« パソコンなしの24時間 | トップページ | 11月の巡業は花形‼ »

2015年7月 9日 (木)

巡業中央コース

629日 松竹大歌舞伎巡業中央コース初日(川口リリア)
地元に歌舞伎が来てくれるのは本当に嬉しい。それなのに、感想がすっかり遅くなってしまった。
初日なりの色々にハラハラもしたが、それも含めての歌舞伎、「河内山」というわかりやすい芝居に、華やかな舞踊という演目だから観客はとても楽しんでいる様子だった。ただ、せっかく各地をまわっているのだから、簡単な口上でもあるといいのにと思った。ず~っと前、亀治郎さんの巡業では口上があって感動的だったなと思い出したので。
「河内山」
橋之助さん初役の河内山は松江邸玄関先でもう少し爽快感があるといいと思ったのと、やっぱり声が耳障り。とくに畳み掛けるセリフは疲れる。それでも間違いなくニンだろう。華はあるし、押出しは立派だし、愛嬌もまあまあ。今後、上演数を重ねれば、いい河内山になると思う。
芝喜松さん(後家おまき)には<らしさ>があった。この<らしさ>が大事なんだよね。
橋吾さんの北村大膳は頑張っていたが、貫禄不足かなあ(若いし、顔が小さいので私のイメージとはちょっと違うだけなんだけど)。とはいえ、セリフは迫力があってよかった。むしろ爽やかな捌き役で見てみたいと思った。
秀調さん(高木小左衛門)は無念だとしてもお家のために敢えてすべてを呑みこむという感じがよく出ていた。
友右衛門さん(松江出雲守)も<らしさ>があってよかった。
宮崎数馬の国生クンは、発声がイマイチ。徐々によくなってはいったが、まだまだ勉強してほしい。
浪路の芝のぶちゃんが可憐‼
「藤娘」
児太郎クンが笠をかぶって最初に出てきた時、顔が福助さんにあんまりそっくりでびっくりした。踊りにはぎこちない箇所が間々あり、そのためか細部がやや雑に感じられた。でも表現力はあると思うので動きと噛み合うとよくなるだろう。
「芝翫奴」
国生クンが全力、汗びっしょりで頑張っていた。こちらもぎこちない箇所があったが、勢いがあって楽しめた。若いとはいえ、体力が大変だろうなあ。長い巡業をしっかり乗り切ってほしい。児太郎・国生の若い2人(敢闘賞)にとってこの巡業が飛躍の源となるよう願っています。
<上演時間>「河内山」90分(14001530)、幕間25分、「藤娘・芝翫奴」40分(15551635

|

« パソコンなしの24時間 | トップページ | 11月の巡業は花形‼ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パソコンなしの24時間 | トップページ | 11月の巡業は花形‼ »