« 熱海五郎一座千穐楽 | トップページ | パソコンなしの24時間 »

2015年7月 3日 (金)

九月秀山祭歌舞伎演目発表

昼の部は
「双蝶々曲輪日記」から新清水浮無瀬の場。
「紅葉狩」
「競伊勢物語」:これは見たことないから楽しみ。
夜の部は
「伽羅先代萩」の通し:玉三郎さんの政岡、吉右衛門さんの仁木弾正は一度見たことがあるが、あんまり覚えていない。あの時は八汐の仁左様に全部もっていかれた気がするから。しかし先代萩も毎年のように上演されているなあ。

|

« 熱海五郎一座千穐楽 | トップページ | パソコンなしの24時間 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
社用で帰国しています(7/4-7/10)
(今日はさっそく「ラッパ屋」の東京公演の楽日を観劇しました・・・愉しかったです!!!!中年パワーが炸裂する共感の舞台でした やっぱり演劇って良いですね)

夜の部は吉+玉ですから「吉野川」(妹背山の通し)を実現して欲しかったですね

「競伊勢物語」は播磨屋さんが予てから「岡崎」とともに実現したいと念じていた演目です
猿之助(現猿翁)が国立で演じたものを観ていますが、愉しみですね
個人的にはちょっと帰って来れられるか微妙で、悩んでおります

投稿: うかれ坊主 | 2015年7月 5日 (日) 18時07分

うかれ坊主様
お帰りなさい。コメントありがとうございます。パソコンのモニターの調子が悪く、やっと別のモニターに替えたところなので、公開もお返事も遅くなってすみません。
そういえば、妹背山の通しはしばらくやっていませんね。8年前に一度だけ見たことがありますが、吉野川の舞台装置となぜか魁春さんが記憶に残っています。
「競伊勢物語」はそういうことだったのですか。これはぜひ見なくては‼ お帰りになれるといいですね。
ご帰国中、お仕事でお忙しいでしょうが、たくさんのお芝居をご覧になれますように。

投稿: SwingingFujisan | 2015年7月 6日 (月) 18時57分

今日は当日で国立劇場(2:30開演)に行って来ました
上村以和於・利根川裕・藤田洋・鈴木治彦(敬称略)の面々がおいででした
二代目を襲名した吉田玉男さんも観ておいででしたよ
團蔵さんが怪我で4日から休演とのこと(残念!!)
菊市郎さんが代役で、菊市郎さんの代役なしの対応でした
(四天王が三人になっていましたよ・・・)

そのあと「父と暮らせば」の初日に行って着ました

明日は歌舞伎座(昼夜)です
仕事はどうしたのでしょうね・・・

投稿: うかれ坊主 | 2015年7月 6日 (月) 22時58分

今晩は。私は国立劇場5日の午前の部観てきました。国立、全日全席売り切れですが、当日券出るんですね。
團蔵の代役、実は知りませんでしたので、浮かれ坊主さんのコメントで納得。どう見ても團蔵の顔、声と一致していませんでしたので。菊之助の知盛、大熱演、いろいろな評価が出るとは思いますが、私は肯定的です。このような若武者的な知盛もあっていいと思います。そこが、歌舞伎の役柄というものの年月を経てきた幅広さでしょう。
 後ろに座っていらした、歌舞伎好きの女性観客数名の仲間内の会話(よく聞こえました)が印象的。「先月(国立?)とは全然違うわね」、Fujisanさんに受けそうなのは「義経が桃太郎みたい!(萬ちゃん、解説では、滑舌もよく頑張ってましたよ)」

投稿: レオン・パパ | 2015年7月 7日 (火) 19時04分

うかれ坊主様
こんばんは。
ほんと、お仕事はどうなさったのでしょう…smile
うかれ坊主様は本当によく有名な方を見かけられますね。6日は錚々たるメンバーでしたね~。
團蔵さんの休演、どなたかのツイートで知り、驚いていたところです。8月に八世追善の奉納公演をなさるので、怪我の回復が間に合うか心配です。
四天王が3人になったって…けっこうぎりぎりの人数でやっているんですね。

今日は私も歌舞伎座昼の部でした(もちろん3階で)。ご帰国中に感想がアップできるといいのですが…。
国立も「父と暮らせば」も、来週見ます。

投稿: SwingingFujisan | 2015年7月 7日 (火) 20時33分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
今月は国立の売れ行きがいいようですが、ネットで完売でも窓口では買えるのかもしれませんね。
「若武者的な知盛」――チラシやポスターの写真を見ると、確かにそんな印象を受けます。
萬ちゃんは童顔だから、桃太郎というのもわかる気がしますsmile 「歌舞伎のみかた」は2度目の担当ですよね。お褒めの言葉、嬉しいです。

投稿: SwingingFujisan | 2015年7月 7日 (火) 20時44分

歌舞伎座は七夕観劇になりました
国立でお見かけした面々がそのまま来ておいででした
(皆さんお元気ですよね)
お社の日が今月は遅いのですかね??
上村以和於・利根川裕・藤田洋・鈴木治彦のほかにも、渡辺保、小田島雄志、犬丸治、矢野誠一、大笹吉雄(敬称略)もいらして壮観でした
海老蔵の熊谷は吉右衛門の指導ということで初役ながら及第点でした
どんどん先輩に教えを乞うことを節に願います
牡丹燈篭は新演出でした(ネタばれになるので細かくは割愛します)
因果話の要素が強くなっておりました
伴蔵の中車好演です(但し、多左衛門の方は固くまだまだでした)
疑問は与話情浮名横櫛の配役・・・玉さんの希望かと思いますが、市蔵という蝙蝠安の鉄板があるのに獅童に役をふったこと
まぁこれはまだ良いとしても(ご馳走で菊五郎や勘三郎も演じる役ですので)藤八の猿弥は反対です(猿弥ファンであるからこそ反対なのです)この役はベテランの脇の役ですよ
今回の座組なら新蔵が適任かと思いました(「めがね」をできる役者が居ないというのは困りますね・・・育てていかねば)
あとは昼夜通しで九團次が良かったです
いろいろありましたが復帰してくれて本当に良かったですよね
猿之助の六変化にも拍手の山でしたよ

国立の菊之助は一言で言えば「立派」でした
スケールが小さいとかおっしゃる方もいると思いますが、口跡よし、そして凄みもあって見応えがありました
期せずして七月は将来の「團菊」が初役で時代物の名作を播磨屋の指導で挑戦している月となりましたね

長々と失礼しました

投稿: うかれ坊主 | 2015年7月 8日 (水) 00時18分

うかれ坊主様
こんばんは。昼夜の七夕観劇、お疲れ様でした。七夕そのものは雨で残念でした。
与話情の配役は、花形を育てようとしたのかもしれませんね。猿弥さんは私は面白く見ましたが、確かに言われてみれば…。
九團次さんはうまい、と私も思いました。
結局、私が一番いいと思ったのは、「蜘蛛絲梓弦」でした。
国立、楽しみです!!

投稿: SwingingFujisan | 2015年7月 8日 (水) 20時23分

今晩は
金曜日に「アテルイ」みてきました。(ご覧になりました?)珍しく、1階でみたので。両花道の迫力に圧倒されました。とにかく出演者が花道を全速力ではしりまわるのです。みていたこちらが疲れました。芝居そのものは、一幕が宝塚調であれあれと思いましたが、二幕は筋のどんでん返しの連続でなかなかおもしろかったです。あと、ねぶたの音楽が斬新でした。
今回、主役三人より、弥十郎、萬次郎、特に亀蔵の怪演が光りました。あと最後までだれかわからず、チラシで、アット思った橘太郎がとにかく、達者でした(この優、体型が一昔前の歌舞伎役者そのものですね)。

投稿: レオン・パパ | 2015年7月12日 (日) 18時43分

レオン・パパ様
今晩は。コメントありがとうございます。
阿弖流為、ご覧になったのですね。私ももちろん参りますよ~。来週と千穐楽の2回。千穐楽にケチって舞台が半分くらいしか見えないかもしれない席しか取れなかったので、別途反対側の舞台が見える席を取り直しました。2回の合わせ技で全体が見える(といいのですが)ということですcoldsweats02
そんなに全力で走り回って、1日2回公演の日は大変ですね。好きなお話なので、楽しみです。
今日は国立劇場を見てきました。感動しました。なかなか感想が書けないですみません。

投稿: SwingingFujisan | 2015年7月12日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熱海五郎一座千穐楽 | トップページ | パソコンなしの24時間 »