« 8月歌舞伎座第3部 | トップページ | 第21会合同公演 »

2015年8月15日 (土)

ラブ歌舞伎座53:歌舞伎好きなら必触、「歌舞伎にタッチ」展

歌舞伎座ギャラリーで実施中の「歌舞伎にタッチ」展に行ってきた。前から行きたい行きたいと思っていたのに、なかなか機会がなくて…。久々の「ラブ歌舞伎座」です。
1_2
この馬には乗れる。実盛気分でどうぞ。
3_2
こちらは、後ろの写真でもわかるように、「陣門・組打」の遠見の場面で使われる「ほにほろ」。腰に張り子の馬をつけた飴売りが「ほにほろほにほろ」と叫びながら行商していたのが語源だと、説明に書いてある。
2_2
五段目の猪って、言わずもがな。意外と小さく見えた。中に入って走り回る役者さん、大変だな。
4
こちらも「奥庭」の白狐ってすぐわかるよね。
5_2
もちろん「道明寺」。
ほかにも新三のかつおとか、「先代萩」鶴千代の雀とか、「金閣寺」のネズミなんかがいた。
差し金の蝶、藤娘の藤、五人男の傘は自分でも持ってみることができる。蝶や藤は動きを伴って長時間持つと重みを感じてきそう。傘はけっこう重い。こちらは持った腕をきれいに伸ばしたままじっと動かないことで重みを感じるだろう。私はいつも、ブレない腕に感心しているのである。
揚幕のチャリンは、4年前、百段階段での「我が心の歌舞伎座展」でもうまく音が出せなかったが、今回もやっぱり…。なかなか難しいのだ、あの音を出すのは。
花道や舞台にはこの時あるいは亀治郎大博覧会で上がったことがあるが、黒御簾の中は初めてだ。太鼓やオルゴールを叩いてご満悦。舞台は「寺子屋」の再現で、「いろはにほへと」の手習帳に、涎くりの「へのへのもへじ」を間近で見られる。菅秀才の手習帳だけ特別なんだってこともよくわかる。なんと竹本の山台に上がって三味線を弾いている気分も味わえるよ。

7
「やっしっしー」と言いながら櫓を回してみた。って言っても漕ぎ方がわかんない。
6_4
乗ってみると、意外に窮屈さはない。でも7年前、江戸博で女性用の「乗り物」体験をしたが(乗り物を模したスペース)、豪華な乗り物でも思ったが、長時間はつらい。揺られて骨がばらばらになりそう…。
いろんな歌舞伎にタッチするだけでなく、映像も楽しい。
歌舞伎好きなら必見ですぞ。1時間もあればゆったり体験できます。

|

« 8月歌舞伎座第3部 | トップページ | 第21会合同公演 »

ラブ歌舞伎座」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月歌舞伎座第3部 | トップページ | 第21会合同公演 »