« テレビから読みたくなる本 | トップページ | 戯作者銘々伝 »

2015年6月12日 (金)

初めての大道マジックに魅せられる

昨日、上野に行ったら、大道マジックをやっていた。マジック大好きSwingではあるが、チラ見しながら目的地・都美へ。
大英博物館展をたっぷり楽しみ、帰路に着いたら、まだマジックをやっていた。もちろん、吸い寄せられるように観客の輪の中に入り、というよりは人がまだそんなにいなかったのでしっかり最前列に陣取った。
ルービックキューブを一瞬のうちに揃えたり、長さの違う2本の紐の片方を長くしたり短くしたり、までは、まあまあ、という感じ。ところが、コインを瞬間移動させるマジックのwonderfulなこと‼ このマジシャン、クロースアップマジシャンらしいのね。真ん前、目の前、すぐそこでやってるから、しっかり目を凝らして(多くの客が同じように目を凝らしていたに違いない。マジシャンが始めようとして「ちょっと待って‼ みんな、目が…怖い(笑)」ってストップかけたから)見つめていたのに、ぜ~んぜんわからない。もっとも素人がわかるようなマジックじゃしょうがないんだけど。
とにかく見事見事。コインが動くたびに「おお~」「わ~」と声が上がる。
カードマジックも素晴らしかった。
トークも全体にテンポがよくて、外国人のお客さんにも声をかけながら(最初は「英語全然ダメだから」とか言ってたのに、終わりのほうでは簡単な表現ながらけっこう流暢な英語を使っていた。本当はペラペラなんじゃないかしら)、盛り上げていく。お客を使ってのマジックもいくつかあり(「このマジックが成功したらそれは僕の力じゃなくてお客様の力です!!」)、ラストは思いがけない展開に、息を呑んだ。
自己紹介のタイミングもgood。なんていう人だろうって、ずっと知りたかった気持ちが頂点に達したところで、「聖寿と言います」って。結婚式なんかでマジックをしていたそうで(ディズニーシーでもやってたってさりげなく言ってたけど、後で調べたら、ディズニーシーのホテルのレギュラーパフォーマーだったらしい。マジッシャンとしてもエンタテイナーとしても技は確かなわけだ)、それがなぜ大道マジックをするようになったかというと、こういう文化を多くの人に伝えたかったからですって。このトークがけっこう感動的で、応援したくなってしまった。
大道マジックというのは初めて見たけど、実に楽しい。ホテルのマジックショーもそれなりに楽しいのよ。昔、前田知洋さんの追っかけみたいなことをやっていたんだよね~私。インテリジェンス、テクニック、エレガンス三拍子揃った前田さんはセレブになり過ぎて今は遠くなってしまったけど、マジック初恋の人。その後色々マジック見たものの、私の中で前田さんを超える人は知らない。しかし聖寿さんはすごい。そのテクニックを庶民的なレベルで、しかも直球で見せてくれるから、即座にその世界に引き込まれ、その魅力に惹きつけられる。
どのマジックもみんなで見られて、驚きを共有できるし、マジシャンとの感情的距離も近くて、ほんと、楽しかった。機会と運があったら、また聖寿さんの大道マジックに出会いたいな。

|
|

« テレビから読みたくなる本 | トップページ | 戯作者銘々伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
上野にいらしたのですね。あの辺りは都の公認パーフォーマーさんが、演奏とか色々やってます。
私も、何度か見たことががあります。
上野と言えば、広小路の鈴乃屋3Fにきものギャラリーがオープンしました。
今、NHKの大河ドラマの衣装を展示しています。
第1幕は6/28迄 松緑さんの 葵三代 家光、
菊ママ・しのぶさん・松山ケンイチさんのもありました。
第2幕 7/4~26は展示が変わるそうです。
上野にいらしたらよってみてはいかがでしょうか?開館は10~18時 無料です。

投稿: とこ | 2015年6月14日 (日) 22時31分

とこ様
こんばんは。
きものギャラリー情報、ありがとうございます!!リストアップされた大河はほとんど見ていないのですが、歌舞伎役者さんの衣裳は見てみたいなあと思います。機会があったら寄ってみますね。

上野には美術展を見によく行きますが、なかなかそういうパフォーマンスを見る時間がなくて…。以前、どなたかが、ここでは都の公認を受けたパフォーマーが活動しているのだけれど、出られる日が少ないからよく見て行ってね、と客に訴えているのを聞いたことがあります。お天気にも左右されますし、大変ですよね。

投稿: SwingingFujisan | 2015年6月14日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビから読みたくなる本 | トップページ | 戯作者銘々伝 »