« 十二月歌舞伎座第三部 | トップページ | 1月演舞場昼の部 »

2016年12月31日 (土)

1年間ありがとうございました

毎年、今日が明日になるだけなのに、と思うのに、今日の今日と明日の明日は特別なんだよね。
1年間、おつきあいくださってありがとうございました。私の今年の漢字は「痛」で、挫けたこともしばしばありましたが、1人じゃないと思い、励みになりました。
明日からの1年はどんな年になるんでしょう。毎年の願いですが、「いい年」になりますように。
明日からもどうぞよろしくお願いいたします。


|
|

« 十二月歌舞伎座第三部 | トップページ | 1月演舞場昼の部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisanさま
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
昨日歌舞伎座観てきました。初日、特にお正月は格別の華やかさ、愛之助夫人をナマで初めて拝見、みなさん遠回りにとりまきスマホで撮影されていました。私にとってはテレビニュース(ドラマはほとんど見ないので)でみる、お顔とそっくりでした。
芝居のほうは、一番目が「将軍江戸を去る」は渋すぎますよね。染五郎主役でゆくならもっと別の青果ものがあるはずです。意外に勝海舟のおとっつあんの芝居あたりがいいかもしれません。この優、洒脱な明るさがあるので。
「大津絵道成寺」初見ですが、道成寺ものが大好きな私としてはとても楽しめました。愛之助、大奮闘。そういえば染五郎、愛之助 朝幕から、最後の狂言まで出ずっぱりというのもすごいですね。それだけ、今月歌舞伎の上演劇場が多いということですか。犬を踊った種之助がリズム感のよい動きで上手でした。
眼目の「沼津」この主役トリオでねりあげてきて息がぴったりで、当代のものです。ただ、私は「沼津」という義太夫狂言の最高傑作のひとつは、ひとかた思い入れがあるので、昔の感想を少し。
過去の最高、神品は、十七代の中村屋、二代目の鴈治郎、先代の芝翫の顔合わせ(S48年正月 歌舞伎座?) どれもこれも最高でした。十兵衛は、当代吉右衛門の緩急自在なセリフ術に感嘆するしかないのですが、成駒屋の前半の愛嬌、後半の実事の対比、上方役者のすばらしさ横溢でした。(但し、本行 文楽は東京系の辛抱立ち役風の十兵衛に近いのですが。) また愛嬌たっぷりながら、最後はこれでもかと泣かせる、先代の中村屋の平作、空前絶後でした。今回の歌六、十八代目の中村屋、今の鴈治郎、残念ながら遠く及びません。さらに、先代芝翫のさみし気で気丈な、お米、故 歌右衛門、梅幸の両巨頭と比較しても、まさる役でした。そうそう孝夫ちゃんが池添孫八やってましたか。芝翫とならぶと背が違いすぎるのが、おかしかったですね。

投稿: レオン・パパ | 2017年1月 3日 (火) 10時15分

レオン・パパ様
あけましておめでとうございます。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
正月公演の初日は華やかでいいですよね。私も何年か前までは国立の初日を楽しみにしていましたが、今は寝正月でして…。

過去の最高「沼津」のお話、ありがとうございます。それを見ていない私でも十七代目中村屋、二代目鴈治郎、先代芝翫の顔合わせに及ぶ役者がいないというのはわかるような気がします。そういう素晴らしい公演をご覧になられたのは財産ですね。今の役者さんも上演を重ね、年を経れば、見事な舞台を展開するのかもしれませんが、私はそれまで間に合わない…。

紀香さんは、演舞場での初お目見えの時は混乱を招かないようにという演舞場の意向で撮影は禁止でした。ご本人もできるだけオーラを消しているようでした。たしかにテレビの顔と同じですよね。

歌舞伎座はけっこう若手が出ているんですね。
正月公演の青果ものとしてはたしかに「将軍江戸を去る」より「天保遊侠録」のほうが向いていますよね~。

投稿: SwingingFujisan | 2017年1月 4日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十二月歌舞伎座第三部 | トップページ | 1月演舞場昼の部 »