« 時蝶さん | トップページ | 桃八・清之助、最高のコンビネーション:「たいこどんどん」 »

2016年10月21日 (金)

もう来年か…

来年の新春浅草歌舞伎の演目と配役が発表になった→ココ
まだ12月の日程も決められないでいるのに。
松也、壱太郎、巳之助、隼人、梅丸の若手揃いが楽しみは楽しみだけど(新悟クンは出ないのか…)。

2日前には歌舞伎座の1月情報も公開されていたのだけど、私の中では浅草のほうが「新年!!」感が強いから。

|
|

« 時蝶さん | トップページ | 桃八・清之助、最高のコンビネーション:「たいこどんどん」 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございます
演舞場も決まりましたね
右團次襲名に昼の部が「雙生隅田川」とはなかなか良い演目選定だと思います!!
新右近君の梅若丸・松若丸も愉しみです
歌舞伎座・浅草・国立に演舞場といつものことながら正月はお財布にはつらいつらい1か月になりますね

投稿: うかれ坊主 | 2016年10月22日 (土) 13時56分

うかれ坊主様
こんにちは。
演舞場情報、ありがとうございます。気がつきませんでした。
わお‼ 演舞場‼
「右近」の名前、そうか、右團次が右近さんと思いながら、右近も右近さんと思ってしまいました。
1月のスケジュール、今から立てておかなくちゃ。ほんと、財布も時間も厳しい~っ。演舞場はチケットも厳しそう…。

投稿: SwingingFujisan | 2016年10月22日 (土) 18時27分

SwingingFujisan様
お早うございます。体調いかがですか。あまり無理しないでください。
来年の正月の演目出そろいましたね。私的には、歌舞伎座、演舞場は昼夜ともにはずせません。歌舞伎座、やや演目が地味ですが、舞踊の演目楽しみです。愛之助が正月歌舞伎座で舞踊とはいえ、昼の部、中幕で出しものをするとは大したものです、鷹之資の「越後獅子」富十郎の得意な出し物でした。「うかれ坊主」ほどではありませんが、何度か見てます。
演舞場、おそらく襲名狂言、「勧進帳」か「四の切」かと思いましたが、はずれでした。とはいえ「ふたご隅田川」面白い狂言ですよ。以前、先代猿之助と、菊五郎の顔合わせで見ました。菊五郎が女形として役者っぷりが最良のときで、いいな、いいなあと思った記憶があります。(猿之助との宙乗りでにっこり笑った顔のよさといったら・・)
国立はややマンネリズム的な菊五郎劇団の正月興行ですが、やはり行くとして(Fujisanさんはやはりリピートですか)、浅草二部どうしようかなといったところです。一二部続けてみるのはしんどいし、二部の狂言建て、私的には今一つなのです。

投稿: レオン・パパ | 2016年10月23日 (日) 09時32分

レオン・パパ様
こんにちは。ご心配をいただき、ありがとうございます。無理しないように気をつけます。
歌舞伎座の演目と配役、なかなかですよね。愛之助さん、鷹之資クンには驚きも籠めて楽しみですが、「沼津」の吉之丞さんが個人的には眼目です。それに演舞場!! 私は演舞場メインに考えようかなと思っています。ご覧になった「雙生隅田川」は今の猿之助さんが梅若・松若をやった舞台ですね。出演者が豪華ですね~!! 羨ましいです、直接ご覧になったなんて。千穐楽を狙いたいところですが、チケットは難しいでしょうねえ。失敗しないようによく考えて取らなくては。国立は日程的にリピートはしないかもしれません。浅草の通しは確かにきついですよね。二部はう~ん、私は「角力場」の梅丸クン、「鈴ヶ森」の錦之助父子、そして「棒しばり」はやっぱり見たいので、両方見ると思います。集客力は他の3座に比べて厳しいかもしれませんね。

投稿: SwingingFujisan | 2016年10月23日 (日) 14時36分

SwingingFujisan様 こんばんは。
先週は 歌舞伎座 昼の部 ようやく見ました。
Fujisanさんはとっくにご覧でしょうか。
芝翫型の「熊谷陣屋」、初見です。新芝翫、気合十分で大変結構でした。いわゆる義太夫もののベリベリした感覚が古風で、実録風の団十郎型に比べると、逆に物語等非常にわかりやすいのが面白かったです。ただ、幕切れの幕外、団十郎型の傑出した演出ですね。新芝翫は、以前(平成中村座)芝翫型でも幕外つけたらしいですがそれも見たいものです。周りの配役、それぞれ結構ですが、吉右衛門の義経、出てきただけで圧倒しますね。この役、梅玉、菊五郎、仁左衛門みなそれぞれ良いのですが、吉右衛門、座頭の貫禄、義太夫の肚、といった点で独特です。
「玉三郎」の藤娘、数年前の日生以来ですが、「玉三郎ワールド」全開、ますます進化しています。セリフのある芝居は声が低くなっているのが気になりますが、舞踊での若々しさと言ったら・・。ところで、最後、花道を引っ込むやり方は前もそうでしたか。
ともかく、この優がいなくなったら、このような真似手のない「藤娘」はもう見られないのでしょうか。実際、封印してしまった「娘道成寺」「鷺娘」がそうでした。

投稿: レオン・パパ | 2016年10月24日 (月) 18時46分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
歌舞伎座は夜の部でしょうか。私はまさに今日見てきたところです。
感想はなるべく早くあげるようにしますが、レオン・パパさまに同感です。
やっぱり歌舞伎はいいですねえ。見ていて一番しっくりくる。ホームという感じです。

投稿: SwingingFujisan | 2016年10月24日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時蝶さん | トップページ | 桃八・清之助、最高のコンビネーション:「たいこどんどん」 »