« やっぱり強い | トップページ | 国立劇場来年初春は »

2014年7月28日 (月)

七月松竹座夜の部

722日 第23回関西・歌舞伎を愛する会 七月大歌舞伎夜の部(松竹座)
今まで松竹座っていうと、夜の終演が早くて日帰り可能だったのに、今回は850終演。やむを得ず、「女伊達」はパス。昼の部の「天保遊俠録」もパスしたので、孝太郎さんはまったく見ず、になってしまった。
「沼津」
前半はややお昼寝タイムになってしまった。言い訳その1 : 朝から何も食べていなかった。新幹線で食べるにはおなかにあまり自信がなかったのでやめたし、食べると絶対眠くなるから終演まで何も口にすまいと決めていたのに、遠征して駅弁食べないのは寂し過ぎると新大阪駅で駅弁買ってしまった。それを昼夜の間に食べたのが敗因①。言い訳その2 : 十兵衛と平作が客席廻りをする場面はま~ったく見えないので、その間に目を瞑っちゃったら、そのまま眠気に勝てなくなった。
というわけで、もったいなかったけれど、2人が客席に下りて以降気がついたら、もうとっくに平作の家に着いて、泊まることも決めた後。ま、この配役は去年国立で見たからという気の緩みもあったかも。千本松原での翫雀さんと藤十郎さんの絡みは去年よりよかったかもしれない。幼い頃に養子に出された十兵衛の、それなりに苦労したであろう気骨、父恋しさと義理立ての板挟みの苦悩が伝わってきたし、平作の息子への思い、娘への思いも翫雀さんの抑えた演技の中で切なかった。ただ、扇雀さんのお米はやや情が薄くて、盗みにまつわる場面の感動は削がれた。扇雀さんは昼の部もイマイチだったが、疲れていたのだろうか。もっとも、全体的にはコミカルな前半があってこその後半の悲劇かな、と自分としては思った。
そういえば、以前、お米の帯の締め直しには、二重の奥で隠れてやるのと、平舞台で観客の前でやるのと2つの型があるとコメントをいただいたことがあるが、今回の扇雀さんは、二重の真ん中で締め直していた(国立ではどうだったかしら)。
棒鼻での旅人たちの様子は私にとってはやや面白みに欠けたかも。しかし寿治郎さんの荷持安兵衛は素晴らしい。まず雰囲気がその時代のその人そのものだし、荷物を肩にかけた時のバランスの崩し方が絶妙だった。荷物の持ち方で言えば、翫雀さんもいかにも荷の重さを自然に感じさせてうまかった。
「身替座禅」
こちらにも一巴太夫さんがご出演。
仁左様の山蔭右京は、五色幕が上がってさっと舞台に出てきた時のスッキリとした美しさが格別。翫雀さんは普通の化粧で、奇をてらっていないところがいい。最近の玉の井はそういう傾向にあるような気がするが、そのほうがいい。
仁左様の右京も客受けを狙うのではなく、怖い奥方の目を盗んで一夜を楽しく過ごしたその嬉しさが本当に男の可愛さとして出ていて、右京がにやけるたびにこちらもにやけてしまうのであった。玉の井の、会いに行きたいって正直に言えば行かせないものでもないのに、というセリフを私は好きで、そこに玉の井の愛と悲しみの混じった複雑な気持ちを感じるのである。
橋之助さんは外に発散するタイプの役者さんだと思うので、太郎冠者みたいな役は明るくて似合っているのに、やっぱり声に耳障りな部分がある。
梅枝クンの千枝がめちゃめちゃきれいではっとした。

「豊志賀の死」
前に福助さんで見た時も怖かったけど、時様も怖かった。上品だし、福助さんみたいに絡みつくようなねっとり感はないのに背筋がぞくぞくして寒くなった。怖いものは怖いんだと思った。客席のあちこちで「きゃっ」と悲鳴が上がっていたが、菊ちゃんの怖がり方に同化して私も思わず声を出してしまった。
豊志賀に憑りつかれてしまった新吉がかわいそうで、早く解放してあげて~と心から祈った。そして、新吉ばっかり怖い思いをして、それがちっともわかっていなかった伯父さん(竹三郎)が最後に新吉と同じ恐怖を感じて、ほっとした。そう言うのも変だけど、誰かわかってあげて、っていう気持ちだったから。伯父さんは本当にいい人で新吉のことを親身になって考えてくれているだけに気の毒だったけれどね。
萬太郎クンの咄家さん蝶が意外に(と言っては失礼だが)大健闘。萬ちゃん、鈴々舎馬桜さんに習っていたようだ。
<上演時間>「沼津」105分(16001745)、幕間30分、「身替座禅」55分(18151910)、幕間15分、「豊志賀の死」60分(19252025)、幕間10分、「女伊達」15分(20352050
終わって一応トイレに寄ってから松竹座を飛び出したにもかかわらず、予定していた最初の地下鉄に乗ることができ、おかげで一番早い2100発の新幹線にも乗れて(2110新大阪発というのを検索していったのだが、実際にはそんな新幹線はなかった。何見ていたんだろ、私。のんびりしないで21:00発に間に合ってよかった。しかも自由席座れたし)、東京へ戻ってからの乗り換えも走りまくって一番早い電車に乗れ、多分最短時間で帰れたと思う。


140728lunch

眠気の原因の一つ。

|
|

« やっぱり強い | トップページ | 国立劇場来年初春は »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱり強い | トップページ | 国立劇場来年初春は »