« 悲しい愛の2作:「十三夜」「残菊物語」 | トップページ | 初めての大道マジックに魅せられる »

2015年6月10日 (水)

テレビから読みたくなる本

宇宙白熱教室(再放送)→わかりやすくてめちゃくちゃ面白くて、苦手な分野であるにもかかわらず、講師ローレンス・クラウスの「宇宙が始まる前には何があったのか?」を図書館で借りてきた。期限内に読破する自信はないけれど…。
歴史秘話ヒストリア→「天上の虹」、読みたい!!  里中満智子は好きな漫画家だったし(彼女のデビュー作「ピアの肖像」は掲載誌少女フレンドで読んでる。以来ファンになったんだけど、もう何十年も漫画読んでないから)。それから途中まで読んで放置してある「日本の女帝の物語」(橋本治)、探し出して読もう。多分最初から読み直さないとわからなくなりそう。古代の系図って複雑すぎるんだもの、名前も読みづらいし。読みかけと言えば、「懐かしのアメリカTV映画」(瀬戸川宗太)も先へ進まなくちゃ。
ところで、図書館で「戯作者銘々伝」(井上ひさし)も借りてきた。ついでに「東慶寺花だより」も借りたかったのに、こちらはすべて貸出し中。予約もいっぱい。やっぱり映画のせいだろうね。

|
|

« 悲しい愛の2作:「十三夜」「残菊物語」 | トップページ | 初めての大道マジックに魅せられる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲しい愛の2作:「十三夜」「残菊物語」 | トップページ | 初めての大道マジックに魅せられる »