« 花見に敢えての観熱帯植物 | トップページ | ピンクに心奪われ、照手 »

2014年4月11日 (金)

四代目鴈治郎誕生へ

翫雀さんが四代目鴈治郎を襲名することが決まったそうだ。
おめでとうございます!!
襲名披露公演は来年1月松竹座からとのこと。

|
|

« 花見に敢えての観熱帯植物 | トップページ | ピンクに心奪われ、照手 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!!
そして情報有難うございます
記憶が正しければ、本来なら2005年の坂田藤十郎襲名と同時に翫雀さんが鴈治郎襲名のはずでしたのでほぼ10年待ったかたちになりますね
今でも大阪の方には「鴈治郎はん」という名はあって欲しい名であると思います
その意味でも10年ぶりの名跡の復活は吉報でしょうね
昭和30年代の役者さんには不運や試練が多かったわけですが、ここで明るくして欲しいと思います(同世代として特にその思いは強いです!)
どんな襲名披露の演目になるのか楽しみですね

投稿: うかれ坊主 | 2014年4月12日 (土) 10時47分

うかれ坊主様
こんにちは。
いずれ翫雀さんが襲名するだろうとは思っていましたが、藤十郎襲名と同時にという予定であったとは知りませんでした。10年経って、翫雀さんの芸も円熟味を増してきたと思いますので、襲名はちょうどいい頃かもしれませんね。
演目は「封印切」はかかるでしょうね。今月とてもよかった「曽根崎心中」をぜひ又見たいところですが、藤十郎さんの一世一代ということですから、あるとしても親子ではなく兄弟あるいは翫雀・壱太郎親子共演になるでしょうか。
壱太郎クンの翫雀襲名はまだ早いですかしらね。

投稿: SwingingFujisan | 2014年4月12日 (土) 14時24分

2004年海老蔵、2005年勘三郎の襲名と一緒に坂田藤十郎と中村鴈治郎の同時襲名という計画が2003年ころだったと思いますがまとめて松竹から発表されたという記憶があります
そうですね・・・「封印切」はやっぱり襲名ですから忠兵衛ですよね
八右衛門は仁左衛門さんが付き合ってくれるといいですね(松嶋屋さんの忠兵衛も同じ上方でも演出が違っていて最近観てないですからリクエストしたくなります)
「河庄」(紙屋治兵衛)とか「引窓」(南方十次兵衛)・「沼津」(呉服屋重兵衛)あたりも観てみたいですし、舞踊なら壱太郎との「連獅子」が良いと思います
「曽根崎心中」は壱太郎相手が良いですかね
九平次は是非とも亀鶴でお願いしたいですが、扇雀というのも意外と良いかもしれませんよ

投稿: うかれ坊主 | 2014年4月12日 (土) 18時51分

うかれ坊主様
そうだったのですか。2003年はまだ歌舞伎を見ていなかったので知りませんでした。
上演記録を調べたら、翫雀さんの忠兵衛は意外に多くなく、私は一度も見ていませんでした。私はあまり好きな演目ではありませんが、襲名公演ではぜひ忠兵衛でやってほしいです。「河庄」、「沼津」もいいですね。
扇雀さんの九平次、そうですね、案外いいかもしれませんね。亀鶴さんが大きな役で出られることをひそかに期待しているのですが…。

投稿: SwingingFujisan | 2014年4月12日 (土) 19時46分

亀鶴さんは初代鴈治郎のひ孫です(亀鶴という名も初代鴈治郎の俳名ですものね)
いわば親戚筋でもありますから、大切な役ところを演じていただけると思います
上方歌舞伎の中心の1人になっていく方ですから、大いに期待しています
もし天王寺屋さんが子を授からなければ、六代目富十郎を襲名してもおかしくない方(四代目富十郎の孫)です
そうした血統だけでなく、実力はもうしっかり評価されていると思います
親の「ひき」がないのが、不運ですが、歌舞伎界が彼をもっともっと必要とする時がきっときますよ がんばれ八幡屋!!と言いたいですね

投稿: うかれ坊主 | 2014年4月20日 (日) 12時49分

うかれ坊主様
本当に、おっしゃる通りだと思います。ただ、血筋と実力、そして努力を考えると、これまでももっといい役がついてもいいのにと嘆くことしばしばだったので、心配になってしまいます。でも、そうですね、きっと歌舞伎界が亀鶴さんを必要とする時がくることを信じています。

投稿: SwingingFujisan | 2014年4月20日 (日) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花見に敢えての観熱帯植物 | トップページ | ピンクに心奪われ、照手 »