« ニナガワ死す | トップページ | 10月名古屋錦秋公演、演目 »

2016年5月13日 (金)

若冲狂騒曲

11日、再び若冲を見に行った。午前の時点で220分待ち。
3時間待つとして最終入室5時かた逆算して2時前に都美へ。通常の入口近くに行ったらそこはもう行列。当然ではあるが、どういう具合に行列ができているのかわからなかったから、とりあえず入口を目指したのだ。列は都美の建物に沿って旧東京音楽学校奏楽堂の先で折り返し。160分待ちと出ていた。
行列整理の人がこまめな水分補給を呼びかける。しかし水分摂ったらトイレに行きたくなるじゃないね~。行列中にトイレなんて、1人で来てたら無理。
「この混雑は今日だけではありません。いつもです」って、メガホン。
待ちました。2時間弱。やっと都美の建物にたどり着いたが、そこでまた30分待ち。私はこの30分がつらかった。この日は曇りで風も強かったから、時間は長くても外のほうが楽だったような気がする。いつも痛む足指がまたしびれてきて立っていられないほどにはなったけれど、それでも最後の30分が精神的にきつかった。最終的に140分強くらいだっただろうか。
中に入っても四重五重の列の外から人の頭の隙間を通して絵が見える程度。なんとかすいている場所を見つけてもぐりこんでも、最前列には辿りつかない。美術館の人も、すいているところからご覧くださいって声を嗄らしているけれど、すいているところなんてそうそうないもの。結局、動植彩絵は好きなものだけ重点的に見て他は流すにとどまった(それでも素晴らしさはわかる)。もう既に疲労困憊状態で入室したからね…。
都美の人にきいたら、5時までに並んだ人は全員入室できるけれど、6時には出てもらうって言ってた。

今日は知人が夕方5時前に行ったが、180分待ちだということで諦めたそうだ。金曜日は8時までやっているから夕方がすいているんじゃないかという見通しは大甘だったね。私はみんなそれを狙うから逆に混むんじゃないのって思ってた。今日は公園入口(西美のあたり)でも180分待ちの看板を持って立っている人がいて、「入るには入れても、すぐ出てもらうことになるかもしれない」と説明していたそうだ。
だったら、最低30分でも見られる程度の時間で行列を打ち切ればいいんじゃないの。本当は1時間ないと見切れないんだけど、せめて30分は見せてよ。あるいは整理券を配るとか。払い戻しはないのか、と噛みついている人もいたらしい。そりゃ、今日しか見られない人は噛みつきたくもなるわよね。
とにかくこの狂騒ぶり、ひとつにはNHKや「美の巨人」
の影響だろうな…(連休前は20分待ちで入れたっていう知り合いもいたもの)。正直、みんなそこまでして見たいのかと疑ったが、中の熱気は「そこまでして見たい」ということを物語っていた。確かにそこまでして見る価値もあるものなあ。
それにしても、みんな体力あるし、えらいなあ。体中が痛く、自分で自分の顔がげっそりしているとわかる私は、
本当に情けなくなった。もっと体力つけないといかんなぁ。

|
|

« ニナガワ死す | トップページ | 10月名古屋錦秋公演、演目 »

展覧会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いやいや、この待ち時間がわかった上で、それでもご覧になるエネルギーには感服します。私はあちこちひょいひょい行ってるようですが、こういう執念が絶対的に欠けてます。
こちらの展覧会ではプレミアム鑑賞券ってのはなかったんですよね。もしあったら、くっついてくるのがどんなにつまらない物でも、買っちゃったかも。(ま、未だに「フェルメールとレンブラント」展の6000円に呆れてる、ということでもあるけれど)
あまりにへそ曲がりすぎて、テレビ番組も無視しちゃった、きびだんごでした。*芸術新潮は読みました。

投稿: きびだんご | 2016年5月15日 (日) 11時22分

きびだんご様
おはようございます。コメントありがとうございます。1日経っちゃってごめんなさい。
ほんと、おっしゃるようによく並んだものです。家族にも呆れられました。私が生きている間に釈迦三尊像も動植綵絵も見ることのできる機会はこれが最後だという思いと、チケットを無駄にしたくなかったということもありまして…。でも今回は特別なんですよ(あ、1994年のバーンズコレクションは並びました。珍しく超早朝から)。行列のできるレストランなんかにはほぼ絶対に並びません。
フェルメールのプレミアムのこと、お気持ちわかりますcoldsweats01 若冲の場合プレミアムがあってもそれなりに行列はできるんじゃないかなあと思いますが、そうでもないかな。
しかし生誕300年ということもあり若冲ブームの勢い、すごいですね。3000円という図録もよく売れているようだったし、若冲原寸美術館も出版されて。私なんか若冲というとすぐ踊っちゃうほうですので、きびだんご様のような方がいらっしゃると、逆にほっとしますわ。

投稿: SwingingFujisan | 2016年5月16日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニナガワ死す | トップページ | 10月名古屋錦秋公演、演目 »