« 超・魅力、もっと知りたくなった日本刀:「超・日本刀入門」 | トップページ | 巡業、多分東コース »

2017年2月27日 (月)

二月歌舞伎座夜の部再見

226日 二月大歌舞伎千穐楽夜の部(歌舞伎座)
二度目の夜の部。さすがに千穐楽、幕見は「太十」でも立ち見が出るほどだったし、「梅ごよみ」でもいたかも。二度目なので簡単に。
「門出二人桃太郎」
前回は花道の見える席で舞台の上手側が見切れる席だったが、今回は正面で花道は七三ぎりぎり。おかげで、前回見えなかった桃の流れてくるところがよく見えた。遠くから近づいてくるということで、黒衣さんの扱う桃の大きさが3段階で大きくなるのが客席の笑いを呼んでいた。なんかほのぼのしてよかったな、あの桃の流れは。
犬、猿、雉の踊りは前回はややバラバラだったが、今回はちゃんと揃っていた。
口上は前回とほぼ同じだったと思うが、染五郎さんの「二人の今後は皆様が生き証人」に笑いが起きた。私は生き証人になれないから、若い皆様に託します。芝翫さんが「泉下の兄も喜んでいる」と言った瞬間、どっと涙が湧いてきた。
桃太郎出陣のとき、勘九郎さんが2人の後ろで一つ一つの動き、セリフを確認するように頷いていたのが印象的だった。2人の花道引っこみを彌十郎さんが両手を振って嬉しそうに見送っていた。
勘太郎クンはすっかり立派に役をこなしていた。長三郎クンはややマイペースな感じだが、おにいちゃんに従って頑張っていた。2人ともとにかく可愛い可愛い。
松緑さんが長三郎クンを近くでしっかりあたたかく見守っていた。
「尼ケ崎閑居」
前回だいぶ寝てしまったので今回は絶対寝ないぞと心していたのに、リベンジどころか、今回のほうがもっと寝てしまった(この時間帯、うちでも寝ていることが多い)。本当に申し訳ないし、情けない。わずかに目をあいていた範囲でだが、鴈治郎さんには前回ほど抵抗感は覚えなかった。
「梅ごよみ」
菊之助さんの、男を待って柱に寄りかかる姿、男にすり寄る動き、しゃがんで手水を使う仕草、すべてが美しい。その点で勘九郎さんが及ばないのはやむをえないが、一方で勘九郎さんには心意気、きっぷのよさがある。下駄で打ち据えられた悔しさには私も胸がかっかっした。「夏祭浪花鑑」のお辰を又見たくなった。
歌六さんがカッコいい。女どうしの厄介な揉め事を収める度量、深川で生きる男の意地と正義、柔らかさと硬派なところと。こういう役は歌六さんを措いてほかにいないかもと思った。
染五郎さんはモテ男の曖昧な心(やさしいんだろうなあ)を自然に見せていて、まさに丹次郎=染五郎みたいだった。
それにしても丹次郎に半次郎、聞き間違えるわ。
<上演時間>「桃太郎」38分(16301708)、幕間25分、「尼ヶ崎閑居」72分(17331845)、幕間30分、「梅ごよみ」序幕9分(19151924)、幕間5分、二幕目・三幕目78分(19292047
前回見たときより3分短縮されていた。「尼ヶ崎閑居」が1分、「梅ごよみ」の二・三幕目が2分。

|
|

« 超・魅力、もっと知りたくなった日本刀:「超・日本刀入門」 | トップページ | 巡業、多分東コース »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

わたしも楽日の昼の部を観ておりました。

それにしても「桃太郎」目当ての一幕見の行列がすごかったこと!

マラソンがあるので豆大福がお休みでした。ちょっと残念。

いつもより少し多い10枚の舞台写真を購入致しました。
(勢い余って、近くの古書店で歌右衛門と梅幸の昭和16年の「二人道成寺」のPOST CARDも3枚購入しちゃいました!当時の名で言えば芝翫と菊之助ですね)

昼の部では彦三郎の浜田左内が良かったですね!
あと勘九郎の踊り(猿若役)は陶酔させるものがあります。見惚れておりました。

「梅ごよみ」はおっしゃるように歌六の藤兵衛が良いですね。あと亀鶴の左文太も悪が効いていい役者ぶりでした。

<追伸>チケットを家に忘れ、窓口で「仮発行」してもらいました。時々「しでかす」のですよね。まさにうっかり坊主です。
「万が一、本券をお持ちのお客様がいらっしゃった場合は、そちらのお客様が優先になりますので、ご諒承下さい。」
と但し書きがあります。
家に忘れたとは言え、そこは私の席ですが・・・なんて言われないかちょっとヒヤヒヤしてました。そんなことはあるはずないんですけどね。

投稿: うかれ坊主 | 2017年2月28日 (火) 23時51分

おはようございます。SwingingFujisanさまも千穐楽にいらしてたんですね! 仕事の関係で、 日曜日じゃなければ見られなかったので、ほんとありがたかったです。
前に1階で見てましたが、桃が流れてくるところや、「梅ごよみ」の大川を行く舟など、3階からならでは!の美しさ楽しさでした。
3階ではお高いきびだんごを売っててビックリ(チラ見しただけ)。下の売店で五味太郎イラストのお馴染みきびだんごに安心しましたわ〜。
今月は帰省予定なので、母に「二人桃太郎」の話をするのが楽しみです。吉備津神社にも行きたいな。

投稿: きびだんご | 2017年3月 1日 (水) 08時25分

うかれ坊主様
こんにちは。コメントありがとうございます。
「桃太郎」の幕見は連日長蛇の列だったんでしょうね。
マラソンの日に観劇が重なったことがないので少し早めに出て見物しようと思いながらすっかり忘れてしまいました。豆大福は残念でしたね。
舞台写真10枚とは‼ 昭和16年の「二人道成寺」のポストカードがあることにもちょっと驚きです。

彦三郎さんは悪役もいいですが、私はああいう温情ある役のほうが好きです。きっと根がいい方なんだろうなと思えるのです。
猿若の踊りは、私はパスしてしまって残念でした。

チケット忘れは私も経験があり、まったく同じように感じました。そんなはずないのにちょっとびくびくするって、おかしなものですよね~。そんな時のために一応、携帯でもチケット購入のメールを受信しています。

投稿: SwingingFujisan | 2017年3月 1日 (水) 16時15分

きびだんご様
大変遅ればせながら、お帰りなさい(読み逃げ、ごめんなさい)。
千穐楽、3階にいらしたんですか‼ あの舞台(桃と大川)はほんと3階ならではの醍醐味ですよね。歌舞伎の舞台の作り方って素晴らしいと、感心すると同時になんだか誇らしく思います。
きびだんご、1階にお手頃なのがあったのですか。幕間に寄ったのに気がつきませんでした。残念至極。

お母様とのお話の予定、羨ましいです。楽しんでいらしてね。故郷があるって、やっぱりいいな。

投稿: SwingingFujisan | 2017年3月 1日 (水) 16時26分

SwingingFujisan様
おはようございます。三月になって本当に陽の光が強くなってきた気がします。
昨日、歌舞伎座の夜の部みてきました。それぞれの演目、充実していました。印象に残ったのはまず「引窓」の右之助、かなり手強くやっていますので、まわりもやりやすそうでした。脇が充実すると、芝居に厚みがでます。高麗屋、やはり、この役には立派すぎるのですが、そこは芸の力でねじ伏せていました。
「楼門」さわやかさ、この上ない松嶋屋、何と良いのでしょうか。まさに、数分間の至福の時です。
「助六」海老蔵がやると、この役の想定年齢と海老蔵の風姿がぴったりですね。まわりの諸役も充実して、まことに見ごたえのある助六でした。雀右衛門も先代を彷彿とさせて結構でした。この優、襲名前後から、芸格が一回り大きくなりました。それにしても、雀右衛門も歌六も国立との掛け持ちでご苦労様です。

投稿: レオン・パパ | 2017年3月 5日 (日) 10時35分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
もう歌舞伎座ご覧になったのですね。私は昼も夜もずっと右之助さんは1月「義賢最期」の葵御前でその後姿がとてもきれいだったのに感動しましたが、老け役もいいですよね。ほんと、歌舞伎は脇の役者さんが大事だといつも思います。
レオン・パパ様のご感想を伺い、早く見たくなってきました。せめて幕見でどれかを見られればいいのですが、最近怠惰な日々を送っていまして…。

掛け持ち、なんとかならないのでしょうかねえ。雀右衛門さんも歌六さんも両方で大きな役ですし、役者さんの健康がまた心配になります。

投稿: SwingingFujisan | 2017年3月 5日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超・魅力、もっと知りたくなった日本刀:「超・日本刀入門」 | トップページ | 巡業、多分東コース »