« ホワイトデーのお返しには:解答編 | トップページ | 「空ヲ刻ム者」:口上 »

2014年3月 8日 (土)

継承と新たなる挑戦:「空ヲ刻ム者」

37日 「空ヲ刻ム者」(新橋演舞場)
このタイトルを見た時、私は「くうをきざむもの」と読んだ。そうしたら「くう」ではなくて「そら」だったのだけど、でも芝居を見ていたら、「くう」でいいのだとわかった。

まず口上があった(内容は後ほど)。猿之助さんから上手へ福士・弘太郎・春猿・笑三郎・門之助さんへ、そして下手の浅野和之さんへまわるのだが、ちょっとトラブルがあって(シナリオにあるトラブル)浅野さんは口上を述べず、猿弥・寿猿・笑也・右近・蔵之介から猿之助さんへと戻る。最後、全員の台がす~っと後ろへ引っこむも、浅野さんの台だけ取り残され、そのまま大道具さんの舞台設定が始まり、浅野さんは邪魔だと邪険にされながら芝居が始まっていく。

仏教、仏像をテーマにしたこの芝居は猿之助さんならではのものであり、宗教観という非常に観念的なで、しかもストレートなメッセージが前面に出ており、歌舞伎としては馴染のない内容であると思うが、これだけのレベルの芝居にしたのは前川さんの脚本、そして仏教に造詣の深い猿之助さんだからこそだろう。しかも、他の役者さんたちもみんな人物を自分のものにしていて、見ている方は人物像をしっかり捉えられるし、言いたいことも自分なりに消化できた。
1
幕目はやや観念に走り過ぎていたのと、根本にある「民の困窮」状態に切実感があまりなく、退屈しかけた(でも、全然眠くならなかった)。むしろ十和(猿之助)が村にいられなくなった経緯のほうが印象的で、その後「民のため」は宙に浮くのではないかと危惧したが、芝居の芯にブレがないためにそれは杞憂に終わった。また、十和の疑問は私自身も時々考えることであり、よくわかった。そして私はこの芝居の間、ず~っと311を考えていた。先日NHKの番組で見た気仙沼聖書が頭に残っていたせいもあるだろうが、「受け入れる」ことの意味に感銘を受けるものがあったからかも。

2
幕目からは歌舞伎の要素がふんだんに取り入れられ、3幕目では蔵之介さんと猿之助さんのダブル宙乗り(同時にだけどそれぞれ別に吊られ、最後は2人で手をつないで宙乗り小屋へ)に場内は興奮の坩堝と化す。立ち回りでは弘太郎さんと龍美麗さん(かな?)のダブル戸板倒し、カメちゃんの逆戸板倒し(?)というか戸板上がりというかの大技に歓声が上がった。また、十和が一馬(佐々木蔵之介)のために彫った仏像が納まった厨子の扉を開けると中から勢いよく紙ふぶきが吹き出し、思わず息を呑み、次の瞬間には「わ~っ」と声を出さずにいられない。さらにはこうした場面に限らず、時々「きゃぁっ」というアイドルに対するような声が聞こえてきて、おお歌舞伎の観客も変わったものだなあ、猿之助さんは又新しい客層を開拓したのかもしれないなあと思った。

十和の抱えている疑問は私も時々考えることであり、よくわかる。それが若者らしい頑なさで過激な行動に走らせるのだが、あまりの頑なさにこちらがイラつくことさえあった。しかし、それは十和が本当の仏に気づくためには必要なものであったのだろう。十和の頑なさが強ければ強いほど、喜びも強くなるのだ。1幕目がやや退屈であった理由の1つは、仏像についての問題がこの物語のきっかけとなりながら、仏像がほとんど出てこなかったことが観念的すぎたのではないかと思っていたが、実体を見せないことが狙いだったのかもしれない。そして最後に十和がたどり着いたものは、八百万の神に通じるものがあると思った。それにしても、時々ヤマトタケルのカメちゃんに重なる部分もあったりしたのは、こちらの見る目のせいか、それともやはりどこかに土台としてそれがあったのだろうか。笑三郎さん(母・菖蒲)はヤマトタケルの叔母・倭姫に重なるし。死を受け入れ、静かに十和を見守る姿は慈愛に溢れていたが、1回だけおっかない声を出したのでビックリした。

十和が九龍(右近)と出会い、導かれていく過程では、三代目が倒れた後澤瀉屋を引っ張ってきた右近さんと新しい澤瀉屋の屋台骨となった四代目との実際の姿に重なって胸に迫るものがあり、大変感動的であった。全体的に澤瀉屋への四代目の思いが感じられた芝居であり、それだけに月乃助さんの姿がないのはとても残念で寂しいのであった。なお九龍が不動明王となって復活したのは澤瀉屋の主筋たる成田屋へのオマージュではないかと思ったが、穿ち過ぎであろうか。



佐々木さん、浅野さん、福士さん、まったく違和感なく歌舞伎の世界に溶け込んでいた。
浅野さんは女祈祷師・鳴子役ではあるが、狂言回しとしての役回りでもあり、物語を説明したり、重苦しくなりそうだったり難しそうな雰囲気を笑いでやわらげたりして、浅野ワールド全開であった。
福士誠治さんの伊吹という役は、2010年亀治郎の会で福士さんが演じた牙次郎(「上州土産百両首」)を思い出させる。2幕目では完全に重なった。伊吹は十和の身代わりとなって腕に傷を負うのだが、そこからばい菌が入って毒素が体全体にまわり、やがて息絶える。傷がとても痛そうで可哀想だった。息絶える場面の伊吹はますますピュアになって美しく、泣けた。福士さんの目尻からも一筋の涙が流れていた。後に、十和の亡くなったお母さん(笑三郎)とともに十和の心の中に復活するのでちょっと救われた。
蔵之介さんは若者らしい行動力、清い初志を封じ込めて「民のために」を大義名分に権力側に取り込まれていく「便利な男」を忌憚なく演じていた。一時は悪の側で働くのだが、化粧した顔がちょっと色悪的で素敵であった。紙ふぶきで初志に帰ったのは「戻り」と言えよう。くらさん、男性とのラブシーンめいたことは初めて? それにしても、重い衣裳・鬘をつけての12回公演で体力的に心配になるが、頑張ってね。
門之助さん(長邦)がとても美しい貴公子なのに悪だったのは嬉しかった。もちろん器の大きい善人貴公子も素敵なのだが、妻の美貌をさえ道具に使う、こういうウラのある腹黒い役は見たことがなかったので私の中で門之助キャラが1つ増えて嬉しかったのだ。
長邦夫人時子の春猿さんはとにかくきれい!! 初めて春猿さんを見た時の衝撃が甦るくらいきれい。時子もワルなんだよねえ。ヒステリックに叫ぶところでは笑いが起きていた。
盗賊の首領・双葉役の笑也さんは相変わらず透明感がある。静かに一馬を見守る姿が美しい。そういえば、盗賊の根城は「ヤマトタケル」の熊襲の根城みたいだった。熊襲のほうは2階部分がつながっていたが、こちらは左右に分かれていた。
大団円のラストのあと、カーテンコールがあった。千穐楽はきっとスタンディングオベーションだろうな。
上演時間を見た時は長いとため息をついたが、4時間半、全然長くなかった。
<上演時間>160分(16301730)、幕間30分、第280分(18001920)、幕間20分、第385分(19402105

|
|

« ホワイトデーのお返しには:解答編 | トップページ | 「空ヲ刻ム者」:口上 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは! 
待ってました!FUJISANのレポ!

ほぼ同じ感想です(^^ゞ
私は初日に拝見したのですが、やはり
初日とあって客席も一体となって凄い盛り上がりでした。

1幕目が特に長く感じましたが、これも
やはり今日から相当刈りこんだようです(某所から連絡あり)
本当に月さんがお出にならないのは残念。
(蔵さんの役が月さんだったらと妄想)

FUJISANは再見されますか?
私が何回いくかは秘密です(笑)

投稿: maroon6 | 2014年3月10日 (月) 00時07分

maroon6様
こんばんは。コメントありがとうございます。
初日にいらしたのですね!! やはり初日を見た友人が興奮してメールをくれました。私も初日を取りたかったのですが、千穐楽を先に取ったのと、何を間違えたか千穐楽は宙乗りから遠い席を取ってしまったので、自分のスケジュールと宙乗り目の前席の取れる日程ということで初日をはずさざるを得ませんでした。
maroon6様はそんなに何回もいらっしゃるのですか!! 秘密っていうことは、そうですよね。羨ましい。

1幕目にだいぶ変化があったとのこと、きっとさらにお芝居が盛り上がることでしょうね。千穐楽までそれを見られないのが残念。

月乃助さん、新派が多くなっていますが、やはり歌舞伎での二枚目ぶりを見せていただきたいものです(私も、ちょっと妄想していました)。もう10年も前のことですけれど「桜姫」の清玄とか、「梅ごよみ」の丹次郎とか、今でもその美しさは忘れられませんもの。

投稿: SwingingFujisan | 2014年3月10日 (月) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホワイトデーのお返しには:解答編 | トップページ | 「空ヲ刻ム者」:口上 »