« 播磨屋若手を中心とした研修発表会 | トップページ | 歌右衛門襲名披露興行は延期に »

2013年12月19日 (木)

三升席、どうするか…

1月演舞場の「壽三升景清」、大詰の「解脱」の幕にのみ舞台上に座席(三升席と名付けられている)が設けられるとのこと。
舞台上、すぐ間近で芝居が見られたら迫力たっぷりで、しかも海老ちゃんをそんなに近くで見られるなんて絶対魅力だけれど、集合時間が前の幕の上演中ということは、既にチケットを取った日に大詰だけ三升席で見るというわけにもいかず、では大詰だけのために出かけるかというとそうもいかず、おまけに左右12席ずつ、計24席の申し込みは電話のみだと言うし、ハードル高いなあ。
もっとも海老蔵さんによれば、値段が高くて見られない人のために設けた席だそうなので、もうチケット取っちゃった私が食指を動かしちゃいけないよね。

|

« 播磨屋若手を中心とした研修発表会 | トップページ | 歌右衛門襲名披露興行は延期に »

公演情報」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播磨屋若手を中心とした研修発表会 | トップページ | 歌右衛門襲名披露興行は延期に »