« 今日の大相撲 | トップページ | SFの町 »

2015年3月14日 (土)

科学と芸術:新印象派展

3.10日 新印象派展(東京都美術館)
上野駅から都美もちょっと遠い(トーハクとそんなに変わらない)なんて思うようになったのは老化のせいか。
スーラは好きだし、点描も好きだと思っていたのだが、これだけ点描が揃うと、なんだか混乱してくる。
ただ、非常に興味深かったのは、色の科学が点描画に取り入れられていたこと。、いや科学が点描画を生んだということ(私は世の中、科学だと思うことが時々ある。芸術さえも科学だ、って)。それと、この展覧会で、印象派→新印象派→フォービズムの流れが具体的にわかったこと。今回理解したこともそのうち忘れてしまいそうだけど、この流れをわかりやすく示したのは、この展覧会の果たした大きな役割ではないだろうか、と個人的には思った。それから、ところどころに表示してある当時のその画家や美術界の状況(っていうのかな)。読まずに通り過ぎてしまいそうだし、読まなくてもいいんだけど、簡潔かつ物語風に記されているので読めば面白いし当時の様子がわかって理解の一助になる。読まないのはもったいない。
クロスの「農園 夕暮れ」、アールヌーヴォーや浮世絵の影響を受けていると言う。アールヌーヴォーはわかった。でも浮世絵の影響って? ???のまま絵を離れて、ある程度の距離を置いて振り返った時、はっとした。それはまさに浮世絵だった。その衝撃が私の中で、この絵を「新印象派展」の中で一番記憶に残る絵画としたのは、かなり意外だった(だって、この絵は今回初めて見たんだもの)。
しかし、点描って根気だなあ。色の点だけで絵画になるってあっぱり科学なのかなあ。すごいなあ。

|
|

« 今日の大相撲 | トップページ | SFの町 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の大相撲 | トップページ | SFの町 »