« 八月歌舞伎座第二部 | トップページ | 古い建物に古い東京を懐かしむ »

2014年8月21日 (木)

第20回稚魚の会歌舞伎会合同公演

814日 歌舞伎会稚魚の会合同公演初日(国立劇場小劇場)
20回という節目の今年はAB班に分かれることなく全体で「菅原伝授手習鑑」の通し。4時間半以上という長丁場だったが、見るにはこのほうが楽かも。
この公演の指導者でもある吉右衛門さんと又五郎さんがVIP席でチェック。また右近さん・喜昇さんが一門の活躍を座席で見守っていた。幕間に大好きな吉之助さんが立っていらしたのでよほど声をかけようかと思ったけど、やっぱりなかなか…ね。
「車引」
梅王丸(吉二郎)と桜丸(竹蝶)。最初の出がこの2人なのでちょっとどきどきしたが、2人とも落ち着いてなかなかいい出来だった。
吉二郎さんは稚気に溢れ勇猛、竹蝶さんは体の線で女形のやわらかさを見せながら一方で意外と男らしい。
松王丸の音之助さんは、見るからに緊張して、汗が目の縁の紅を何筋にも垂らしていた。しかしこの時は時平の家来として梅王・桜丸と争いながら、寺子屋の松王に一本通じる道があるように見えて、よかった。
杉王丸(松悟)は力強く小憎らしくてとてもよかったが、身体がちょっと揺れるのが残念だった(長時間力を入れたまま身体を静止させなくてはならない杉王丸は、以前から大変な役だと思っていた)。
時平(音蔵)は顔も体も小さくて、優しい感じがするため迫力にはやや欠けるものの、今年の国立劇場研修発表会で注目した音蔵さん、さすがにセリフの大きさでカバーしていた。
金棒引の新十郎さんはご馳走。気持ちよく声を張り上げていて、こちらも気持ちよかった。
「賀の祝」
梅乃さん(松王女房千代)のしっとりとした上品さ、春希クン(桜丸女房八重)のはかなげなかわいらしさ。贔屓の役者さんが揃って、こちらは目にご馳走。升吉さん(梅王丸女房春)と3人の仲の良さが、後の喧嘩や白太夫の怒りや桜丸の悲劇を知っている身には切ない。
白太夫の錦二郎さんは、顔は若いが描いた皺は違和感なくそれなりに年寄りに見えた。何とか息子を救いたいが桜丸の定めを知った白太夫のせめてもの鉦と念仏は悲しく、筑紫へと旅立つ覚悟もよかった。
桜丸(伊助)の切腹は、首に刀を当てた時から泣けた。梅王丸(喜猿)が戻ってきて又泣けた。
松王丸(喜之助)は、やはりここでも「寺子屋」に通じる本心があるような気がした。「車引」にしても「賀の祝」にしても、松王丸が「寺子屋」を意識しているんじゃないかと感じたのは初めて(なような気がする。最近忘れっぽいから)。

「寺子屋」
桂太郎さんの涎くりがかわいい。見た目も子供っぽいが、役の心を摑んでいるて、とても合っている。寺入りから始まるので下男の音蔵さんとのオウムがあり、2人がうまいのでとても面白かった。涎くりの父親は新十郎さん、こっちもご馳走。
この後は箇条書きで。
・千代(春之助)が隣村へ行くと、立ち上がったとたん、泣けた。
・松王丸(又之助)は首桶の蓋の上に両手をついてしっかり首に目をやっていた。その心情たるや…。
・無事に首実検が終わり、若君を押し入れから出して夫に「もし」と促す戸浪(松寿)のほっとして嬉しそうな顔。
・緊張が解けて立てなくなる源蔵(吉六)の様が自然で、こちらも思わずほっとする。
・と、危機を乗り切った夫婦の束の間の安心は千代が戻ったことで破られる。一難去ってまた一難の夫婦の心持が手に取るように伝わる。千代と源蔵の駆け引きが緊張をはらんで見ごたえあった。
・小太郎はどうしているかと尋ねる千代。「奥で子供らと機嫌よう遊んでおりまする」と源蔵。それを聞いた千代はほっとしたような、「えっ?!」というような複雑な表情。うまい。
・「寺子屋」だけで見ても、松王丸の号泣にはこちらも泣けるのだが、「賀の祝」から通すことで、「桜丸が不憫でござる」がより活きた。
・戸浪の松寿さん、緊張のせいか、紫の着付のあちこちが黒くなるほど汗びっしょりだった。なんか、「戸浪って、つよ~い」という気がした。
・小太郎に手を合わせる源蔵に、すまなさと感謝の念が深く感じられた。
・いろは送りで「待ってました」の掛け声がかかった。本来、義太夫に対する「待ってました」だそうだから問題はないのだろうが、悲しい物語が粛々と進む中でのこの掛け声に違和感を覚えないわけにはいかなかった(これまで何回も「寺子屋」を見てきて、「待ってました」に気づいたのは今回が初めてかも。私が見るときには声がかからなかったのか、かかっても聞き過ごしていたのか)。

ふだんはセリフのない役も多い役者さんたちが大役を得て、それぞれの芝居の心を摑み真摯に演じるから、白熱の面白い舞台ができあがる。年を経るに従い、暑くて億劫だなあという気持ちも起きては来るが、やっぱり夏のこの公演観劇はやめられない。

<上演時間>「車引」30分(12001230)、幕間30分、「賀の祝」85分(13001425)、幕間25分、「寺子屋」105分(14501635

|
|

« 八月歌舞伎座第二部 | トップページ | 古い建物に古い東京を懐かしむ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八月歌舞伎座第二部 | トップページ | 古い建物に古い東京を懐かしむ »