« ルパンにしてルパンにあらず? | トップページ | 面白かったぜ伊賀之亮、楽しかったぜ舟木一夫 »

2014年9月16日 (火)

地震の時

演舞場にいました。怖かった!!
3階席のせいか、本当にひどく揺れた。しかも長かった。
客席が騒然とする中、舞台ではひとつも慌てることなく舟木一夫さんと林与一さんの芝居が進み、地震もおさまって幕がおりた時には、2人に大きな拍手が送られた。
揺れている間は、あの時の状況が甦り、帰れなくなると大変だから、コンサートは聞かないで帰ろうと思っていた(というか、気が萎えて、後ろ向きになった)。そうしたら幕間に震源地と震度(「東京都中央区は震度3です」)と「当劇場は耐震になっているので大丈夫」というアナウンスが入ってちょっとほっとした。でも又来るかもしれない。今日は水分も携帯非常食も家に置いてきてしまったので(携帯の充電器も含めた非常用の小袋一式忘れてきた。どうりでいつもよりバッグが軽いと思った。気が緩んできているな)、残るにしても帰るにしてもまず非常時の準備と思い、外へ出てコンビニへ。
外がなんでもなく落ち着いていたので、またちょっとほっとした。そして、帰っちゃったらどんな時でも客のために歌う舟木さんに失礼だと思い直し、再び着席。
コンサートでは、舟木さんが「地震の中、お越しくださってありがとうございます」(地震の中、来たわけじゃないけど…)、「前にも地方公演で『瞼の母』を淡路恵子さんとやっているとき揺れて、会館の非常ベルは鳴るし、大変でした。でも舞台では平然と『おっかさん』とやってるわけですよ」って。やはり上演中に揺れるということは時々あるみたいだ。
歌を聞かないで帰らなくてよかった。

お芝居と歌の感想は後ほど。

|
|

« ルパンにしてルパンにあらず? | トップページ | 面白かったぜ伊賀之亮、楽しかったぜ舟木一夫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

観劇中の地震、私も体験しました。
建て替え前の歌舞伎座で、染五郎さんと松緑さんの「龍馬が行く」上演中でした。
3階で揺れるし、ミシミシ音するし、ざわついていましたが、お二人は芝居続行。
あの時は本当に怖かった。

投稿: とこ | 2014年9月17日 (水) 19時04分

とこ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
「竜馬が行く」でも大きな地震があったんですねえ。役者さんだって一瞬どきっとすると思うのですが、まったく動揺を見せずに演技を続けるってすごいですよね。
地震は本当にこわい‼ 昨日は久しぶりに全身で怖さを思い出しました。

投稿: SwingingFujisan | 2014年9月17日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルパンにしてルパンにあらず? | トップページ | 面白かったぜ伊賀之亮、楽しかったぜ舟木一夫 »