« 7月分⑩:メッケネムの版画 | トップページ | ショック~!! »

2016年8月22日 (月)

8月分①:納涼歌舞伎第二部

89日 八月納涼歌舞伎第二部(歌舞伎座)
久しぶりに初日観劇。実は後日のチケットを取ったのだが、あることとダブルブッキングになってしまい、もし1回見てそれでいいやということであれば、別の用事を優先し、ぜひもう1回見たいとなれば歌舞伎を優先しようという、試験的な観劇である。で、やっぱりもう1回見るって決めた‼
「東海道中膝栗毛」
おとなは思いっきりハジけてバカをやり、真面目な場面は子供たちに任せたよ、って感じだった。
暗闇から浮かび上がった金太郎、團子の胡蝶コンビが復活して嬉しく、内心大いに盛り上がった(歌舞伎夜話、登場ですよ‼ 最年少出演だねっ)。一本調子的なセリフの金太郎クン、抑揚をつけた團子クン、それぞれの個性が、若君と忠実な家臣という役によく合っていた。これ、逆じゃダメと思った。團子クンの成長(役者としての)にびっくり。最近ちっとも出演がないから心配していたが、頑張っていたんだな。遠くてはっきりとはわからなかったが、じっとしている時の体もずいぶん動かなくなってきたんじゃないかしら
「吉野山」の劇中劇、「公平法問諍」のパロディになるのかと思っていたら、そうじゃなかった。すぐに黒衣のドタバタが始まり、何だろうと首をかしげていた私はニブいね、いくら3階最後列でも。ハチャメチャなドタバタに最初から笑わされた。
色々あって、「お伊勢参りなのにラスヴェガス?!」通り、弥次喜多ラスヴェガスに来ちゃった。
ラスヴェガスの劇場支配人、初めのうちザキヤマかと思った。でもザキヤマにしちゃ顎が割れていないし、スタイルもいいし……しばらく考えて、やっと獅童さんだと気がついた(獅童さんが出るってこと、全然頭になかったから。でも、声とか喋り方とか似ていたんだよね~)。確かにこの役は獅童さんを措いて他にいないだろう。獅童さんも他の役者さんも生き生き楽しそうで(私のツボはアラブの石油王、門之助さん。ぴったりなんだもの)、行ったことはないけれどラスヴェガスのショーの雰囲気をたっぷり感じさせてもらった。染五郎×猿之助の連獅子とか、もう色々楽しくて、すっごく盛り上がった。
ほかにも本水使ったり、染五郎・猿之助のタンデム宙乗りがあったり(染五郎さんの回転、宙乗りC難度かな)、客席を興奮させる要素がたくさん。
読売屋文春の弘太郎さんがノリノリで狂言回し(「文春=ふみはる」っていう名前がいいね)。知事ネタはちょっと古いかなと思ったけど、けっこう笑いは起きていた(6月の熱海五郎一座で、「時事ネタは古くなると笑いが弱くなる」とラサールさんが言っていたのを思い出したので)。
壱太郎クンと高麗蔵さんの幽霊屋敷もウケた。
右近さんの盗賊白井髭左衛門は、「ワンピース」のまんま白ひげだった。新悟クンがその一味だったのが嬉しい(ちょいワルなのがね)。
竹三郎さん(帰りにお見かけした)、寿猿さんの大ベテランがお元気なのも嬉しい。嬉しいことばっかりね。
次回の観劇が楽しみで楽しみで。

「艶紅曙接拙」
弥次喜多でエネルギー使ってしまって…。舞台の様子は映像としてけっこう頭に残っているのに、自分がどう感じたかがはっきりしない。3兄弟ではやっぱりさすがに国生クンがうまい(当然か)。児太郎クン、一時は毎月のように見ていたのに、久しぶり(だと思う)。次回、ちゃんと思い出せるようにしたい。あんまり自信はないけれど。
<上演時間>「東海道中膝栗毛」105分(14451630)、幕間15分、「艶紅曙接拙」28分(16451713

開演前、3階ロビーの椅子で山川静夫さんと隣り合わせた。山川さんはよくお見かけするのだけど、隣り合わせるなんて初めてだからちょっと緊張した。別にお話したわけでもないのにね。

|

« 7月分⑩:メッケネムの版画 | トップページ | ショック~!! »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

Fujisan様
おはようございます。台風が来週きそうなので心配ですね。
歌舞伎座の第二部のレポ拝読しました。私は中旬にいってきました。今月の歌舞伎座の演目の中では、やはり「弥次喜多」が一番面白かったですね、客席も沸いていました。夏芝居にはぴったりです。
ところで、私なりに感動一番だったのは、最後、パーンという音響とともにテープが客席に放射されたことです。紅白歌合戦の毎度、最後の演出ですが、まさか歌舞伎座でみられるとは思いませんでした。あれ、どういいう仕組みになっているのでしょうか。fujisanさんごぞんじですか。
それから、歌舞伎夜話のチケット残念でしたね。結構人気があるのですね。

投稿: レオン・パパ | 2016年8月28日 (日) 10時20分

レオン・パパ様
こんばんは。
コメントありがとうございます。公開が遅くなってすみません。
「弥次喜多」、楽しかったですね!! 千穐楽も見てきました。最高に盛り上がりました。ツボもいっぱい。「獅子王」を見てからの千穐楽だったので、初日にはわからなかった新たな発見も。今月の歌舞伎は「弥次喜多」の面白さが強すぎて、他の演目への感動がちょっと薄くなってしまいました。

テープは、射出機から発射されたのではないでしょうか。3階西側の席にいたら見えたかもしれませんね。ああいう演出も染五郎・猿之助コンビならではだなあと思いました。

歌舞伎夜話はいつもあっと言う間に完売になります。今月は資金の都合上、歌舞伎夜話は控えていたのですが、金太郎・團子は何が何でも、とスタンバイしていたのに…今回はとくに早かったweep 2人の歌舞伎夜話、今日でしたね。

明日の朝の通勤は台風の影響がありそうですので、くれぐれもお気をつけくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2016年8月29日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月分⑩:メッケネムの版画 | トップページ | ショック~!! »