« 気になる…美中年 | トップページ | タモリさん、お疲れ様 »

2014年3月30日 (日)

「空ヲ刻ム者」千穐楽

329日 「空ヲ刻ム者」千穐楽(新橋演舞場)
南座も俳優祭も感想がたまっているけれど、先にこちらを簡単に(再見なので)。
まず口上は。

猿之助:無事千穐楽を迎えられたとのお礼と挨拶を述べた後、「蔵之介にいさんと歌舞伎をやりたいということで始めた企画である。冗談だと思っていいよと返事をしたにいさんにとって初体験の歌舞伎は大変だっただろう(ほんと、蔵さん、お疲れ様でした)。猿之助は嫌いになっても歌舞伎は嫌いにならないでください」。
福士誠治3日目と同じにつき省略。
弘太郎3日目同様、三気のお守りの宣伝。「猿之助さんが書いた『愛』の文字が刻まれ、富士山の麓の太神社でお祓いを受けた富士山のパワーが籠っている。これまでに3900個売れた。今日も限定100個なのでお早めに」。私は「三気のお守り」と聞くと、「三貴子の泉」(さんきすのいずみ:「変身インタビュアーの憂鬱」より)と重なってしまって…。
春猿3日目と同じにつき省略。
笑三郎:初めてのスーパー歌舞伎で初舞台を踏んだ。スーパー歌舞伎は幼馴染、同期の桜みたいなもの。
門之助:演舞場は今日千穐楽だが、来月は松竹座でやる。新幹線に乗ればすぐだからお待ちしています、とカミカミで(どうした、門さま)。
浅野和之3日目みたいにちっとも口上を述べようとせず、みんなに「浅野さ~ん」と声を掛けられるとやっと顔を上げた。「初めて演舞場の舞台に立つことができて嬉しく存じます」と大真面目。
猿弥:本来、浅野さんは口上を言わないはずだったものだから、猿弥さんがあわてる羽目になった。「段取りにないことを言うので」と苦笑い。そして3日目と同じ口上を。
寿猿:師匠猿翁はスーパー歌舞伎第1作として「ヤマトタケル」をやり、自分も出た。あれから28年、光陰矢のごとしである。師匠の甥・四代目が新しいスーパー歌舞伎を作り、一緒にできることは嬉しい。
笑也:何度も見たいお客さんもいると聞いた。門之助さんも言ったが、大阪へいらしてください。
右近3日目と同じにつき省略。
佐々木蔵之介3日目とほぼ同じ口上にプラス、さっきの猿之助さんを受けて「猿之助さん大好き、歌舞伎も大好き。スーパー歌舞伎限定屋号『笹倉屋』もいただいた(後で、色々声がかかってわかったのだが、浅野さんは「斎高屋(なりたかや)」、福士さんは「相模屋」)。

さて、芝居は3幕すべてが3日に比べて5分ずつ短縮されていた。細かい記憶がけっこう薄らいで、どこがどう短縮になったのかはわからなかったが、第一幕に関して言えば、確かに初見の時ほどのくどさ(観念的すぎるという意味で)は気にならなくなっていた。しかし、そうしたら逆に、聞く耳持たずの十和がちょっとヤなヤツに見えてきてしまった。自分のことしか考えない性格の十和に不快感さえ湧いてきていたら、二幕目で吾平(猿弥)が強烈にそれを批判していてすっとした。この批判に十和本人も自分の性格をはっと認識し、反省。それで、これまでの十和と新たな十和との対比を浮き彫りにするためだったのかなあと思ったりした。
それと、数馬の動機付けがちょっと弱くなったような気がした。
福士クンの伊吹にはやっぱり泣かされるな。

この日、やや貧血気味で体調が悪かったせいか、前回ほどの感動はなかったが、「チーム澤瀉」の力には魅せられた。猿翁さんが倒れてから澤瀉屋を支え続けてきた人たち、役者さんから裏方さんに至るまで、そういう人たちの存在を改めて強く強く感じた。とくに右近さんには澤瀉屋の大黒柱としての風格が見え、不動明王になった右近さんは私の目にはまさに澤瀉屋の大黒柱に映った。新しい猿之助が誕生して、右近さんの役柄はこれまでと変わるかもしれないが、大黒柱であることに誇りをもって、澤瀉屋の発展のためにますます活躍してほしいと願わずにはいられなかった。
カーテンコールは5回。1回目は一通り、予定にあったもの。2回目は端役に至るまで11人が前に出てお辞儀。これはこちらにも嬉しいことであった。黒衣も裏方も全員出てきた。頭ではわかっていたものの、これだけの数の裏方さんが舞台上に揃うと、この芝居がどれだけのパワーで作られていたかが実感できるというものだ。そして猿之助さんが裏方さんの1人1人に感謝していることが感じられて胸が熱くなった。
3
回目は花道から作・演出の前川さんが登場し、舞台へ。
4
回目は、待ってました!! 猿翁さんが椅子に座って舞台中央にいらした。拍手の嵐の中、幕が下りたと思ったら又すぐに上がって5回目のカーテンコール。猿翁さんは相当痩せておられたが、去年の印象とそう変わらず、「私の履歴書」最終回結びの言葉「私にはまだやることがいっぱいある」を私は思い出していた。
<上演時間>第一幕55分(11001155)、幕間30分、第二幕75分(12251340)、幕間20分、第三幕80分(14001520
筋書き1800円はちょっとイタイmoneybag

|

« 気になる…美中年 | トップページ | タモリさん、お疲れ様 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気になる…美中年 | トップページ | タモリさん、お疲れ様 »