« 浅草歌舞伎演目発表 | トップページ | 浅草の次は演舞場、2016初春演目発表 »

2015年10月22日 (木)

まさにスーパー歌舞伎II:「ワンピース」

1020日 スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」
151022onepiece 今日も体調不良をひきずっている。朝はめまいがして起きられなかったし、気分が悪いから食欲もない。11月も見るから今日はやめておこうか…。でも、来月だって何があるかわからない。見られる時に見ておかなくちゃ。
関係ないけど歌舞伎座前の辨松、行列ができていてびっくり(これは、歌舞伎座観劇の人だと思う)。
演舞場もワンピースのグッズ売り場なんかできていて熱気むんむん、いつもとは違う雰囲気。
見てよかった‼ 3階下手側の座席は、花道は七三がまあまあ程度なものの舞台は全部見えるし、正解。とにかく面白くて、途中から襲われだした頭痛もなんの、3幕目に1度だけガクっときた以外は全部ノリノリで見てしまった。
全体として、時代不明、国籍不明(だから衣裳も色々で面白い)、カタカナ語あり(登場人物の名前からしてそうだ)で、歌舞伎じゃないようだが、歌舞伎の要素は押さえているし(大事な品性を失っていないし)、色々な歌舞伎演目のパロディも鏤められているし、まさにスーパー歌舞伎、それも「Ⅱ」というのは言い得て妙である。もっとも、今日は「1幕で帰ってきちゃったわ」という声も聞いた。まあ好き嫌いはしょうがないよね。ただ、友情とかファミリーが前面に出過ぎるきらいがあって、そこはやや鼻白む。そんなにアピールしなくても伝わるのに。
舞台はセリがあきっぱなしのことが多く、染五郎さんのことを思い出してちょっとはらはらしながら見ていた。

一般演劇ではよくあることだが、開演前の舞台に幕がかかっていないのは歌舞伎では初めてじゃないかしら。舞台中央に両手両足を広げたルフィの等身大(?)のフィギュアが置かれている。それがセリ下がると、バックの布にシルエットでルフィや仲間たちが映る。そして七之助さんのナレーションが入る(七之助さんってわかったのは、ラストで定式幕の上に流れたエンディングロールで。これも画期的)。プロジェクションマッピングや音楽の感じがちょっと新感線を思い出させた。
1
オークション会場。仕切るのは猿三郎さん。みんな拵えがきついので顔だけでわかる人は限られる。あとは声で判断するのだが、それでもわからない人の方が多くて(歌舞伎役者じゃない役者さんもいるし)、配役表でも配ってくれればいいのにと思った(筋書きは11月に舞台写真が入るらしいから、今回はガマン。1,800円もするし~。この値段も新感線並だわ)。なので、登場人物の名前とか、勘違い、記憶違いとかも多々ありと思います。
舞台に戻る。オークションといっても物品だけではなく、人身売買も含まれる。これから売られるのは人魚のケイミー。水槽の中で震えている感じがいじらしい。演じるは猿珠さんだそう。かなりの美形。ケイミーは海賊・麦わらの仲間だということで、海賊たちが救助にくる。しかしここで騒ぎを起こしてはまずいという判断をする者があり、ナミ(春猿)が金を出して買おうとするところへ、それ以上の金額で落す者が現れた。世界貴族チャルロス(欣弥)だ。欣弥さんの重厚感と金持ちの厭らしさが欣弥ファンとしては役にぴったりでうれしかった。ルフィも現れ、世界貴族一派と一揉めした後、麦わらたちは高いところへ上がり、名乗りを始める。ここは白浪五人男のパロ? 春猿さんが弁天よろしく片肌脱ぐと、胸のふくらみまで見えて客席がちょっとどよめいた。笑也さんの拵えがとても似合ってきれいだった。
巨大な熊にふっとばされてアマゾン・リリーに落ちたルフィ―。ここは女王にハンコックを戴く女護島で、ハンコックは猿之助さんの2役。最初、男だからとルフィを許さなかったハンコックが次第にルフィを好きになってしまうのが面白かった。なにしろ猿之助が猿之助を好きになるんだから。もちろんここはお得意の早替り。ニョン婆の笑三郎さんがなんとなく「ヤマトタケル」の倭姫を思い出させる雰囲気だった。
テレビで紹介されていたルフィの腕が伸びる場面は1回しかなかった。でも「おお、これこれ」とじかに見たので満足。

2
ルフィ―が兄と慕うエースを救出すべく向かった先は大監獄インペルダウン。脱出不能の地下牢はじめじめと暗い嫌な空気。しかし壁ひとつ隔てた向こうになんと、ピンクに輝くニューカマーランドが‼ 楽しい。宝塚かムーランルージュか、羽根をつけたおかまちゃんたちが生き生きと楽しく暮らしている。その中でボン・クレーというおかまがルフィ―をすっかり好きになっちゃって…。このボン・クレーが巳之助クンだってはじめのうちは全然気がつかなかった。しゃがれ声なんだもの。消去法でやっと「みっくんか?」と思い始めた頃、「やまとやっ」の掛け声で確信した。めちゃめちゃ面白いキャラで、客席の注目を1人で集めていた感じがする。
イナズマの隼人クンが思いっきりかっこよかった。もう1役のサンジもよかったけれど、隼人クンのビジュアルが活きたし(隼人クン、写真集出すんだね~)、動きがとにかくかっこよくて「よろずやっ」と何度も叫びそうになった。
男女蔵さんの副署長マゼランのインパクトもよかった。毒ガスを吐くなんてイメージ的に男女蔵さんに合っている(全然関係ないけど、たまたま仲代達也の古いドラマを見たら、仲代さんがもう左團次さんにしか見えなくて。鼻は男女蔵さんのほうが似ている)。あの番組見て以来、オメッティ、がんばれと応援している。
福士誠治さんが猿之助さんとの共演でこんなかっこいい役やったのは初めて? 福士さんってこんなにステキだったんだ‼ (「VS嵐」でステキだっていうのはわかってたけど、役のエースと相俟って本当にステキだった)
イナズマとボン・クレーが本水を使った立ち回りで大暴れ。2人とも若いからジャンプとか、すごい。この本水もほとんど天井からの階段を滝のよう落ちてくるから迫力たっぷり。
そしてそのあとは、お待ちかね宙乗り。サーフボードに載ったルフィが大きなクジラに導かれるようにして宙を飛ぶ。猿之助さんはボードの上に立っているだけじゃなく、時々膝を曲げてボードを斜めにしたり(これ、怖そう)。宙乗りは斜めだから距離が長く盛り上がる。しかもここで主題歌「TETOTE」が流れ客席は手拍子でさらに盛り上げる。猿之助さんも「TETOTE」を歌っていた。斜め宙乗りは国立で2回見たことがあるが、演舞場では初めて。
151022onepiece23
海軍と海賊の戦い。海軍のマントの背中に大きく「正義」と書かれていて、うさんくさい。
ルフィは、何もかも凍らせる青雉によって冷凍されてしまう。この凍らせ男が舞台をフライイングで駆け巡り雪を激しく降らせてあたりを冷たく凍らせてしまう場面は美しかった。「ヤマトタケル」伊吹山…。ルフィを救うべく、火を操るエースが氷を解かそうとする。海軍の赤犬も火を操り、2人の火炎合戦が始まる。赤い大旗を振って戦う2人。こちらも「ヤマトタケル」…。火の精(?)の4人の動きが素晴らしい。ジャンプが高い、燃え盛る炎だ。
赤犬の嘉島典俊さんは「風林火山」でカメちゃん信玄の弟役をやって以来の共演かしら? うまいと思った。
門之助さんの衣裳がユニーク。ワイシャツ、ネクタイ、白いベストの上に打掛よ。竹三郎さんのベラドンナ、拵えがとても似合っていた。寿猿さんもアバロ・ピサロで登場。80歳を超えたお2人が「ワンピース」なんて素敵じゃない。
海賊たちが父親と慕う白ひげは右近さん。「空ヲ刻ム者」でも感じたが、猿之助さんが右近さんを澤瀉屋の支柱として敬意を抱いているようで、胸が熱くなった(右近さん、VS嵐でマイクにしがみついちゃダメ)。右近さんの血染めの鎧と槍は「碇知盛」か。
ラストの海賊船サウザンド・サニー号は「毛剃」か「天竺徳兵衛」か。猿之助さんは、ハンコックは猿之助キャラとちょっと違うような気がしたがルフィはそのものだった。
カーテンコールは、舞台奥にサウザンド・サニー号が横向きに置かれ、ハンコックが1人で登場。ハンコックが姿を消し、全員が何組かに分かれ出てきた後、猿之助さんが今度はルフィになって現れた。カーテンコールは珍しくこの1回だけ。1時間後には夜の部開演だから、そこは客もわかっているのだと安心した。しかし、昼夜2公演は役者さんにとってはきついだろうなあ。でも、上演時間、当初よりかなり短縮されたんだね。
<上演時間>第一幕60分(11001200)、幕間30分、第二幕65分(12301335)、幕間25分、第385分(14001525

|
|

« 浅草歌舞伎演目発表 | トップページ | 浅草の次は演舞場、2016初春演目発表 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅草歌舞伎演目発表 | トップページ | 浅草の次は演舞場、2016初春演目発表 »