジネスクラスでしたのがせめての慰めでした

公演情報有難うございます
「太鼓・・・」かかるのですね
井上ひさしさんの女性の評伝物は、一葉と芙美子の2本だけのはずですから貴重です
初演では松本きょうじさんが出ていたのですがお亡くなりなったことを思い出しました・・・
「化粧」も最後の「宙ずり」がびっくりでしたが、今回はどう演出されるのでしょうか

投稿: | 2013年10月 9日 (水) 01時01分

うかれ坊主様
お返事が大変遅くなってごめんなさい(お返事したつもりでおりました、やっぱりかなり危うい状態にある私…)。

機内で5時間なんて、どうしようもないとはいえ、よくご辛抱なさいましたね。私だったらとてもとても…。本当にお疲れ様でした。

井上久の女性評伝、2人だけでしたか。幸い両方とも見ましたが、せっかくなので「太鼓」はもう一度見ようと思っています。松本さんは私は拝見していないと思います。
他の観劇はなるべく減らしていますが、やっぱりこまつ座は楽しみです。

投稿: SwingingFujisan | 2013年10月 9日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動物がいいのだ:竹内栖鳳展 | トップページ | 知らなかった、筋書き割引券の利用法 »