« 来年こんぴらは染五郎さん | トップページ | 南座顔見世夜の部① »

2013年12月13日 (金)

12月歌舞伎座昼の部

126日 十二月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
いつ見に行ったのか忘れちゃったほど日が経ってしまい、慌ててチケットで確認した。
「大序」
幕が開いての第一印象は、若手はみんな顔が細い、ということだった。普段はあまり感じない海老蔵さんでさえ、ほっそり見えた。判官の菊之助さんだけがふっくらしていて、なんかほっとした。
海老ちゃんは、義太夫で名前が語られると静かに顔を上げ、かっと目を見開き、あの大きな目玉を真ん中に寄せて、強いインパクトがあった。老けの顔がとても似合っている。傲岸不遜な光を放つ目に品位の高さが感じられた。感情の動きの激しさは、私には桃井若狭助の染五郎さんより強いような気がした(海老蔵さんのインパクトの強さに私が気を取られ過ぎたのかもしれない)が、大序はとても面白かった。
七之助さんと言えば足利直義だと思っていたら、上演記録によればそうでもなかった。その七之助さんは今回は顔世。理知的で美しくうまかったが、もうちょっとはんなりした色気がほしかったように思う。もっともそれは若さゆえだろうから、徐々にそういうものが出てくると期待する。
「三段目」
ここでも海老ちゃんのインパクトに気圧され、桃井・判官の怒りが薄められたような気がした。海老蔵・師直は圧倒的な勢いで桃井に卑屈になり、判官に高圧的になり、時に喜劇的に見えるきらいはあったが、「海老蔵は今後も師直役者として十分いける」と確信した。菊ちゃんは顔がおとうさんそっくりだったな。でも、徐々にこみあげてきて爆発する怒りというものがあまり伝わってこなかった。
「四段目」
判官と力弥の間に漂う空気は先月の菊五郎×梅枝のほうがずっと濃かった。今月の力弥・右近クンはしかし由良之助を待つ間の悲しげな風情がよかった。
由良之助到着に対面を許す石堂(染五郎)が緊迫感を盛り上げた。菊之助さんは無表情に近く、受信力が私になかったのか、師直に対する怒り、悔しさといった感情があまり見えず、全体に気持ちが盛り上がらなかった。最後、自ら首に刃を当てるやり方は、刃を上に向けて首の真ん中から右上へ引いていたけれど、いつもは首の右側に当てていなかったかしら?(勘平とごっちゃになってる?)
幸四郎さんはせかせかと駆けつけてくるというイメージがあったが、今回は静かだった。泣き過ぎることもなく全体的にはいい大星だったと思うのに、残念ながらセリフがもぐもぐして聞き取りづらく、ところどころ眠くなってしまった。
「道行」
玉三郎さんがとてもきれい。年齢のせいか、役者としての格のせいか、おかる主導という感じが強かった。とにかくビジュアル的に文句なく美しい2人の間にはラブラブの空気が濃いが、先月みたいに浮き立つような感じはなく、暗さをはらんでいるのは、次の五・六段目の悲劇を暗示しているかのようであった。パワハラ・セクハラ老人に、色にふけった美しい若者と、海老蔵さんの2役が面白い。
<上演時間>「大序」53分(11001153)、幕間5分、「三段目」41分(11581239)、幕間30分、「四段目」87分(13091436)、幕間20分、「道行」40分(14561536

|
|

« 来年こんぴらは染五郎さん | トップページ | 南座顔見世夜の部① »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年こんぴらは染五郎さん | トップページ | 南座顔見世夜の部① »