« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

やっぱりいいな、歌舞伎座は:2月歌舞伎座昼の部

225日 二月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
やっぱり歌舞伎座はいい。奴2人(吉三郎、又之助)が花道を走って出てきたとたん、そう声に出しそうになった。歌舞伎は歌舞伎座でなくちゃという固定観念はないけれど、歌舞伎座が三津五郎さんの居場所であったように、私も歌舞伎に関しては居場所だと思った。でも、3A席がガラガラで寂しい(23日前は1階席にぼこっぼこっと空席が目立ったそうだ)。大向こうもやや遠慮気味に聞こえてきたし、途中の拍手にも今一つ物足りなさを感じる(熱がこもっていないというわけでもなく、拍手のタイミングを逸しているのか、あるいは人の少なさがそう感じさせたのか)。
「吉例壽曽我」
花道から近江小藤太(又五郎)、上手から八幡三郎(錦之助)が傘を持って登場したが、ほとんど拍手なし。行儀のよい演技をする2人がガチで顔を合わせきれいな形の激しい立ち回りを見せてくれて、私としてはとても嬉しかったが、やや地味なのかもしれない。でもがんどう返しでは大きな拍手が起こってよかった。又五郎さんは両足揃えて立ったまま、錦之助さんは段違いに足を広げていたので途中で片膝ついて、最後まで頑張っていた。
このあと、舞台中央に赤い消し幕が広げられ、大薩摩の演奏がある。大薩摩を近い上方から聞くせいか、その力強さがびんびん伝わってきて、感動した。
消し幕が取られると、工藤祐経(歌六)を中心に、全部で7人がセリ上がってくる。一番向こう(下手側)に巳之助クン(朝比奈三郎)がいる。それだけで涙が湧いてきた。渾身のセリフ、演技にかかる「大和屋っ」の声、拍手は巳之助クンを力づけたことだろう。
歌昇・萬太郎の五郎・十郎は逆でもよかったかなあ。というのも、萬太郎クンはよくやっていたけれど、やっぱり童顔が気になってしまうから。
それでも様式的、華やかで目出度い演目に、歌舞伎らしさを楽しんだ。
「毛谷村」
菊五郎さん初役の六助は、まずその意欲が素晴らしいし、大らかであたたかく巧まずしてコミカル&ユーモラスな菊五郎さんらしさが六助の人物に合っていてとてもよかった。幕があいて六助が姿を現したときの若々しさにも驚いた。微塵弾正に騙されたと知った時の怒りの表情もいい。しかし庭石をめり込ませるところは、脇から見ていたせいか、怒りの力があまり感じられなかった。
時さまははまり役で、可愛らしさも女武道ぶりも程よい。
菊五郎×時蔵は鉄板のコンビだから、いつもの長年連れ添った夫婦的空気が漂うかと思ったら、そんな空気は微塵もなくて、六助×お園の置かれた状況、心境に応じた距離感、空気感をきちんと醸し出していた。さすがである。許婚とわかってからの初々しい空気は微笑ましかった。
時間の問題もあろうが、一味斎後室お幸(東蔵)の入り込みが上演されればよかったのに。初めて見る人にはお幸の登場は唐突で分かりにくかったんじゃないかな。子役ちゃん、かわいかった。一番拍手を受けていたのは子役ちゃんかも。

続きを読む "やっぱりいいな、歌舞伎座は:2月歌舞伎座昼の部"

| | コメント (2)
|

2015年2月25日 (水)

お別れ

三津五郎さんのご葬儀に参列して、お別れをしてまいりました。
今日は歌舞伎座昼の部観劇だったので、終演後時間的にもちょうどいいと思い、青山に行ったのですが、一番混んだ時間帯だったのでしょう、列の最後尾についてからお焼香まで2時間強並びました。
團十郎さんの時には青山霊園の外側を囲むようにして並びましたが、今日は霊園の中に列ができていました。途中冷えてきたし、挫けそうになったけれど、どうしても三津五郎さんにお礼とお別れを言いたくて…。
巳之助クンは、これまでのマスコミ対応も含めて、立派な喪主だと思いました。これからも応援します!!

三津五郎さんのご遺影、穏やかないいお顔をしていらっしゃいました。それが悲しみを新たにします。
しかし、歌舞伎界は本当に危機的状況にあると思います。歌舞伎座のお稲荷さんに、「もうこれ以上、役者さんをお召しにならないでください」とお参りしてきましたが、聞き入れてくださるかどうか…いや、聞き入れていただかなくては困ります。

続きを読む "お別れ"

| | コメント (4)
|

2015年2月22日 (日)

立ち直れない、三津五郎さんまで

ショックで言葉もない。
あの行儀のいい芝居、もう見られないんだ…。
ただただ、ご冥福を祈るのみです。

| | コメント (0)
|

2015年2月20日 (金)

地球投五郎

218日 六本木歌舞伎「地球投五郎」千穐楽(EX シアター)
海老蔵・獅童だからって一番高い席を取ってしまった六本木歌舞伎。もったいなかったような、これでよかったような…。
破風屋根に定式幕と芝居小屋風な拵えになっていて、舞台から途中まで伸びた花道は、座席が階段になる手前で下手側(4段程度の階段)と上手側(長いスロープ)に分かれる。私はちょうどそのスロープが終わって床になるあたりの真ん前の席。久しぶりの歌舞伎で、「しまったオペラグラスを忘れた」とアセったがオペラグラスなしでも十分に見えた。花道スロープを挟んだ前の席には、この芝居の演出をした三池監督が。そういえば、この日の朝、NHKのニュース番組で「地球投五郎」のことをやっていて気持ちは盛り上がっていたのだが…。
芝居は正直、う~むという感じ。期待の海老蔵、獅童の魅力は残念ながら私にはあまり伝わってくることなく、その一方で歌舞伎役者ではない加藤清史郎クン演じる歌舞伎役者・市川鯛蔵の活躍と魅力の輝きは特筆ものであった。海老蔵ダンナの弟子である鯛蔵は狂言回しのような役どころで、ダンナのことも「獅童」(後述)のこともクールに観察している。後半の与駄役も含め、清史郎クンは役の心をよく摑み、セリフの間がよく、客を相手にした喋りも決められたセリフだとしてもユーモアをきかせて笑いを誘いつつ自然に芝居の世界へ誘う巧みさで、客に媚びることなく可愛らしさも失っていない。完全に芝居をもっていったなという感じ。意外な配役だと最初は驚いたが、「地球投五郎」は清史郎クンの芝居だったと言ったら褒め過ぎだろうか。
芝居はまず市川鯛蔵が花道に現れ、挨拶と注意事項を述べる。海老蔵旦那以外の携帯は電源を切るように。旦那はブログを更新するので大目に見てくださいね。とのこと。鯛蔵が定式幕を開け、この芝居を計画することになる去年の1月演舞場の楽屋風景が展開される。
普通に楽屋にやってきた獅童さんと海老蔵さんが客の前でフリートークをしながら徐々に芝居の拵えになっていく、という発想は面白い。客席に見えるように置かれた鏡はガラスが入っていない素通し。鏡は鏡台の上に置いてあったのだろうが、あまり下を向くという感じではなく、2人とも手際よく仕上げていく(もっとも獅童さんは海老蔵さんが話しかけるからと化粧の手が遅れ、海老蔵さんに急かされてスピードアップ)。化粧が終わると衣裳、鬘をつけて出来上がり。
そのあたりは興味深かったのだけれど、トーク自体はところどころ笑わせるものの大して面白くない。冗長で飽きた。ただ、その中で鯛蔵クンが絡むと面白くなる。鯛蔵は師匠のことは「旦那」と言うが、獅童さんのことは「獅童」と呼び捨て。獅童はどうしようもないヤツだという設定で、さんざん「獅童」を悪く言う。獅童さんも例のごとく悪ふざけの悪乗り。こういうノリは品もよくないし、もうやめたほうがいいと思う。

続きを読む "地球投五郎"

| | コメント (6)
|

2015年2月18日 (水)

美術品がやっと落ち着ける場に:「みんなのアムステルダム美術館へ」

217日 映画「みんなのアムステルダム美術館へ」(ユーロスペース)
2010
年に「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」を見たからには、その続編を見ないわけにはいかない(前回迷いに迷ったユーロスペース、今回はすんなり行けた)。ガラガラだろうとタカを括っていったら、案外観客が多くてびっくり(大変喜ばしい)。前回紹介されたさまざまな問題点を今回も交えながら、遅々として進まないながらやっとオープンにこぎつけるまでの過程の記録を今回も淡々と赤裸々に見せていく。
冒頭、ガガガガとコンクリートの壁を壊していく。こんなに無造作に(見えた)機械をぶちこんでいいの? 古い建物なのに大丈夫? と心配になった。
それでも工事が進んでいるだけいいのかもしれない。とにかく市民:サイクル協会が強い‼ 彼らの強硬な主張のせいで、計画はちっとも進まない。主張はわからなくはないが、美術館側に肩入れしたくなるくらい強い(前の館長はとくにサイクリストとの対立に疲れて投げ出しちゃったんだから)。
新館長も強い。学芸員の意見は結局無視(自分も学芸員だったのに)。エントランス案を蒸し返したのも彼。こんな発言まで見せちゃうの?って驚いたのは、美術館の中を通れなくなったサイクリストたちが美術館の周辺で事故に遭う確率が高くなっているという情報が流れた後に、「あいつら、みんな外を通ればいいんだ」みたいなことを新館長が吐き捨てた時(気持ちはわからないじゃないけどね)。赤裸々。サイクリストもだが、政府機関も問題を複雑にする主張と主張のぶつかり合い。もっとも、ヨーロッパでは建物の規制が非常に厳しくて、一度決まったことがその方面の機関によってひっくり返されることは多々あるらしい。新館長は選ばれた時には張り切っていたけど、だんだん疲れが見えてきた。
でも、もっと疲れていたのはタコだろう。彼は前回の上映で、新館長に選ばれると確信をもっていたのに、ヴィムにその座を奪われ、モーレツに落ち込んでいた。でもコレクション・ディレクターという地位を当てられ「天職」だと喜び、仕事に専心する(よかったね、がんばれ、と応援したくなる)。しかしタコもなかなか思うようにはいかない。オープンに際しどうしてもほしかったスホーンホーフェンの絵画はサザビーズのオークションで高額がつき、断念する。金に糸目はつけない、というわけにはいかないのだ。スホーンホーフェンの別の作品を購入したらしいが、このオークションの様子、電話で指示するタコの冷静な表情は興味深く(きっと胸の中はバクバクだったんじゃないかなと思うけど)、美術品の適正価格について考えさせられた。
前回の建築家との葛藤に加え、今回は内装家とも揉める。内装家はルーヴルなども手掛けたウィルモット。館長とウィルモットとの間に入ってさんざん苦労したウィルモットの助手ホーマン(女性)が最後に「満足」と言っていたのが印象的だった。
ちょっと面白かったのは、会議で使われる言葉がオランダ語だけでなく、英語もフランス語も混じっていたこと。それだけ色々な国の人が関わっているんだなと思った。と同時に、館長もタコも(確かそうだった)、英語もフランス語も喋れるんだ、と感心した(どうも、こういうところに敏感になっちゃうのだ)。
前回もっとも魅力的だったアジア美術の学芸員メンノ・フィッキもそれなりに年をとったなと思ったが、少年のような目は変わっていなかった。
管理人のおじさんが鉄砲を手に誰もいない美術館を上へ上へとのぼっていく。サスペンス。発射音にドキッ。天井裏(?)かなんかに迷い込んだ鳩を撃ったのだった。逃がしてやってもよかったんじゃない? でもこのおじさんは、美術館に一方ならぬ思い入れがあるのだ。美術館は彼の人生そのものなのだ。赤裸々。
とにもかくにも、10年にわたる改修工事が終わって、誰もかれもが満足とはいかないまでもほっとしているのではないだろうか。美術品が落ち着ける場を与えられたのが見ていて嬉しかった。やっぱり美術品は展示されてこそ、って気がした(フィッキが魅せられた金剛力士像だって、そうじゃないかな)。でも、なんか、あの館長の表情を見ていると、自分の気に入らないところはまた改修したい、なんて言い出しそう(失礼)。
<上映時間>97

 

| | コメント (0)
|

2015年2月17日 (火)

ヒカリ博おまけ

150217choco
ヒカリ展のお土産チョコ。案外リアルでしょ。
150217mayu
光る繭。蛍光蛋白質を作る遺伝子をカイコの染色体に組み込んで誕生させたカイコの繭。最初の光るカイコは、オワンクラゲの遺伝子を含むDNA溶液を卵に注射して作られた。そのオワンクラゲの緑色蛍光蛋白質を発見したのが日本の下村脩博士。その功績で2008年ノーベル化学賞を受賞した。
150217dinosaurs
恐竜ビューの科博レストランで
150217hamburg
恐竜の足ハンバーグsmile

| | コメント (0)
|

2015年2月15日 (日)

知らないことを知る楽しさ:ヒカリ展

212日 ヒカリ展(国立科学博物館)
150215hikari1 念願かなってやや駆け込み気味に見ることができた(222日まで)。
光のこと、そっち方面のアタマがぜ~んぜんない私は知らないことを色々知って、と~っても楽しかった。いつも言うように、情報を知らせたい人の熱意はそのままこちらに伝わるものだが、今回の展示もそう。あれもこれも知ってほしい、という熱意がむんむん伝わってきた。でも、とにかくそっち方面のアタマがぜ~んぜんない私(繰り返す)、多分子どもでもわかるように書かれている解説を理解する能力さえないことに改めて気づかされちゃった。
それでも展示はどれも興味深くて、とくに映像で説明してくれるものは文字だけの解説よりずっとわかりやすくて、1本が56分であるにもあるにもかかわらず、夢中で見た。でも、立ちっぱなしなのでとにかく疲れた。途中ほとんど休憩用の椅子もなく、年寄には堪えた(客層は比較的年齢の高い男性が多い。私と同年代の女性もそこそこ。みなさん、とても元気‼)。

光って、波でもあり粒子でもある(これは理解できた)。波長による光の種類(それすら知らなかった)、オーロラの謎(一度実物を見たい。古代人のオドロキ、恐れは如何ばかりだったか)、宇宙の誕生(これが一番興味ある)、宇宙天気予報(そういうものが必要になる時代はすぐそこに来ているかも)、植物と光(光る花)、鉱物と光(光る好物)、光るカイコ(そのカイコから取った繊維も光る、その繊維から作った布も光る)、光る花等々。その中で私があらためて認識を確認したのは、「物体の色は、その物体が反射している光の色である」ということ。これに関しては以前にちょっと本を読んで、ほんの少しわかったようなわからなかったような、だったので興味深かった。
赤外線カメラでは温度の高い部分は白く、低い部分は黒く写る。それを実証できるコーナーがあった。赤外線カメラの前に立ち、胸に数秒手を当ててから離すと、手の当たっていた胸の部分が本当に白くなった。ところが同行者は逆にそこが黒くなったのだ。え~、なんで?と考えた結果(この時は、温度と白黒の関係を忘れていた)、手が冷たいからじゃないかということに思いあたった。彼女は、顔の真ん中もちょこっと黒く写っていて笑えた。これも鼻の頭が冷たいんだって、あとで気がついた。

自分の理解から最も遠い分野のことって、わからないなりに面白い。科博では写真を撮ってもいいのが嬉しいが、ヒカリ展の魅力をうまく伝えられる写真が撮れなかったので、タイトルだけ。

| | コメント (0)
|

2015年2月13日 (金)

我が家の春第1号

150213ume
去年は記録がはっきりしないのだけど、多分2月7日頃、一昨年は2月14日が咲き初めだった。一昨年並みだね、今年は。

| | コメント (0)
|

2015年2月12日 (木)

祝2,222,222人

歌舞伎座来場者数が今日の昼の部で2,222,222名に達したそうだ。
2並びは亡くなった父にも大いに関係あり、達成日予想に応募しようと思っていながら、このこと自体す~っかり忘れていた。忘れていたから何日を予想しようと考えるまでに至らなかった。

こういう数字が達成されるたび、どういうふうにカウントしているのかなと思っていた。1人ずつ入場する場合ばかりでなく数人が同時に入ることもあるでしょ。歌舞伎座では開場時間とともに入場した昼の部のお客全員に記念品が渡されたそうだ。ラッキーなみなさん、おめでとうございます。

自分はちょっと中休み中だけど、歌舞伎人気が高まるのは嬉しいことだhappy01

| | コメント (0)
|

2015年2月10日 (火)

上にご用心

150210bird1
うちのキンカン、食べ放題。カメラをもってそっと忍び寄るが、カーテンを開けようと手をかけた瞬間に飛び立ってしまう。でも、このあたりじゃ上には敵がいないのか、二階からの狙いにはまったく不用心。
150210bird2
ちょっと寒そうだけどうとうと。シャッター音に「ん? どこかで音がしてる?」って感じで一瞬きょときょとするのがご愛嬌。

| | コメント (0)
|

2015年2月 9日 (月)

映画「ジョーカーゲーム」

23日 「ジョーカーゲーム」(MOVIX川口)
原作はもっと頭脳戦中心らしいのだが、映画で頭脳戦は難しいのだろうか、アクション中心になっていた。かなりハラハラドキドキもしたけれど、ラスト20分くらい(10数分?)は「ありえないありえない」、「コナンか!?」「ルパンか!?」とツッコミ連続。原作は漫画だと思っていたくらい。あとで頭脳戦中心の小説だと知ったのだった。
そういうエンタテインメント的荒唐無稽さの一方、この時期に見たので現実と重なる部分があって、いたたまれない気持ちになったことも事実。
適役伊勢谷友介 vs 嶋田久作は見応えあった。亀梨クンは真摯に取り組んでいて好感がもてた。
<上映時間>108

| | コメント (0)
|

2015年2月 8日 (日)

ひと月遅れで1月歌舞伎座夜の部

112日 壽初春大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
150208kabukiza まとまった時間が取れないうちに、もういつ見たんだか忘れるぐらい日が経ってしまったけれど、自分のけじめのためにも簡単に感想を書いておきます。1月の歌舞伎は予定していた浅草と演舞場をインフルエンザのため断念し、この歌舞伎座夜の部と国立劇場の2回だけになっちゃって、と~っても残念。でも、今月は花道の見える席を取ってだ~い正解‼ 七三がちょっとだけ見える席に比べたらストレスがない。とはいえ、毎月そんなに出せないし、もしかしたらドタキャンになる可能性のある3月は花道断念。
「番町皿屋敷」
播磨屋×京屋を巡業で見たのは去年だと思い込んでいたら一昨年のことだった(時の経つのが早すぎる)。
吉右衛門さんからは満たされない旗本次男坊の心持がよく伝わってくる。「伯母さまは苦手じゃ」が聞き心地よくて嬉しくなった。屋敷に帰ってからはさらに若々しく、お菊が割れた皿のかけらを拾って井戸に捨てるまでの一連の動きをじっと追う目に愛情が溢れていて胸が熱くなった。ここまで愛していたお菊に裏切られた怒り、お菊を手討にした後の虚無感というか空虚感というか…屋敷を飛び出して喧嘩に加わらなくてはいられない気持ち、若さを吉右衛門さんは全身で発散させていたと思う。
芝雀さんのお菊は、皿を割るに至る気持ちがちょっと弱いような気がした。巡業の時の方がよかった。お菊って、播磨に倒されてから、ずっと横向きに床に転がっているのだけど、頭を上げたままの姿勢で大変そう。
染五郎さんの放駒は町奴のプライドが見えてよかった。
「青山家」の場で客席が思い切り静かだったのは、張りつめた緊張感のためかかとも思ったが、それにしては少し盛り上がりに欠けるようなところもあった。
京妙さんのお仙について、自分のメモには「なぜ隠れたのか」「出のタイミングがちょっと早い?」と書かれているが、どの場面の何のことか、はっきり思い出せない。隠れた点に関しては、お仙の悪意が見えたような気がしたのは覚えているが、その悪意が唐突に思えたのと、その後は悪意を感じなかったのでなんか中途半端な気持ち。
「女暫」
玉三郎さんの巴御前は声のせいなのか、ニンでないような気がしていたが、今回は意外とすんなり見ることができた。
正月らしい祝祭劇で客席は盛り上がったが、私はつまらないことばかり考えながら見ていた。たとえば、最初の奴さんたちの走り方が、「イッテQ」で森三中がチャレンジしたコサックダンスを思い出させる(失礼‼)。歌六さんの後ろで大きな傘を差しかけている人、立ったまま腹で柄を支えていて大変そうと思いつつ、花道の男女蔵さんに目をやっていたらいつの間にか傘は閉じられていた。
男女蔵さんは、「トリナオシ」で左團次さんとの葛藤を告白していたし、なんだか「あんまり」な状態に愕然としたから(もちろん、テレビを全部そのまま信じるつもりはないけれど、でもやっぱり「あんまり」だ)、今月は出演していてよかった、頑張れと応援する気持ちで見ていた。男女蔵さん自身ももっと積極的に自分をアピールするほうがいい。
團子クンの茶後見、お茶を飲ませて懐紙で口を拭くまで無事に済んでよかった。
手塚太郎(弘太郎)は、あの太郎吉の後の姿か。團子クンは太郎吉をやるには大きすぎる?
舞台番・吉右衛門さんと玉三郎さんの掛け合いは楽しかった。セリフはごちょごちょしていて、あんまり聞き取れなかったけど、この2人が六方のお稽古をしているだけで満足。

続きを読む "ひと月遅れで1月歌舞伎座夜の部"

| | コメント (2)
|

2015年2月 6日 (金)

2日続きで…

2日続きで「マッサン」に泣いた。
鳥井さんのご長男が若くして亡くなったのは、ニッカとサントリーの社史を簡単に調べた時に知っていたけど(あの英一郎が、と思うとショックだった)、ドラマだから…って抱いていた淡い期待はやっぱり甘かった。
大将の言葉、今この時だからこそ、強く胸に響いた。
久々の大将と大阪の人たち。遠く離れてしまった人たちと顔を合わせられるのは葬儀の時だけ、と常々思っている。悲しいけど嬉しい。嬉しいけど悲しい。

| | コメント (0)
|

2015年2月 3日 (火)

第3回ABKAI

今朝見たんだったっけ、それとも昨夜獅童さんの結婚のニュースのときに見たんだったっけ…。
6月にシアターコクーンで(また、渋谷かぁ…)。
今年のテーマは「桃太郎」と「浦島太郎」だそうだ(金太郎が加わったら…smile)。
演出は宮本亜門さん(第1回のはなさかじいさんはあまりピンとこなかったからなぁ…)。

とかなんとか言いながら、見に行きそうな気がする…。

| | コメント (0)
|

2015年2月 2日 (月)

4月歌舞伎座演目発表

鴈治郎襲名公演の4月歌舞伎座、演目が発表になっていた。詳細は→ココで。
昼は「碁盤太平記」、「六歌仙」、「廓文章」、夜は「梶原平三」、「成駒家歌舞伎賑」、「河庄」、「石橋」。
ううむ…。
4月は金毘羅行きたいよ~(今のところ、かなり難しい)。

| | コメント (2)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »