« 2月歌舞伎座千穐楽夜の部 | トップページ | 蓮のお掃除 »

2015年3月 8日 (日)

優しいグエルチーノ

32日 グエルチーノ展内覧会(国立西洋美術館)
150308guercino 湯島天神へ梅見(もちろんお参りも)に行ったのは上野での用件がメインで、というのは前回書いたとおりだが、上野での用件がこれ。
グエルチーノの名前は初めて聞いた。全く知らない画家であまり関心もなかったのだが、実際に見たらとてもよくて、絶対オススメです。
グエルチーノは今回が初展覧会で、日本では知名度が高くないと知った。グエルチーノ(1591-1666)はイタリア・バロックを代表する画家であったにもかかわらず(18世紀、ゲーテに絶賛されていたそうだ)、19世紀に美術の価値観が変わるとともに否定され忘れ去られてしまったのだそうだ。その後20世紀半ば以降再評価されつつあり、最近ではイタリアを中心に大きな展覧会がいくつも開かれているのだとか。
しかし日本ではほとんど知られていない画家の作品でなぜ展覧会が行われたのか。それは内覧会において、西美館長、多くの作品を提供してくれたチェント市立絵画館長やイタリア大使、チェント市長の話でわかる(すでにかなり疲れていたので、はっきりとした記憶はないが、イタリア側ではこのお3方がお話になったと思う)。グエルチーノの生地であり、その生涯の大半を過ごしたチェント市は20125月に大きな地震に見舞われ、市立絵画館は今でも休館されたままだという。東日本大震災を経験した私たちにはその状況が身を以てわかる。この展覧会はチェントの復興事業の一環でもあるのだ。そして、西美はグエルチーノの作品を1点所蔵している。そういう縁もあったようだ。
長くなった前置きのついでにもう1つ。グエルチーノ展にいらしたら、ぜひ音声ガイドを借りていただきたい。こんな画期的な音声ガイドは初めて。借りるときに、音声ガイド該当作品が掲載された1枚のチラシ(音声ガイドシート)が手渡される。ペン型の音声ガイドの先端を作品番号に触れると、ヘッドフォンからガイドが聞こえてくるのである。これにはびっくりした。そして、解説はわかりやすく、かなり長い。展示作品数が少ない(44点。グエルチーノだけでなく、彼に影響を与えた画家、与えられた画家の作品も何点かある)のに、音声ガイドは26件。うち7件は各章の解説で、19件が作品解説。かなり充実している。百聞は一見にしかず、というか、ヘタな説明読むより実行。物珍しさだけでなく、ぜひ借りてみて。
さてグエルチーノの作品であるが、すべて油彩画でほぼすべて宗教画である。しかしこれまで見てきた宗教画とは全然違う。宗教画でございと圧倒してくる押しつけがましさのようなものがまったくない。とにかく優しい。その優しさにふんわり包まれてしまうのだ。すっかり好きになった。これも百聞は一見にしかず、ぜひご自分の目で感じていただきたい。
西美がもっているグエルチーノは「ゴリアテの首を持つダヴィデ」。西美、いい作品持ってるじゃん、であるが、図録の表紙は「聖母のもとに現れる復活したキリスト」(写真)。これはチェント市立絵画館の所有であるが、これもいい作品で、確かに心揺さぶられる。よくぞイタリアから運んできたと感動するような大きな作品もあり、音声ガイドを聞きながらじっくり見るとグエルチーノのよさがわかると思う。
展覧会は始まったばかり。531日までやっている。

|
|

« 2月歌舞伎座千穐楽夜の部 | トップページ | 蓮のお掃除 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

先週。トーハクに行った時、あわよくばこちらも、とは思ったのですが、まったくエネルギーが残ってませんでした。
でも、今日から、フェルメール(帰属)「聖プラクセディス」が常設展示になってるんだとか。鉄は熱いうちに(なんのこっちゃ)……とっとと行きたいものですが。
フェルメールもシェイクスピアも、作品数37、という、ある意味コンプリート意欲をかきたてやすい数ですよね。と同時に、本人の作かどうか意見が分かれる作品の上乗せ分がある、というのも、なんだか面白いな、と。
本題のグエルチーノからはそれてしまいましたが、こちら、実はとても面白そう。そしてすいていればなおよし! はたしてwink

投稿: きびだんご | 2015年3月17日 (火) 14時12分

きびだんご様
こんばんは。
情報、ありがとうございます!!
そんなビッグニュース知らなかったよぉ~。(あ、失礼)
フェルメールとシェイクスピアの共通点、面白いですねeye。 たしかにンプリート意欲をかきたてられる。でも、シェイクスピアは既に竜也クンの「ハムレット」で挫折、見に行かれませんでしたweep 次の機会に…。
グエルチーノはすいていると思います。震災復興支援という意味でも、たくさん入ってほしいのですが。
トーハク、私も行きたいのですが、行きたい行きたいで終わってしまいそうcoldsweats02

投稿: SwingingFujisan | 2015年3月18日 (水) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月歌舞伎座千穐楽夜の部 | トップページ | 蓮のお掃除 »