« 写真表現の多様性「トーマス・ルフ展」~見応えたっぷり「MOMAT」 | トップページ | どうしても覚えられない »

2016年10月13日 (木)

まいった、病欠

風邪が治らない。
大人の風邪は10日以上かかるそうだから、初期症状が出たと思われる日からやっと10日過ぎた昨日あたりにはもう少し回復しているかと期待したが、未だ咳がひどく、長時間起きていろいろやると身体が休憩を要求する(要するに、ごろっと横になりたくなる)。明らかに風邪と認識してからはまだ10日経っていないから仕方ないか…。
幸い、観劇予定を入れていない期間だったのでよかったけれど、今週末に予定していた国立劇場は無理かも。ということで、別の日を取りなおした。

食欲も出てきたので、そのうち治るでしょう。
それにしても3日間、これでもかというくらいよく寝た。そのせいか昨夜は全然眠れず、古い医学系の録画を朝まで見まくった。世界初のエイズ治療薬発見者満屋裕明先生、小児外科医の山高篤行先生、脳神経外科の佐々木富雄先生、そして山中伸弥先生。全部面白かった。全部感動した!!

ノーベル文学賞がボブ・ディランとは驚いた。今年は選考委員が若返ったから、これまでと選考基準が変わる可能性はあるとは聞いていたけれど、それにしても意外だった。ボブももう71歳なんだね…。

|
|

« 写真表現の多様性「トーマス・ルフ展」~見応えたっぷり「MOMAT」 | トップページ | どうしても覚えられない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真表現の多様性「トーマス・ルフ展」~見応えたっぷり「MOMAT」 | トップページ | どうしても覚えられない »