« 我當丈も休演 | トップページ | 12月歌舞伎座昼の部 »

2014年12月25日 (木)

歌舞伎座来年3月演目発表

歌舞伎座公演情報、早い!!
もう3月の演目と配役が、そして4月は鴈治郎襲名披露公演であることが発表になった。
3月は「菅原伝授手習鑑」の通しを昼夜で。
最年長の左團次さんから
最年少の壱太郎・新悟クンまでベテランと若手がまざって、いい芝居を見せてくれそう。

|
|

« 我當丈も休演 | トップページ | 12月歌舞伎座昼の部 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

Fujisan様
こちらにもコメントします。
松嶋屋の「道明寺」何度でもいいですね。今回、覚寿が秀太郎なのも期待です。
 夜の部、若手花形芝居みたいですが、大幹部の過労を避けるためと、若手(中堅?)の成長を促すためには仕方がないですか。白太夫、また左團次ですが、この優、義太夫味が薄いのが弱点、足が悪くなければ我当で見たかったです。

投稿: レオン・パパ | 2014年12月28日 (日) 07時12分

レオン・パパ様
こちらにもありがとうございます。
「道明寺」、期待大ですね‼
とくに覚寿は、老女役ができる役者さんが減っていますし、芝翫さん亡き後は秀太郎さんしかいないんじゃないかと思っていましたら、前回公演では、オドロキの玉三郎さんだったんですよね。今回秀太郎さんは初役かしら。

夜の部が花形中心になったのはおっしゃる通りの理由だと思います。
白太夫、考えてみるとこの役もなかなか役者さんがいませんね。段四郎さんが一度演じられているようですが、ずっとお病気で舞台に立っていらっしゃらないし、我當さんも南座顔見世の途中から1月松竹座も休演ですし…。役によってはあんがい役者層が薄いことを最近時々感じます。

投稿: SwingingFujisan | 2014年12月28日 (日) 12時27分

こけら落としで三大義太夫狂言のうちの「菅原」だけ上演しないのか・・・ひとりでぶつぶつ言っておりましたが、ようやくここで上演ですね

輝国が菊之助というのは抜擢という言葉は当たらないかもしれませんが、ちょっとびっくりでした

松竹が菅原を通しで上演するとどうしてもこの形になってしまいますが、桜丸と八重の亡霊が時平を討つ五段目や、菅丞相の荒事が観られる四段目の口もやって欲しいのですが・・・先年観た花組芝居は大序から五段目まで急ぎ足でしたが上演してくれました(良かったです!!)
国立劇場の再開場の記念公演くらいまで待たないといけませんかね・・・(2か月に分けても良いので実現して欲しいものです)
今回は寺入りがあるようなのでちょっと嬉しいです(3月は観られるかなぁ~)

投稿: うかれ坊主 | 2014年12月28日 (日) 17時59分

うかれ坊主様
コメントありがとうございます。
そういえば、「菅原」の通しは新しい歌舞伎座になって初めてなんですね。
輝国はこれまで富十郎さんや我當さんでしたから、菊之助さんは抜擢と言ってもいいかもしれませんね。

私が知っているのは松竹の菅原ですから、五段目も四段目の口も存じません。とても面白そうなのにどうして上演されないんでしょう。国立劇場の再開場でぜひ、と願います。

3月、帰国できるといいですね。

投稿: SwingingFujisan | 2014年12月28日 (日) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我當丈も休演 | トップページ | 12月歌舞伎座昼の部 »