« 「四千両」幕見でリベンジ | トップページ | まさに千年の至宝「春日大社」展 »

2017年2月22日 (水)

父思いつつ鍋敷き

170221nabeshiki
父がよく作っていた古いハガキを使った鍋敷き。だいぶ汚れてきたので自分で作ってみようと思ったはいいが、作り方がまったくわからない。ネットで探し出し、折り始めてみたものの、子供の時から超不器用、図工がだいっきらいだった私には画像も説明も見たってわからないの。ああ、なんで父に訊いておかなかったんだろうと、どれだけ悔やんだことか(親子の会話にもなったしね)。
それでも何とか折り方を理解して21枚(ハガキの数は多ければ鍋敷きも大きくなる。父が遺したものが21枚だった)。ところが今度は組み合わせ方がわからない。もうギブアップして息子にやってもらった。何度教わってもダメなのよ。
とまあ、苦労しながら出来上がったのが上の写真の鍋敷き。
明日は父の祥月命日だからいい供養になったかしら(もう7年も経つ…)。

|
|

« 「四千両」幕見でリベンジ | トップページ | まさに千年の至宝「春日大社」展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「四千両」幕見でリベンジ | トップページ | まさに千年の至宝「春日大社」展 »