« 作家・平野啓一郎が構成する美術展:「非日常からの呼び声」 | トップページ | がっくり »

2014年6月13日 (金)

いろんなことがあった今日

結局昨夜は寝るのが0時過ぎになってしまったが、今朝4時に自然に目が覚めた。30分ごろごろした後、久々に雨空でも曇り空でもないことにはっとして、急いで起きて洗濯機をまわし、乾ききっていない室内干しの洗濯物を外へ出し、スタンバイ。
11
分、まさかのオウンゴールによるクロアチア先制。これで面白くなってきた、でもブラジルが負けたら大変。29分、ネイマールの技ありゴールに興奮したりしているうちに、前半45分はあっという間に過ぎた。クロアチアもなかなか侮れない、いいチームだ(関係ないけど、コヴァチ監督、若くてハンサムね~)。
69
分、ペナルティエリア内でフレッジを倒したとしてクロアチアのロブレンにイエロー。当然PKになる。このジャッジについては多くの批判があるが、私もちょっと厳し過ぎるかなあと思った。ただ、ロブレンがフレッジのユニフォームの腕を引っ張っているように見えたし、誤審とまで言っていいのかどうかは私にはわからない。試合全体でけっこう手や肘が入っていたケースが多いような気もしたけど、ヨーロッパでこの程度ではファウルではないのだろう。身体がぶつかり合う激しい試合は見応えあるけれど、どこまでが自然のぶつかり合いでどこからがラフプレーなのか、それを見極めるのは審判だし、初戦のジャッジが大会の基準を決めるというから、西村主審は厳しい線引きをしたんだと思う。その線引きの規準はまた、地域文化、人によって異なるんじゃないだろうか。 FIFAの判断は、この後西村さんが笛を吹く機会があるかどうかでわかるだろう。
PK
を蹴ったネイマールはひどく緊張しているように見えたが、決めたボールはすごかった。GK飛んでたのに、内側に弾かれた。1本目といい、やっぱりネイマールはスターだね。
83
分のキーパーチャージで認められなかったクロアチア幻のゴールはよくわからなかった。
今日は国立劇場行きなので、試合後、普段は食べない朝食を軽く摂る。仕事を少しして、そろそろ準備という時に、終演時間を確かめようとしてがくっ‼ てっきり12時開演だと思っていたら、なんと14時半だった。又やっちゃった、というか事前に気がついてよかった。
国立行きの電車内では爆睡。「ぢいさんばあさん」でも少し寝た。
そして帰り、多分誰よりも早く国立の敷地を出て小走りに半蔵門駅に向かい、ちょうど間に合った電車に飛び乗った。ところが…次の駅名アナウンスを聞いて愕然。反対方向に乗っちゃった。17時前に南北線に乗りたかったのに、大幅なタイムロス。半蔵門線って、いっつもどっちに乗ったらいいかわからなくなっちゃうのよね。半蔵門線だけはどうしても路線図が消化できていないのだ。というわけで、17時を過ぎて混み始めた電車でともかく無事帰宅した。という1日でした。
明日は4時からスペイン×オランダ、日曜日は7時からイングランド×イタリア、10時からコートジボワール×日本を見る予定。ワールドカップ期間中、仕事と観劇とうまく鼎立できるかなあ。

|
|

« 作家・平野啓一郎が構成する美術展:「非日常からの呼び声」 | トップページ | がっくり »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作家・平野啓一郎が構成する美術展:「非日常からの呼び声」 | トップページ | がっくり »