« 観劇ラリーコンプリート | トップページ | 三代目勘太郎、二代目長三郎 »

2016年3月 7日 (月)

痛い話

夕方、雨戸を閉めていたら妙に勢いがついちゃって、指を抜き損ねた。左手中指。
しばらくの間固まってしまう痛さ。
時間が経つにつれ、じんじんがひどくなってきた。
15年?20年?前。知り合いのマンションの重いドアで指を挟んだことがあった。あの時も左手中指だった気がする。爪が生え変わるのに何か月もかかった。それに比べれば今日なんて軽いもんだけど、痛みが他の指にも広がってきた。皿洗いはなんとか痛みをだましだましできたけど、シャンプーとかドライヤーがうまくいかない…。
もっと昔、学生時代、友人が車のドアに指挟んだこと思い出した。想像するだに恐ろしい。
歌舞伎の感想書こうとしたのに、挫けた…。キーボード操作も思うようにいかないんだもの。
追記:痛くて1時間くらい眠れなかった…。

|
|

« 観劇ラリーコンプリート | トップページ | 三代目勘太郎、二代目長三郎 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観劇ラリーコンプリート | トップページ | 三代目勘太郎、二代目長三郎 »