« 菊花展@川口市立グリーンセンター | トップページ | 立ち上がる羽生選手 »

2014年11月 7日 (金)

世界シェアNo1

今さらなのですが、ずっと気になっていた「日本特殊陶業」。御園座建替えの間、錦秋顔見世歌舞伎が行われる会館にその名を冠している企業です。
会館名は名古屋市民会館の命名権を得てのこと、とは察していたのだが(仙台の「東京エレクトロンホール」もそうだったし)、どんな会社かということは知らなかった。
ホールのロビーに業務の概要が出ていたので興味深く拝見。

141107togyo1
これを見ると、酸素センサ、樹脂ビルドアップ基板、機械工具、電子デバイス用表面実装パッケージ、スパークプラグ、バイオセラミックスなどを作っている会社で、排ガス浄化システムの中核部品である酸素センサ、エンジン着火に必要なスパークプラグは世界シェアNo.1だそう。
141107togyo3
中でも私が興味をひかれたのはスパークプラグ。
141107togyo4
F1カーに使用されていて、これだけレースを制しているから。
141107togyo5
鈴鹿サーキットリニューアルの際には、旧メインストレートアスファルト記念プレートを贈られたそう。ガラスケースの中なので写真がぼんやりしてしまったが、ここには数々の名勝負と歴史が刻まれているんだとか。
歌舞伎を見に行ったおかげで、またひとつ日本の世界シェアNo1を知った。

|
|

« 菊花展@川口市立グリーンセンター | トップページ | 立ち上がる羽生選手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

教えて頂き、ありがとうございました。私も聞きなれない、見慣れない(と言っては本当に失礼で申し訳ないのですが)名前にピンとこなくて、なんだろう…と思っていたのですが、調べるのをさぼっておりました。勉強になりました! 「特殊」って、そういうことだったのですね。日本の技術ってスゴイ!

投稿: はなみずき | 2014年11月 8日 (土) 13時34分

はなみずき様
こんにちは。コメントありがとうございます。
特殊陶業っていい加減に見るとよく覚えられないけれど、きちんと把握すれば「ああ」と納得の名前ですよね。私もちゃんと調べないで、ロビーの案内借用で済ませてしまいました(見づらい写真でごめんなさい)。でも、世界シェアNo1が2つもあるって、本当に日本の技術は素晴らしいですよね。

投稿: SwingingFujisan | 2014年11月 8日 (土) 15時24分

こんばんは
 今月の東京は4座で歌舞伎役者が出るので見に行くのが大変ですが、Fujisanさんは後半集中ですか。私は適当にばらけていますが、スケジュールが混んでいて明治座の昼はパスです。「女 なんとか」は小芝居めいた芝居が多く、いまひとつ食指が動かなかったのです。ただ、ブロガー(好劇家)の間では大変好評のようですね。そうそう「高時」も面白くない典型だと思っていましたが、おもだかや版、飽きさせないみたいですね。またご感想を載せてください。
 で、私は、これまで明治座夜、歌舞伎座昼夜見ましたが、結局は「勧進帳」と「すしや」です。申し訳ありませんがお先にチョット感想を。
 線の細い弁慶かと危惧しましたが、どうしてどうして男性的、というより若きおのこといった雰囲気で結構でした。人気の出始めたいまどきのきれいな相撲取りさんのようですね。(その意味では、この優こそ「一本刀」ですよ)せりふも低めで抑えいつものような高めのかすれ声ではなくお父さんよりわかりやすくききとりやすかったです。
 吉右衛門の義経、何十年前に当時の海老蔵、辰之助との三役変わりでやって以来でしょうか。私は当時から吉右衛門の弁慶がどうしてもみたくて、海老蔵の義経、辰之助の富樫のみの所演をみました。そのため、今回、初見ですが、能面のような不思議な感覚の義経でした。(ただ、能の「安宅」の義経は子方ですよね)。花道の引っ込みは笠に手をかけたので成駒屋系でしょうか。梅玉とはまた違いますが。大幹部の演じる義経の格調はありますが、絶品の梅幸から見てきた身としては、梅玉こそが、当代の義経でしょうね。
 そして、菊五郎の「すしや」、昔から慣れ親しんできた、音羽屋系演出の「すしや」を堪能しました。アンサンブルのよさ、菊五郎劇団の安定感抜群です。そもそも、なぜ高麗屋の追善に音羽屋の演出で洗いあげられた「すしや」と疑問だったのですが、菊五郎が登場して左の眉の上のホクロ(先代萩の仁木と同じ)をみた瞬間、ああそうだったんだと腑に落ちました。江戸系の演出は名優とうたわれた5代目幸四郎がほぼ完成したことに由来するのですから。
 菊五郎が足さばきに年齢を感じさせたものの、前の松緑から伝承した名演技だったと思います。私自身は、泣けるといったことはありませんが、久しぶりに「いい芝居をみたな」という感想でした。幸四郎、時蔵ほか、周りも結構でした。
 

投稿: レオン・パパ | 2014年11月 8日 (土) 17時33分

レオン・パパ様
こんばんは。ご丁寧な感想コメント、ありがとうございます!!
最近、私はリピートしなくなったせいか、後半に集中することが多くなりました。日程的には大変なんですけれどね(゚ー゚;
歌舞伎座は「勧進帳」と「すし屋」とのこと、私は夜の部しか見ないのでニンマリです(予想通りと言いましょうか)。
染五郎さんの弁慶はもちろんですが菊五郎さんの権太も初めてなので楽しみです。その権太、なるほど、ホクロがポイントだったんですね、今月は。教えていただいてよかった、ありがとうございます。
弁慶は私も線の細さと声を懸念していましたが、今回のチャレンジが成功したのは歌舞伎ファンとしても(そして遠藤ファンとしても)とても嬉しいです。「一本刀」は1月に幸四郎さんがやりますが、そうおっしゃられると染五郎さんで早く見たくなってきました!!

投稿: SwingingFujisan | 2014年11月 8日 (土) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菊花展@川口市立グリーンセンター | トップページ | 立ち上がる羽生選手 »