« ファンタスティックコメディ時代劇:「超高速参勤交代」 | トップページ | 死闘の末にコスタリカ散る ; オランダ監督のすごい采配 »

2014年7月 5日 (土)

記念すべき7月5日

①歌舞伎座に行ったら、やけに報道陣が多い。中車さんの歌舞伎座初お目見えにしては、ちょっと様子が違うなあ→黒服の人が何人かいる→中に入ったら、正面にも報道陣が。そして、客もたくさんたむろしている→歌舞伎座の人に「どなたがいらっしゃるんですか」ってきいたけど、教えてくれなかった→しばらく大間で待っていたけど、「立ち止まるな」とか注意が厳しいので、2階へ→ 安倍首相とケネディ大使がいらっしゃるらしいとの情報を耳にする→開演5分前になった。私の席(3階東側)からは1階も2階もよく見えるからと、着席→開演自時刻直前、噂どおり、安倍夫妻とケネディ夫妻がいらした。1階席の人は、堂々とVIPの前でカメラを構えている。VIPは昼の部を全部ご覧になってお帰りになった。歌舞伎美人に写真が出ています→ココ
②中車さん、三河屋義平次の役で歌舞伎座初登場。感想は後ほど。
③終演後、私は埼スタへ急がねばならぬ。終演予定の15:05を10分ほど過ぎて終わったので、VIPをお見送りせずに(野次馬の私なのに…)東銀座駅へ走る。後楽園での南北線1分乗換を狙って走りまくって、ぎりぎりセーフ。
④埼スタは、「山田暢久引退試合」。もう、懐かしい選手いっぱいで泣きそうになった。詳細は後ほど。ナマ長谷部マコちゃんheart04、どのくらいぶりに見ただろう。こういう場にいると、やっぱりレッズサポはやめられない(って、ここのところすっかり埼スタご無沙汰の私が言ったらおこがましいけど)。
⑤久々にサッカー仲間とbeer 引退試合のセレモニーで、犬飼元社長がノブヒサへのはなむけの言葉として。「CWCで優勝」なんてぶち上げたものだから、補強は誰がいいとかから始まって、今ワールドカップの話で盛り上がり。ネイマール骨折って話も聞いたけど(私、録画まだ見てないから)、なんと第三腰椎骨折だそう。本当に心配だ。大事に至らねばいいが(もう大事に至ってる…)かわいそうネイマール…。ちなみに、「クローゼほしいよねえ~」が仲間の合意。あとはトッティの名前もあがった。クローゼが来たら、私、シーチケ買っちゃうよdash

|
|

« ファンタスティックコメディ時代劇:「超高速参勤交代」 | トップページ | 死闘の末にコスタリカ散る ; オランダ監督のすごい采配 »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

FUJISAN様
こんにちは。私も昨日初日、歌舞伎座昼の部おりました。ニアミスでした。朝ついたら、SPがいっぱいで何事かと思い、松竹の方にお聞きして判明しました。私は2階の大間を見おろす手すりから、ケネディさんと安部さんを拝見しました。お二人がご覧になっていた席は1F7列目の真ん中でしたので、いわゆる「とちり」の一番良い席でした。皇族他VIPは通常2F最前列が多いので異例ですね。警備の問題をクリアするのが大変ですよね。
 夏祭り、ご感想前に一言、「殺し場」の海老蔵、気合十分堪能しました。セリフがどうのとかいわせないのは従来どおりですが、すこしセリフが改善されたような気がしたのは、私の気のせいでしょうか。対する中車、大健闘だったと思います。セリフ、しぐさに観客が敏感に反応し、中車への応援の温かさを感じました。泥田に死体で落ちる時に拍手がきましたものね。

投稿: レオン・パパ | 2014年7月 6日 (日) 13時02分

レオン・パパ様
こんにちは。コメントありがとうございます。
まあ、昨日はニアミスでしたのね。2階の手すりは人がいっぱいで、2列目からしばらくみていたのですが、あの中にレオン・パパ様もいらしたんですね。松竹の方、よく教えてくれましたね。私は歌舞伎座の人に「私も知らないんですよ」と軽くかわされてしまいました。
安倍さんたちの席、「一番いい『とちり席』ね」と私も思いました。私は3階東の一番端の席でしたが、すぐ後ろ(というか斜め横?斜め後ろ?)にSPが1人座っていました。西側の同じ位置にもSPがいました。SPの人はこんな面白いお芝居で、客が湧いても舞台を見てはいけないんだろうな、と時々気になってしまいました。

夏祭りのご意見、まったく同感です。手に汗握りました。中車さん、とてもよくやっていたと秘かに胸をなでおろし、思いっきり拍手しました。レオン・パパ様がご覧になっても合格点のようで、安心しました。

投稿: SwingingFujisan | 2014年7月 6日 (日) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファンタスティックコメディ時代劇:「超高速参勤交代」 | トップページ | 死闘の末にコスタリカ散る ; オランダ監督のすごい采配 »